冒険野郎たちが憧れるホステル。北海道・札幌の「サッポロッジ」で一杯やるべし

ある者は、冬山のガイドをしてもらいたくて。

ある者は、弟子入りをしたくて。

北海道の札幌にある小さなホステル「SappoLodge(サッポロッジ)」には、名指しで電話が頻繁にかかってくる。「奈良亘さんは、いらっしゃいますか?」と。

サッポロッジは、冒険の扉なのだ。

札幌のホステルといえば
やっぱり「サッポロッジ」だ

©2018 inagaki masanori

ある札幌のホステルを取材したときに、こんな話が出た。「サッポロッジくらいコアなホステルにしたいと思っています。サッポロッジは僕らの憧れなんです」と。それほどまでに人を惹きつけるホステルであり、その求心力はオーナーの奈良亘さんにある。

「今まで、グリーンランドや、パタゴニア、アコンカグア、いろんなところに遠征に行きました。僕らがやってきたのは、バックカントリースキーやスノーボードで、誰も滑ったことがないところを滑りにいくっていう遊びです」

「仕事なんてしてるヒマないんだよ」

©2018 inagaki masanori

「この写真集『グリーンランド』は、僕ら『なまら癖-X』というチームで作ったものです。よくわかりやすいので見せたいのですが、これは写真家を連れていってなくて、自分たちで撮影しています。この写真で滑ってる彼らは何日もかけて頂上を目指すわけですが、写真を撮るほうも反対側で同じことをしているんです。僕らが滑るのは、ほとんど未踏のところ。写真家を連れていかなくても、写真は生きてしまうんですよね」

サッポロッジに行って奈良さんと話せる機会があったら、最高に楽しい時間が過ごせることは間違いない。サハリンにカヤックで遠征した話、マッキンリーを制した話——。奈良さんは、第53次南極越冬隊にも選抜されていて、1年4ヶ月を南極で過ごしている。厳冬のなか、研究者たちをサポートする役割だったそうだ。

サッポロッジは、ガイドオフィスも兼ねている。エントリーユーザー向けの登山ガイドも、超ハードな秘境ツアーのガイドも依頼できるが、申し込みはお早めに。特に冬山の依頼は、ここ数年予約でいっぱいだ。

ホンモノの食材が揃うバーで
「ほたてとジンギスカン」

©2018 inagaki masanori

サッポロッジは、ホステルであると同時にバーでもある。これが、宿に付属する小さなバーだと思うなかれ、北海道中から “ホンモノ” の食材が集まるのだ。

「少し前に始めたんだけど、うちの会社は有給休暇とは別に10日くらいアウトドア支援休暇を与えるようにしているんです。うちは旅人の宿だからね、そのための感覚を養ってもらいたくて。料理担当のスタッフは、佐渡島とか東北のほうへおいしい料理を探す旅に出ました。もうひとりのシェフは、来月台湾に行って小籠包を突き詰めて帰ってくるって言ってます。おもしろいよね」

と奈良さんは笑う。「僕は今度、その制度でサーフィンに行ってくるつもり」。ただのサーフィンではなく、1週間海の上に滞留しながらずっとサーフィンをし続けるそうだ。

©2018 inagaki masanori
サッポロッジおすすめの生ラムのジンギスカン。行者にんにく付き
©2018 inagaki masanori
巨大なほたては、野付で買い付けてきたもの
©2018 inagaki masanori
原木で育てられた、肉厚の椎茸もうまい

これらすべて、そして生ビールにすら物語がある。ぜひ、サッポロッジで一杯やるときには、一つひとつ謎を解き明かしてみてほしい。

サッポロッジは
「世界の交差点」

いま北海道は、空前のインバウンドバブル。当然このサッポロッジにも外国人が押し寄せるし、3度訪れている僕も、3度とも外国人と交流している。

だけど、サッポロッジはそれにとどまらない。ホステルといえば遠方から来た人たちが集まっているのが普通だけど、ここは札幌住民が一杯やりにくる場所にもなっているのだ。すすきのから少し離れた場所にあり、吞み疲れてから足を運んでくる人もいる。

サッポロッジの不思議なところは、そういった札幌で日常を過ごす人と、旅人として過ごす人のごちゃ混ぜ感が、とても普通の時間として流れていることだ。ある外国人は、お風呂上がりのスウェット姿でビールを飲みながらペーパーバックをめくり、あるビジネスマンは小上がりでくだを巻いている。

「今までは旅に行っていろんな人と会うのが楽しかったけど、この場所を作ってからは勝手にいろんな人がやってくるっていうね。これがおもしろい。未知の世界や、食べたことないもの、滑ったことのない斜面、会ったことのない人、そういうものを小学校時代から求めていた気がする。幸せだね、そういうの作りたかったからさ」

©2018 inagaki masanori
出身地を刺すピンは、3年前とは比べものにならないほど増えていた

「SappoLodge(サッポロッジ)」

住所:北海道札幌市中央区南5条東1丁目1-4
TEL:011-211-4314
公式HP:http://www.sappolodge.com/
公式SNS:FacebookTwitterInstagram

Top image: © inagaki masanori

そこにある、それがいい。TABI LABOの国内トピック『JAPAN LOCAL』をまとめて見るならコチラ

ホテルやホステルを、ただ泊まるためだけの場所としてではなく、人を繋ぐコミュニティの中心として考えること自体は、決して新しくはない。そういった新しいコミュニ...
北海道の“かわいいおみやげ”の代表格「小熊のプーチャンバター飴」。大正十年(1921年)創業の老舗「千秋庵」の「北海道らしいかわいい熊の飴を作りたい」とい...
「北海道=大自然」と言われて反対する人はいないと思いますが、そんな広大な土地を生かした「国立公園」の存在については、意外と知らない人も多いのではないでしょ...
北海道・遠軽の「ハナノ工場」は日本初の動物寄木細工専門店。寄木細工というと、少しお堅い伝統工芸品をイメージしてしまいますが、同工場の作品はペンギンやクマな...
香川・高松にある「プシプシーナ珈琲」は、自家焙煎のコーヒー豆店。プシプシーナはムーミンの原作者であるトーベ・ヤンソンさんのお母さんが飼っていた猫の名前です...
シンプルなアイデアですが、予想以上の人気っぷりで、クリスマスまでのストックが既になくなっているこちらのチョコレート。ホットミルクの中に入れると、中から出て...
街の本屋さんが次々と灯りを消していくなかで、個性を出しながら本好きの心を奪う店が増えてきている。北海道・札幌の北18条にある古本屋「BOOK LAB.」も...
地図や鉄道関連の本に多く携わってきたフリーライターの今尾恵介さん著書『番地の謎』(光文社)では、日本の住所表記について掘り下げ、歴史や傾向について詳しく紹...
ウニやイクラ、鮭フレークなど、海鮮系のご飯のお供が目白押しの北海道で、少し変わった山の幸とも言えるのが「山わさび醤油漬」。白いご飯に乗せてひとくち頬張れば...
北海道札幌市の隣町、当別町。『家具工房旅する木』の須田修司さんは、この町にある廃校になった小学校の校舎で、オーダーメイドの家具を作っている。
元々ビスケット工場だった、アイスランドの世界最北の首都レイキャビクにあるホステル「KEX」。随所に当時の面影が残っています。レトロな雰囲気を味わえる空間が素敵!
北海道のまんなかにある、大雪山。かつてアイヌの人たちはこの山をカムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)と呼び、聖地として大切にしてきました。そんな大雪山と石狩川に挟...
大学の長い長い夏休みを終えたばかりの友人に、リピートせずにはいられないゲストハウスがあると聞いて、紅葉の秋も終盤にさしかかった北海道へ飛んだ。向かった先は...
去る2月11日に閉幕した第67回さっぽろ雪まつり。多くの作品が人々を楽しませたなか、特に注目を集めたのが、「Hokkaido Shinkansen-Sup...
2015年12月21日未明、北海道の一部の地域でオーロラが観測されました。日本でオーロラ?いまいち、しっくりこないかもしれません。ところが、道内では今年に...
日本にもたくさんの宿坊がありますが、韓国もなかなか。WEBサイト「Templestay」を覗いてみると、法住寺(Beopjusa)、仏国寺(Bulguks...
札幌市内から北へ20キロほど、石狩郡当別町に冬季限定で登場する氷と雪でつくられた神秘的な空間がある。切り出した氷を積み上げる、北欧のアイスホテルをそのまま...
日本全国のホステルで使える泊まり放題のパス「ホステルパス」の予約受付が10月からはじまりました。日曜日〜木曜日の間のみ使用できる年間パスは18万円(月15...
北海道幌加内町の北部にある「朱鞠内湖(しゅまりないこ)」は、気象庁非公式ながらも、過去にとんでもない記録を叩き出した模様。なんかもう、書くだけで寒気がする...
「ねぇ、ホステルとゲストハウスの違いって何?」——って聞かれて、あなたは答えられますか!? どちらも泊まったことがある&旅行ガイドメディアに携わっているく...
美瑛町といえば、近隣の富良野市と並んで北海道を代表する観光地のひとつ。中でも「パッチワークの路」と「パノラマロード」は二大観光コースと言われるほど、多くの...
まるで、自分が雲の上にいるかのように眼前に広がる「雲海」。もちろん、遠くからゆっくり眺めたり、写真を撮影してじっくり味わうのもありですが、この「Cloud...
北海道美瑛町に廃校を活用した「食の複合施設」がある。敷地内には、レストラン「ビブレ」、パン工房、ホテル、料理塾がそろっている。地元の食を通してよろこびを提...
愛知県名古屋市で教員生活をしていた山田忠男さん。定年退職を機に、北海道の厚真町で羊農家に挑戦しました。厚真町唯一の羊農家となり、羊肉を出荷しています。羊の...