とある男性が、北海道の小さな町で「木の車椅子」を作り続ける理由

北海道札幌市の隣町、当別町。『家具工房旅する木』の須田修司さんは、この町にある廃校になった小学校の校舎で、オーダーメイドの家具を作っている。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA工房は50年前に建てられた体育館。冬は雪に埋もれる

現在、須田さんが精力的に取り組んでいるプロジェクトがある。それは、「木の車椅子」の製作。

content_accf102caaa970ce65d217b9ae9a8e9a57caa67c「木の車椅子」試作初号機

木の温もりと癒やしの効果は
代用が利かない

「車椅子ユーザーにとって、車椅子は自分の体の一部です。それなのに、機能重視で味気ないデザインの、金属製のものがほとんど。温もりのある木で、丁寧にデザインされた美しい車椅子を使ってもらえたら」と須田さん。

須田さんは、毎日、真摯に木と向き合っていると、素材の温もりと癒しの効果は、他の素材では代用できないことを実感するという。「『ああ、生き物を扱っているんだなぁ』という感覚があります」。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA今では失われつつある伝統的な技術で、心を込めて家具を作る

須田さんは、ユーザーに木の車椅子を使ってもらうことで、以下のような効果を期待しているという。

①ステータスを感じ、人に見せたくなることで、より一層の社会生活への積極的な参加を促す②バリバリと活動している姿を周りの人が目にすることで、「格好いい、負けていられない、あんな生き方をしたい」と自分を見つめ直し、勇気づけられる

製品化に向けた
試作品づくりに奮闘

車椅子の製作は、普段作っている家具とは勝手が違い、苦労の連続だという。これから着手するのが、試作4号機の製作。しかし、乗り越えるべき壁というのが、今まで以上に険しい。

「大きな欠陥を修正するのは、意外と簡単ですが、細かな部分を修正したり、原因を突き止めて潰していく作業の方が、ずっと大変なんです。バランス、強度、デザイン、精度、木という素材の限界…に挑むことになります」と、須田さん。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA平面でデザインを起こし、1/5の模型を作り、色んな角度から美しさを確かめる。

試作4号機は完成度の高いものが仕上がると予想。試作5号機、6号機を経て、2016年秋~2017年春には製品化を発表する予定だ。製作資金については、現在、クラウドファンディングサイト「READYFOR」のコチラのページで募っている。

コンテンツ提供元:READYFOR

美瑛町といえば、近隣の富良野市と並んで北海道を代表する観光地のひとつ。中でも「パッチワークの路」と「パノラマロード」は二大観光コースと言われるほど、多くの...
北海道のまんなかにある、大雪山。かつてアイヌの人たちはこの山をカムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)と呼び、聖地として大切にしてきました。そんな大雪山と石狩川に挟...
愛知県名古屋市で教員生活をしていた山田忠男さん。定年退職を機に、北海道の厚真町で羊農家に挑戦しました。厚真町唯一の羊農家となり、羊肉を出荷しています。羊の...
北海道美瑛町に廃校を活用した「食の複合施設」がある。敷地内には、レストラン「ビブレ」、パン工房、ホテル、料理塾がそろっている。地元の食を通してよろこびを提...
ロンドンの企業がつくったVRゲーム専用のシュミレーター。対応しているゲームは80種類以上。ぐるぐる回って新次元のVRを体験できます。
渋谷・道玄坂の人気クラブ「VISION」で音楽と出会いとお酒を楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
2015年12月21日未明、北海道の一部の地域でオーロラが観測されました。日本でオーロラ?いまいち、しっくりこないかもしれません。ところが、道内では今年に...
ウニやイクラ、鮭フレークなど、海鮮系のご飯のお供が目白押しの北海道で、少し変わった山の幸とも言えるのが「山わさび醤油漬」。白いご飯に乗せてひとくち頬張れば...
北海道厚真町で、農家の跡取りとして原木しいたけを栽培する堀田昌意さんにインタビュー。PR方法を工夫したり、販売ルートを変更して販売量を確保するなど、経営に...
北海道の上士幌町(かみしほろちょう)にある「タウシュベツ橋梁」は、ダムの湖底に沈んでいるコンクリート製アーチ型の橋。水位が季節によって変移する糠平湖という...
ゆずには多様な使い道がありますが、もうひとつの愛媛県の特産品しいたけと合わせてお味噌で和えることで、ゆずの香りが食欲をそそる、白いご飯にぴったりのおかず味...
札幌市内から北へ20キロほど、石狩郡当別町に冬季限定で登場する氷と雪でつくられた神秘的な空間がある。切り出した氷を積み上げる、北欧のアイスホテルをそのまま...
北海道幌加内町の北部にある「朱鞠内湖(しゅまりないこ)」は、気象庁非公式ながらも、過去にとんでもない記録を叩き出した模様。なんかもう、書くだけで寒気がする...
地図や鉄道関連の本に多く携わってきたフリーライターの今尾恵介さん著書『番地の謎』(光文社)では、日本の住所表記について掘り下げ、歴史や傾向について詳しく紹...
堀田昌意さんのインタビューの後編では、農業にのめり込んだきっかけ、堀田さんが考える農家のあり方、そして今後どのように発展、成長していきたいかなどをお聞きし...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...
それは、北海道の自然をありのままに感じる、最高に贅沢なアウトドアステイ。広尾郡大樹町にある環境技術研究施設「メム メドウズ」内に、大自然一体型ホテル「ME...
まるで、自分が雲の上にいるかのように眼前に広がる「雲海」。もちろん、遠くからゆっくり眺めたり、写真を撮影してじっくり味わうのもありですが、この「Cloud...
「函館」には、町を内側から元気にしようとしている人たちがいる。リードしているのは、箱バル不動産の代表、蒲生寛之さん。蒲生さんは4年前、地元函館の西部地区に...
去る2月11日に閉幕した第67回さっぽろ雪まつり。多くの作品が人々を楽しませたなか、特に注目を集めたのが、「Hokkaido Shinkansen-Sup...
「Incredible Edible」はイギリスの田舎町トッドモーデンから始まり、今では同国のいたるところで行われているフードプロジェクトです。
キーンと冷えた冬の朝、北国の海面が霧で覆われているのを見たことはありませんか。これは「けあらし」と呼ばれ、北海道の沿岸や富山湾などで見ることができます。冬...
確かに、ボディの一部に木を用いたヘッドホンはこれまでにもありました。が、ここで紹介する「Konohazuk H3」は、ボディ全体が国産ブナ材で形作られたも...
「地名に関する本はあるのに、住所に関する本はない…ならば住所の適切なガイド本を作りたい!」そう思い立ち「住所の仕組み」についてまとめた本を手がけた、フリー...