訪れるたびに印象が変わる! 北海道の「タウシュベツ橋梁」が神秘的すぎ

北海道の上士幌町(かみしほろちょう)にある「タウシュベツ橋梁」は、ダムの湖底に沈んでいるコンクリート製アーチ型の橋。水位が季節によって変移する糠平湖という人造湖に架かっているので、その見え方も様々。水位が上がると見えなくなることから“幻の橋”と呼ばれることもあるそうです。古代ローマの建築物のような見た目が、とてもノスタルジック…。

季節や水位で、印象がガラリ。
それはまさに「まぼろし」のよう

スクリーンショット 2016-02-24 14.05.49天の川×タウシュベツ橋梁のコラボが目を引きます。川なき橋に、天からの贈り物!?

スクリーンショット 2016-02-24 14.06.40前後の風景と橋梁の一体感がすごい! まるで日本じゃないみたいです。

スクリーンショット 2016-02-24 14.07.20タウシュベツ橋梁は、旧国鉄 士幌線の廃線。冬にはとても退廃的なイメージに。

スクリーンショット 2016-02-24 14.19.24完全に水が引くとご覧の通り、また印象が大きく変わります。青空とのコントラストで地中海の遺跡のような一面も。

スクリーンショット 2016-02-24 14.08.42水面が上がると、見事なまでの「メガネ橋」に! mai_siestaさんが捉えた素敵な1枚です。

スクリーンショット 2016-02-24 14.21.27秋の早朝・・・透き通るような空の反射。まるで鏡の世界に迷い込んだような気持ちにさせてくれますね。

季節や天気によって、何度でも行きたくなる「タウシュベツ橋梁」。しかし完成から約80年経った今、水位変動による老朽化もひどく、数年以内に取り壊されてしまうのではという話も…。ぜひあなたの「今すぐ行きたい場所」のリストに加えてみては?

Licensed material used with permission by hiroshi_tanita,hiroyuki215,kazuo_takahata,capa1974,mai_siesta,flore.di.neve

北海道幌加内町の北部にある「朱鞠内湖(しゅまりないこ)」は、気象庁非公式ながらも、過去にとんでもない記録を叩き出した模様。なんかもう、書くだけで寒気がする...
まるで、自分が雲の上にいるかのように眼前に広がる「雲海」。もちろん、遠くからゆっくり眺めたり、写真を撮影してじっくり味わうのもありですが、この「Cloud...
北海道のまんなかにある、大雪山。かつてアイヌの人たちはこの山をカムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)と呼び、聖地として大切にしてきました。そんな大雪山と石狩川に挟...
ウニやイクラ、鮭フレークなど、海鮮系のご飯のお供が目白押しの北海道で、少し変わった山の幸とも言えるのが「山わさび醤油漬」。白いご飯に乗せてひとくち頬張れば...
美瑛町といえば、近隣の富良野市と並んで北海道を代表する観光地のひとつ。中でも「パッチワークの路」と「パノラマロード」は二大観光コースと言われるほど、多くの...
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
ボリビア・ウユニ塩湖で、鏡張りの水面に立ちたいーーとはいえ、南米は遠すぎる。そんなあなたに朗報です。なんと都内から1時間で行ける場所に、あの「天空の鏡」が...
2015年12月21日未明、北海道の一部の地域でオーロラが観測されました。日本でオーロラ?いまいち、しっくりこないかもしれません。ところが、道内では今年に...
実際に撮影した写真をフォトショップで編集し、自身のインスタグラムに投稿しているJULIUS KÄHKÖNENさん。実際に日本に存在する建造物と彼のイマジネ...
「死ぬまでに行きたい絶景」として名をはせている、ボリビアのウユニ塩湖。実際に行くのはなかなかに難易度が高いので、今週末は、日本のウユニ塩湖に行ってみません...
北海道から沖縄まで47都道府県を写真で繋ぐ日本地図。全国津々浦々にある風景や情緒を海外の人に感じてもらい、よく知ってもらおうーー。経産省によって公開された...
海外旅行が好きだけど、どうしても定番のところばかりに…。確かにガイドブックに掲載されるたくさんの観光スポットは、ハズレもなさそう。でも、たまには人と違う旅...
それは、北海道の自然をありのままに感じる、最高に贅沢なアウトドアステイ。広尾郡大樹町にある環境技術研究施設「メム メドウズ」内に、大自然一体型ホテル「ME...
去る2月11日に閉幕した第67回さっぽろ雪まつり。多くの作品が人々を楽しませたなか、特に注目を集めたのが、「Hokkaido Shinkansen-Sup...
地図や鉄道関連の本に多く携わってきたフリーライターの今尾恵介さん著書『番地の謎』(光文社)では、日本の住所表記について掘り下げ、歴史や傾向について詳しく紹...
「京都は狭い」なんて言う人もいる。でも、観光客からすれば広い街だと思う。名所旧跡は数えきれないほどあるし、それも訪れる季節や時間帯によってまた表情が変わる...
世界中の旅人の口コミをもとにしたトリップアドバイザーによる「外国人に人気の日本観光スポット2017」が発表された。普通なら、10位あたりから徐々にランキン...
ロシアにある「バイカル湖」は、冬になると凍る絶景スポットとしてよく知られています。フォトグラファーのクリスティーナさんは、その上を歩きながらその風景を撮影...
グルメやショッピングなど、私たちが旅行に出かける目的はさまざまです。が、「見たい景色がある」ということは、その最たるものと言えるのではないでしょうか。日本...
熊本県宇土市にある、御輿来(おこしき)海岸。干潮時に干潟に現れる美しい砂紋が有名ですが、魅力はそれだけではありません。なんとココには、年に数日だけしか見れ...