【冬季限定】氷のベットで寝れる!「アイスホテル」が北海道に出現

札幌市内から北へ20キロほど、石狩郡当別町に冬季限定で登場する氷と雪でつくられた神秘的な空間がある。切り出した氷を積み上げる、北欧のアイスホテルをそのまま再現。光と色彩が融合した氷のドームで、北国の自然を存分に堪能できる宿泊施設だ。

「アート」と「北欧」を体現できる
道内の“スウェーデン”

DSC_8979

DSC_6607

アイスヒルズホテルがオープンする当別町内の 「スウェーデンヒルズ」と呼ばれる地域は、スウェーデンのレクサンド市と姉妹提携を結んでいる。本場の町並みを再現し、一部電柱を地中に埋めるなど自然景観保全に積極的だ。

DSC_6278

北国の冬とそこにある暮らしを「アート」と「北欧」をテーマに楽しむ。それが同ホテルのコンセプト。期間中は、ライブイベントやワークショップなど、多彩なコンテンツや屋外アクティビティが目白押しだ。
氷と雪でできた建造物4棟のうち、レセプション棟ではアイスバーがオープン。お酒が楽しめるほか、期間中はイベントが開催される。滞在体験ができる3棟は、道内アーティスト3チームが、雪と氷で独自の世界観を表現した内装をデザインしている。

氷が光をとらえ、
雪が音がつかまえる
五感を刺激する「氷のホテル」

スクリーンショット 2015-11-25 10.46.35

スクリーンショット 2015-11-25 10.44.28

スクリーンショット 2015-11-25 10.42.30

スクリーンショット 2015-11-25 10.48.20

アイスホテルの本場スウェーデンで技術を習得した、プロのビルダーたちが、氷から切り出し積み上げる。丹念にノミを入れ、氷のブロック一つひとつに表情をつけていく。光が乱反射して室内に降り注ぐことで、時間の経過とともに変化を楽しませてくれるようだ。

DSC_6050

宿泊棟内部は、もちろん一面氷の世界。氷のベッドの上にはフカフカの毛皮が敷かれており、この上で寝袋に入るというスタイル。いわば天然の冷蔵庫。でも、寝袋一枚で十分に暖かいんだそう。隣接するゴルフ場クラブハウスでは、道産の食材を活かしたオリジナルメニューが人気だ。

2016年1月15日(金)から2月28日(日)まで開催予定。なお、11時〜20時までは一般公開、20時以降は予約客のみ滞在体験が可能だ。予約状況の確認は公式ページより。

Licensed material used with permission byクロスホテル札幌

普通に考えれば、冬に泊まる宿は暖かいほうがイイに決まってます。それでもあえて、極寒体験を売りにしているホテルがこちら。北欧などではよく見かけるアイスホテル...
北海道・遠軽の「ハナノ工場」は日本初の動物寄木細工専門店。寄木細工というと、少しお堅い伝統工芸品をイメージしてしまいますが、同工場の作品はペンギンやクマな...
それは、北海道の自然をありのままに感じる、最高に贅沢なアウトドアステイ。広尾郡大樹町にある環境技術研究施設「メム メドウズ」内に、大自然一体型ホテル「ME...
北海道札幌市の隣町、当別町。『家具工房旅する木』の須田修司さんは、この町にある廃校になった小学校の校舎で、オーダーメイドの家具を作っている。
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。