どうせ寒いなら、ここまで寒くなりたい。(室温-5℃)

北欧スウェーデンは北極圏にまたがる国。冬場は豊かな自然も町並みも雪に包まれ真っ白に。あぁ、僕に彼女ができたなら、こんな場所でゆったりとした時間を過ごしたい。

一人で行くならあまりこだわらないけれど、ふたりで行くなら宿泊先は重要。スウェーデン北部のJukkasjärviにある「ICEHOTEL」は、そのすべてが雪と氷で作られた幻想的なホテル。うん。甘いひと時を過ごすのなら、ここで決まり。今回は、もしも彼女と行けたならを想像して旅してみた。

彼女:「うわ〜キレイ」
僕:「キミの方が……」

Photo byAsaf Kliger, ICEHOTEL

「ICEHOTEL」の特徴は、なんと言ってもすべてが氷で作られているというところ。ホテルの近くを流れるトルネ川の氷を使用した、天然由来のものであることも驚き。しかも、室内のデザインも豊富。

冬場はもちろん、夏場でも室温を-5℃に保っており、一年中“雪国スウェーデン”の魅力が楽しめるんだ。

この美しい部屋で彼女とふたりっきり。「寒いね、でもキレイ…」と、微笑む彼女をそっと抱きしめたい。

Photo byAsaf Kliger, ICEHOTEL
Photo byAsaf Kliger, ICEHOTEL
Photo byAsaf Kliger, ICEHOTEL
Photo byAsaf Kliger, ICEHOTEL
Photo byAsaf Kliger, ICEHOTEL

ホテル内は、まるでRPGのダンジョンのような、現実離れした世界観。

見ているだけでもわくわく。彼女と一緒にわくわく。

ホテル内の氷像は世界各地から集まった68人ものアーティストによって作られているらしい。ホテルそのものが“氷の美術館”みたいなんだ。

Photo byAsaf Kliger, ICEHOTEL
Photo byPaulina Holmgren, icehotel

いよいよ夜がやってきた。氷に包まれた寝室では、「-15℃まで対応できるあたたかなトナカイの寝袋にくるまって眠ることができる。

冷たい空気の中、幻想的で美しい寝室で彼女と身を寄せ合って熱い一夜を…。想像しただけでも、にやけてしまう。

Photo byTomas Jönsson, ICEHOTEL

「ICEHOTEL」の魅力は、内装の美しさ。だけど、スウェーデンの自然をしっかりと堪能できるアクティビティだって充実している。

冬場はスノーモービルやトナカイそりを楽しむことができて、暖かい時期は森の中を自転車で走り抜け、澄み渡った空気に触れることも。

スウェーデンは5月から6月にかけて日の沈まない「白夜」になるから、その時期は特に屋外でのアクティビティをたっぷり楽しめそうだ。いつ頃、彼女と行こうか迷ってしまうなぁ。

Photo byAsaf Kliger, ICEHOTEL
Photo byAsaf Kliger, ICEHOTEL

ここでは食事も楽しみの一つ。レストランでは、シェフが腕によりをかけて振るった自慢のメニューが。レストランは氷づくりではない、室内でゆっくり食事を楽しむことができる。

ここでは、ホッとしたあたたかな時間を楽しもう。

Photo byICEHOTEL
Photo byICEHOTEL

夜に訪れたいのが、この氷でできたバー。カウンターもグラスも、店内すべてが氷なんだ。お酒を楽しみながら、時間を忘れて彼女と語り合いたい。

Photo byAsaf Kliger, ICEHOTEL

ここからは、現実的な話を。「ICE HOTEL」の宿泊費は、部屋によって価格が異なるけれど、一泊185~800ユーロ(約2万5千円~約11万円)ほどで泊まることができる。どの季節にいっても楽しめること間違いなしの“氷の世界”。

さあ、今度はリアルな恋人や家族、友人と、スウェーデンの魅力を楽しみたいものだ。

Top Photo byAsaf Kliger, ICEHOTEL
Licensed material used with permission byICEHOTEL Sweden
他の記事を見る
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
ホットウィスキーが気づかせてくれたのは、お花見は「さくらを眺めるとき」でもあり、「年度最後の寒さを感じるとき」だということ。そんな風に思えば、少しは寒さが...
業務用冷蔵庫より、はるかに寒い世界。ロシア連邦東部サハ共和国の首都ヤクーツクは、世界でもっとも寒い大都市だと言われてます。では世界一寒い村はどこにあるかと...
寒い季節、イギリスのスムージーに被せられる“ニット帽”。すべて手作りで、帽子、ダイナソー、ユニコーンなど種類は様々。高齢者支援の一環ですが、お土産として買...
ドバイのデザイン事務所「Tinkah」が作ったコーヒーカップ。4個セットで約2万円(650AED)。少々高い気もしますが、大切な人へのプレゼントとしておす...
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
絶景を見るぞ!と思ったら海外に注目しがちだけど、思い立ったら行けるところもあるようです。
今から紹介するホテルを誰よりも一番オススメしたいのは、現実逃避したい人。現実からの逃亡先にぴったりなんです。それは、ノルウェーの北極圏の島Fleinvae...
「本当の春」までは、あともうすこし。
「Surprise Trip Letter(サプライズ・トリップ・レター)」は、まるで海外のような写真が撮れるうえに、その場でプリントアウトして手紙を送る...
「CleanseBot」は、殺菌灯にも使用される紫外線(UV-C)を照射し、ベッドシーツなど衛生的に気になるものを除菌してくれます。カバンに入るサイズで持...
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
日本で2番目に大きな市、静岡県「浜松市」。南北に長いこの街は、北には自然豊かな山々、南には遠州灘があり、山・海・川・湖に囲まれています。そんな浜松への旅は...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
ポルトガルのポルトにあるブティックホテル「Torel Avantgarde」。テーマは「芸術」。旅行業界のアカデミー賞とも称される「World Luxur...
「Airlander 10」は最大5日間も空を飛び回れる航空機です。
香港の街で目にする、養生シートがかけられた工事中の高層ビルを「繭」と称する米写真家Peter Steinhauerさん。その姿に魅了され、工事中のビルばか...
「Pricerooms.com」は、旅行する際、徹底的に安いホテルを探したい人向け。予約を済ませた後もさらにお得なプランを探し続けてくれるんです。
もうカプセルホテルは日本だけのものじゃない。進化したカプセルホテルがアムステルダムに。若い世代には嬉しい、アプリなどを使ったサービスも。CityHubに泊...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
果報バンタ、フクギ並木、古宇利大橋、大石林山、あがいてぃだばし、ター滝、ワルミ大橋など、沖縄本島の車で行ける絶景スポットを集めました。ゴールデンウィークや...
寒い朝に布団のなかでウダウダする必要はありません。飛び起きても、寒くない。
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
お酒、おつまみ、寒さ対策、お花見の準備できてます?