どうせ寒いなら、ここまで寒くなりたい。(室温-5℃)

北欧スウェーデンは北極圏にまたがる国。冬場は豊かな自然も町並みも雪に包まれ真っ白に。あぁ、僕に彼女ができたなら、こんな場所でゆったりとした時間を過ごしたい。

一人で行くならあまりこだわらないけれど、ふたりで行くなら宿泊先は重要。スウェーデン北部のJukkasjärviにある「ICEHOTEL」は、そのすべてが雪と氷で作られた幻想的なホテル。うん。甘いひと時を過ごすのなら、ここで決まり。今回は、もしも彼女と行けたならを想像して旅してみた。

彼女:「うわ〜キレイ」
僕:「キミの方が……」

4822034206949376
Photo byAsaf Kliger, ICEHOTEL

「ICEHOTEL」の特徴は、なんと言ってもすべてが氷で作られているというところ。ホテルの近くを流れるトルネ川の氷を使用した、天然由来のものであることも驚き。しかも、室内のデザインも豊富。

冬場はもちろん、夏場でも室温を-5℃に保っており、一年中“雪国スウェーデン”の魅力が楽しめるんだ。

この美しい部屋で彼女とふたりっきり。「寒いね、でもキレイ…」と、微笑む彼女をそっと抱きしめたい。

5649427981139968
Photo byAsaf Kliger, ICEHOTEL
5525557366226944
Photo byAsaf Kliger, ICEHOTEL
5788599417044992
Photo byAsaf Kliger, ICEHOTEL
6441778043420672
Photo byAsaf Kliger, ICEHOTEL
4507150558691328
Photo byAsaf Kliger, ICEHOTEL

ホテル内は、まるでRPGのダンジョンのような、現実離れした世界観。

見ているだけでもわくわく。彼女と一緒にわくわく。

ホテル内の氷像は世界各地から集まった68人ものアーティストによって作られているらしい。ホテルそのものが“氷の美術館”みたいなんだ。

5225649463623680
Photo byAsaf Kliger, ICEHOTEL
5207325254090752
Photo byPaulina Holmgren, icehotel

いよいよ夜がやってきた。氷に包まれた寝室では、「-15℃まで対応できるあたたかなトナカイの寝袋にくるまって眠ることができる。

冷たい空気の中、幻想的で美しい寝室で彼女と身を寄せ合って熱い一夜を…。想像しただけでも、にやけてしまう。

5664377420120064
Photo byTomas Jönsson, ICEHOTEL

「ICEHOTEL」の魅力は、内装の美しさ。だけど、スウェーデンの自然をしっかりと堪能できるアクティビティだって充実している。

冬場はスノーモービルやトナカイそりを楽しむことができて、暖かい時期は森の中を自転車で走り抜け、澄み渡った空気に触れることも。

スウェーデンは5月から6月にかけて日の沈まない「白夜」になるから、その時期は特に屋外でのアクティビティをたっぷり楽しめそうだ。いつ頃、彼女と行こうか迷ってしまうなぁ。

4811926538289152
Photo byAsaf Kliger, ICEHOTEL
6333225160933376
Photo byAsaf Kliger, ICEHOTEL

ここでは食事も楽しみの一つ。レストランでは、シェフが腕によりをかけて振るった自慢のメニューが。レストランは氷づくりではない、室内でゆっくり食事を楽しむことができる。

ここでは、ホッとしたあたたかな時間を楽しもう。

4896126150901760
Photo byICEHOTEL
5883276602376192
Photo byICEHOTEL

夜に訪れたいのが、この氷でできたバー。カウンターもグラスも、店内すべてが氷なんだ。お酒を楽しみながら、時間を忘れて彼女と語り合いたい。

5282920570814464
Photo byAsaf Kliger, ICEHOTEL

ここからは、現実的な話を。「ICE HOTEL」の宿泊費は、部屋によって価格が異なるけれど、一泊185~800ユーロ(約2万5千円~約11万円)ほどで泊まることができる。どの季節にいっても楽しめること間違いなしの“氷の世界”。

さあ、今度はリアルな恋人や家族、友人と、スウェーデンの魅力を楽しみたいものだ。

Top Photo byAsaf Kliger, ICEHOTEL
Licensed material used with permission byICEHOTEL Sweden
業務用冷蔵庫より、はるかに寒い世界。ロシア連邦東部サハ共和国の首都ヤクーツクは、世界でもっとも寒い大都市だと言われてます。では世界一寒い村はどこにあるかと...
今から紹介するホテルを誰よりも一番オススメしたいのは、現実逃避したい人。現実からの逃亡先にぴったりなんです。それは、ノルウェーの北極圏の島Fleinvae...
「Surprise Trip Letter(サプライズ・トリップ・レター)」は、まるで海外のような写真が撮れるうえに、その場でプリントアウトして手紙を送る...
もうカプセルホテルは日本だけのものじゃない。進化したカプセルホテルがアムステルダムに。若い世代には嬉しい、アプリなどを使ったサービスも。CityHubに泊...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
もう、すっかり冬ですね。さらに寒くなり、雪が降りはじめたりすると家にこもってしまいがち。ジムへ行くのも億劫、結果、運動不足になってしまう…。この記事を読ん...
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
旅行先で、ネットが繋がらずGoogle Mapが見れなくなった時。目的地への行き方が分からなくなり、迷った人もいるのでは?でも、この記事を読んでいるアナタ...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあったこれまでの旅の記憶をひっぱり出して、様々な...
どこかへ旅行に行くと、朝食はホテルで食べる人が多いはず。でも、星野リゾート リゾナーレ小浜島が企画した「人生初漂流 絶景Sunrise Breakfast...
2016年の秋頃からInstagramで密かに話題になっている絶景があるという。それが、ペルーの「レインボーマウンテン」。その名の如く、虹色に彩られた不思...
スイスのアッペンツェルにある、『Null Stern Hotel(ヌル・スターン・ホテル)』は、見ての通り、壁もないし、天井もない。でも、普通のホテルだっ...
寒くなったら、とたんに心も体もだらけ気味なんてことありませんか?気分が乗らなかったり、原因不明のだるさが襲ってきたり。実はこれ、季節性情動障害(SAD)と...
音楽を聴いて鳥肌が立つ人とそうでない人がいます。今まで謎に包まれていたこの現象が起きる理由は、脳の働きの違いにあったようです。
温泉を紹介する動画と言えば、ちょうどいい感じの美人が、ちょうどいい感じの色気で、ちょうどいい感じに腕とかにお湯をかけておけばいいと思っていたけど、そうでも...
山奥にあるこの小さな村に、どうにかして人を呼び込めないものかと考えて打ち出したのが、有り余っている空き家を宿泊施設にするという『村ごとホテル案』。もともと...
海外ツアーの添乗員として働いていた頃は、お客様と一緒に高級ホテルに泊まる機会も多かった。主な顧客がシニア層だったこともあり、ツアーではだいたい4ツ星か5ツ...
今年の12/25に向けて、アメリカの「Oyster.com」が紹介していたのは、クリスマスに人気の10の旅先。1位のニューヨークにはなるほど、というところ...
Lauren Harburyさんは、今まで長年にわたり、不眠の悩みを抱えている人たちをサポートしてきたそう。環境が変わったり、旅行先になると眠れなくなって...
海外旅行に行くとき、どんなバッグを持って行きますか?何かと荷物も多いから、移動用はバックパックの一択、という人も多いでしょう。でも日本ならまだしも、海外で...