アルプスの絶景を「屋根も壁もないホテル」で満喫!

夏はトレッキング、冬はスキーなど、カップルや家族連れに人気のスイス東部グラウビュンデン州ブラウンヴァルト。

写真は、グラルナー・アルプスが目と鼻の先にある標高2,000mほどの山中。そこにでんと置かれたベッドルームは異様ですが、れっきとした宿泊施設なのです。

大自然の開放感を、
満喫できる部屋!

2e40018c30417100d29ff913686797212f22c999E12c7479a45e2f8b83edd0c43acfe7c715f707b2

スタンドランプの明かりだけを頼りに、ベッドに寝転んでは、星空を仰ぐーー。それが、「Null Stern Hotel」が打ち出した新しい宿泊サービス。

キャンプよりもむき出しの状態で自然を体感しながら、快適なホテル環境でくつろげる…かどうかはわかりませんが、未知の宿泊体験ができそうです。

麓には、執事が待機。

67c717c2a28cdb22249e54002ed671632d5dbf375da0737cc1de3f78a411c0febf2dd7aad6e3b3f9

チェックインは、麓のロッジへ。白手袋をつけた執事が暖かい部屋で出迎えてくれます。が、部屋にはバスルームもなく、ロケーションも公衆トイレまで徒歩10分とかなりワイルド。その代わりに、眺望が抜群だという点はもはや説明不要でしょう。

朝には、サンドイッチとコーヒーをデリバリーしてくれます。一晩の宿泊代金は250フラン(約2万6千円)。年中無休で、天候が悪い場合はキャンセルできます。

宿泊をイノベーション!

A9b316dc82c1b2a3fd91f52686d099b15f6b2665

ところで、なんでまたこんな奇抜なアイデアを?

なんでも、設備を最小限に抑えたミニマルな環境をゲストに提供する理由は、“つかみどころのない感覚にできるだけ集中してもらいたかったから”だったそうです。

加えて、コンセプトの実現に携わったホスピタリティのプロフェッショナル、Daniel Charbonnier氏には、この地の観光を盛り上げようという気概がありました。

ブラウンヴァルトを、
盛り上げたい。

3a81e6dc6e4935db90643d6e3e5b82d0dfb76e05675633daa98fd215958aa498a7ea548e723e1a1381c4c7c201747475caf338a2d179c708a0b73055

もともと人気観光地として知られている場所ですが、近年は落ち着きを見せており、観光客の誘致に力を入れているところ。

もちろん、その他にもたくさん宿泊施設があり、風景のほか牧場で動物と触れ合えたり、ツール・ド・スイスのルートにもなっている山道「クラウセンパス」を、自転車や郵便馬車「ポストバス」で走りながら景観を楽しむなんてアクティビティなども。

人がまばらでゆったりと観光できるため、家族連れやカップルには根強い人気があります。

そんな穏やかなスポットに突然現れた、とびきり奇抜なホテル。屋根も壁もないと聞けば勇気はいるけれど、その分特別な一夜になるというのは間違いなさそう。記憶に残る一泊になるのではないでしょうか。

比較的暖かい夏の晴れた夜空なら、360°パノラマの絶景を快適に満喫できるかも。詳しくはコチラから確認してみて。

Licensed material used with permission by Null Stern Hotel
スイスのアッペンツェルにある、『Null Stern Hotel(ヌル・スターン・ホテル)』は、見ての通り、壁もないし、天井もない。でも、普通のホテルだっ...
空を泳ぐってこんな感じかも。背筋がゾクッとしそうだけど、写真でその浮遊感を想像してみて。ここは、イタリア北部にある「Hotel Hubertus」。UNE...
スイスと言えば大自然。アルプス山脈を電車で駆け抜けたりするイメージだけど、その自然の中にポツンと建てられた劇場がある。季節ごとにテーマを分けたパフォーマン...
「Amphibio」は、デザイナー亀井潤氏によって開発された人間用のエラ。地球温暖化により、人類が地上に住めなくなったシーンを想定して作られているとのこと。
セグウェイから新製品が登場!その名も「Segway Drift W1 e-Skates」。軽くて小さいから持ち運びも簡単です。
「Surprise Trip Letter(サプライズ・トリップ・レター)」は、まるで海外のような写真が撮れるうえに、その場でプリントアウトして手紙を送る...
果報バンタ、フクギ並木、古宇利大橋、大石林山、あがいてぃだばし、ター滝、ワルミ大橋など、沖縄本島の車で行ける絶景スポットを集めました。ゴールデンウィークや...
山奥にあるこの小さな村に、どうにかして人を呼び込めないものかと考えて打ち出したのが、有り余っている空き家を宿泊施設にするという『村ごとホテル案』。もともと...
今から紹介するホテルを誰よりも一番オススメしたいのは、現実逃避したい人。現実からの逃亡先にぴったりなんです。それは、ノルウェーの北極圏の島Fleinvae...
せっかく素敵な環境の中にホテルを造るのなら、やっぱりそのユニークな美しさを上手に引き立ててあげたいもの。オープンエアの要素を取り入れ、周りの景色を室内にも...
デザイン、サイズ、店舗を通して、本当の自分を表現したい全ての人を応援するアパレルブランド「The Phluid Project」。
もうカプセルホテルは日本だけのものじゃない。進化したカプセルホテルがアムステルダムに。若い世代には嬉しい、アプリなどを使ったサービスも。CityHubに泊...
南アルプスのふもとにある、大間ダムによってせき止められてできた人工の湖。ここでは、自然の景色とはひと味ちがった絶景が「夢の吊り橋」から楽しめます。
冗談みたいなホテルが、本当にできるのだそう。採用された大胆なコンセプトは、スキーヤーならずとも必見です。
一人で行くならあまりこだわらないけれど、ふたりで行くなら宿泊先は重要。スウェーデン北部のJukkasjärviにある「ICEHOTEL」は、そのすべてが雪...
スイス人作家ヨハンナ・シュベリによって書かれた『ハイジ』。原作は60もの言語に翻訳され、発行部数はじつに5,000万部以上だそう。世界中で愛され続けている...
2016年もあっという間に年末ですね。今年も、世界中でたくさんの素敵なホテルが誕生しました。年明けを迎える前に、今年オープンした世界の最新ホテル10軒をご...
カンタス航空は、シドニー国際空港と協力しながら、一部の利用客に顔認証システムを使ったチェックインサービスを提供し始めたようです。
Instagramでフォロワー数が20万人以上になる18歳の青年の絶景写真。彼が故郷であるスイスの自然の虜になったのは、今から2年半前のこと。まだ遊びたい...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第4回は、台湾の老舗ホテル・圓山大飯店の地下に存在する「秘密のトンネル」をご紹介。
絶景を見るぞ!と思ったら海外に注目しがちだけど、思い立ったら行けるところもあるようです。
フォーブス・トラベルガイドの「眺めのイイ世界のベストバー」を筆頭に、数々の受賞歴を持つ「絶景バー」をご紹介。場所は、インドネシアの人気リゾート地・バリ島。...
友達とわいわい、または大切な人とロマンチックに、大自然の中へキャンプに出かけるのは楽しそうだけれど、ポールを組み立ててテントを張ったり、背に木の根や石ころ...
日本で2番目に大きな市、静岡県「浜松市」。南北に長いこの街は、北には自然豊かな山々、南には遠州灘があり、山・海・川・湖に囲まれています。そんな浜松への旅は...