世界の「キャンプ型ホテル」で、スタイリッシュに贅沢に!【10選】

友達とわいわい、または大切な人とロマンチックに、大自然の中へキャンプに出かけるのは楽しそうだけれど、ポールを組み立ててテントを張ったり、背に木の根や石ころがあたるあの感覚はどうも苦手で…というあなたに送る、このリスト。

紹介するのはどれも、アウトドア体験で一番キツい部分を取り払い、代わりにプライベートプールや猫足のバスタブといった要素を盛り込んだ、都会人にも優しいキャンプ式ホテル10軒です。

01.
LONGITUDE 131

オーストラリア・ユララ

レッドセンターと呼ばれるオーストラリアの中央地帯に並んだ、「ロンギチュード131」の15棟のテント風キャビン。エアーズロックの景色をばっちり望むその立地はお見事。二重になったブラインドはリモコン式だから、ボタンひとつで気ままに、眺めと部屋に吹き込む自然の空気を調整できます。

詳しくはコチラ

02.
HONEYGUIDE TENTED SAFARI CAMPS

南アフリカ・クルーガー国立公園

高級サファリキャンプを語るにあたって、南アのクルーガー国立公園近辺の私有鳥獣保護区は、ほかとは比較にならない贅沢なエリア。地元のムニシ族が所有・経営する土地に設置された「ハニーガイド」の2つのキャンプ場は、どちらもこのエリア特有のラグジュアリーなアメニティを揃えつつ、気取りのない和気あいあいとした雰囲気を大切にしています。

詳しくはコチラ

03.
GALAPAGOS SAFARI CAMP

エクアドル・ガラパゴス諸島

高台に造られた「ガラパゴス・サファリキャンプ」のテントは、それぞれ専用バルコニー、ハンモック、バスルーム付き。ガラパゴス旅行定番の、狭苦しい船のキャビンで寝泊まりするのとは大違いです。辺りは人類が存在する前の時代を想像させる、魔法のような環境。ベッドルームから一歩出れば、世界屈指の動植物観察の始まりです。

詳しくはコチラ

04.
DUNTON HOT SPRINGS

アメリカ・コロラド州ドロレス

すでに高い評価を得ている「ダントン・ホットスプリングス」が、川下へ約6.5キロメートル進んだ先に、新たにキャンプスタイルの別棟を設置。コロラド・ロッキー山脈の森林の中に造られた大型サイズのキャンバステントは、それぞれベランダ付きで、目の前には、山と、フィッシングにもぴったりのドロレス川の景色が広がります。

詳しくはコチラ

05.
BANYAN TREE RAS AL KHAIMAH BEACH

アラブ首長国連邦・ドバイ郊外

もしドバイまで足を延ばす機会があるなら、市内から車で1時間ほど離れた「バンヤンツリー・ラスアルハイマ・ビーチ」へ。エキゾチックなヴィラは、伝統的なベドウィン(アラブ遊牧民)住宅をイメージして造られています。海に面したアラブ式スパトリートメント・パビリオンで旅の疲れを癒し、プライベートプール脇に腰を下ろす頃には、遊牧民気分も薄れるはず。

詳しくはコチラ

06.
RODAVENTO BOUTIQUE HOTEL

メキシコ・バジェ・デ・ブラボー

メキシコの代表的リゾート地から遠く離れた、青々とした渓谷に佇む「ロダベント」。テント風の屋根が目印となった斜面沿いのヴィラは、どれも敷地内にある杉林と私有湖を望むデッキ付きです。ここではキャンプファイヤーや冷たいシャワーに代わって、薪の暖炉と猫足のバスタブが心身ともにほっと温めてくれます。

詳しくはコチラ

07.
THE SERAI, JAISALMER

インド・ラジャスタン州

中世の余韻を残すジャイサルメールはこれまで何百年もの間、商人や旅人を迎える砂漠の宿場として知られてきた街。ここにある「ザ・セライ」の優雅なテント・スイートは、一番ベーシックなものでもゴージャス。最高級ロイヤルスイートは、専用ダイニング・テント、専用レクリエーション・テント併設という贅沢さです。

詳しくはコチラ

08.
CAMP COMFORT

アメリカ・テキサス州

テキサス州内のお洒落な人が集まるオースティンとサンアントニオのちょうど中心に当たる「コンフォート」にあるのは、古いボーリング場を改造したキュートなベッド&ブレックファースト。スイートルームでも十分満足できそうだけれど、キャンプ好きな人は独立棟のキャビンを予約。夜はドリンクを片手に焚き火を囲んで仲間と語らいの時間を楽しんで。

詳しくはコチラ

09.
RESORT AT PAWS UP

アメリカ・モンタナ州

大自然に恵まれたモンタナ州は、大のキャンプ好きが一度は訪れてみたい場所。「リゾート・アット・パウズ・アップ」は、冬場も泊まれるキャビンのほか、夏は敷地内中心地から20km先のブラックフット川近くに用意されたキャンプ村をオープン。高級ホテル並みのテント生活を送りながらアメリカ有数の大自然を満喫しましょう。

詳しくはコチラ

10.
SHER BAGH

インド・ラジャスタン州

同じくインドはラジャスタン州からもう1軒。ランタンボア国立公園に隣接する「シェール・バーグ」は、野生動物のドキュメンタリーを撮っている映画監督が営むキャンプ型ホテル。天候さえ悪くなければ、毎日ディナーはキャンプファイヤーを囲み、ほかのゲストとみんなで一緒に。日中に撮影した写真をおつまみに、新たな友達を作るなんていうのも素敵です。

詳しくはコチラ

「Tablet Hotels」。こだわりを持つトラベラーのために、世界の素敵なホテルを厳選した宿泊予約サイト。魅力溢れるホテルや現地の最新情報が満載。https://www.tablethotels.jp/

関連する記事

今はまだ行けないけれど、また海外旅行へ気軽に行けるようになったら、いつかは泊まりたい「世界の憧れホテル」をまとめてみました。ホテルを軸に、旅する国や旅行プ...
海外旅行を諦めるのはまだ早い。体験型オンライン旅行サービス「Travel At Home」なら、お家にいながら世界を旅できる。
京都・河原町の人気ホテル「GOOD NATURE HOTEL」が、アウトドア体験にどっぷり浸れる宿泊プランの予約販売をスタート。
10月より東京も対象となったことでさらなる注目を集めているGo To トラベルキャンペーン。この記事ではGo To トラベルキャンペーンを使っていける京都...
アメリカからはじまり、世界各地で流行の兆しがあるHard Seltzer(ハードセルツァー)。今回はハードセルツァーとは何か、日本上陸しているハードセルツ...
人との交流や旅行が憚れるようになり、「#StayHotel」がムーブメントに。Go To トラベルキャンペーンを使ってお得にホテルに泊まり、非日常体験をす...
カフェの屋根裏からジャングルまで。妄想力をフル活用して、いつか泊まりたい世界のホテルを紹介します。
もうすぐ一周年の「コモ ウマ チャングー」。このホテルの一番の特長は、優美な曲線を描く屋根付きプールがあるペントハウス。バリで優雅な時間を味わう旅を検討し...
東京から2時間以内。2-3日で非日常を過ごせる箱根、軽井沢、湘南、立川、埼玉のこだわりホテルを紹介。2020年にオープンした大注目のホテル5選
アメリカ、ニューヨークを代表する老舗ホテル「ルーズベルトホテル」。約100年ほど、世界中の人に愛されてきたこのホテルが、10月いっぱいで惜しまれつつ閉館に。
ドクターブロナー(DR.BRONNER)の定番商品「マジックソープ」。そのラベルに込められた「想い」とは?
ポルトガル・リスボンにある4ツ星ホテル「Inspira Santa Marta Hotel」。ここはサステイナブルな観光をする上で世界的に有名。2018年...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
魔法瓶のような保温力が持続する「魔法瓶ブランケット」を紹介。これがあれば冬の寒さに負けずにキャンプが楽しめそう。
自宅の庭などでも楽しめるキャンプ&BBQアイテムをまとめてご紹介する。「キャンプ&BBQ」の本格シーズンが到来するも、海や川、山への外出はまだまだ抵抗があ...
BBQやキャンプで盛り上がるスイーツの定番と言えば、焼いたマシュマロをサンドした「スモア」が真っ先に思いつくけど、今年は「バウムクーヘン」で盛り上がろう!
「Recamp」はキャンプ場をサテライトオフィスにする企画「office to go」を立案。その一環として、現在キャンプ場でのテレワークが500円で可能に!
「L-Breath(エルブレス)」のアウトドア用品スポーツナビゲーターが厳選した「防災グッズとして役立つ最新キャンプ用品ランキング」をご紹介。
ポルトガルのポルトにあるブティックホテル「Torel Avantgarde」。テーマは「芸術」。旅行業界のアカデミー賞とも称される「World Luxur...
「TORACO Konohana」はコンテナを利用したホテルです。USJから歩ける距離にオープンです。
軽井沢の地で、料理を作ったり、コワーキングスペースで働いたり、そんな思い思いの旅を実現するホテル「232 work&hotel」をご紹介。
「Airlander 10」は最大5日間も空を飛び回れる航空機です。
2022年3月、岡山県玉野市の「玉野競輪場」に、スタジアム一体型ホテル「KEIRIN HOTEL 10」が開業。
京都の「そわか(SOWAKA)」は、2019年3月にオープンしたモダンホテル。老舗料亭の数寄屋建築をリノベーションした本館は、伝統とモダンを調和させた空間...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第4回は、台湾の老舗ホテル・圓山大飯店の地下に存在する「秘密のトンネル」をご紹介。
特別秀でたモノはない。けれど、歩を進める度に、このホテルの内観は多様で心地いい表情を持っていることに気づかされる。異国の地で抱く冒険心をくすぐってくれるモ...
まずはこちらの写真をご覧ください!いかがでしょう?一見普通のキャンプ風景ですが、何だか妙に豪華にみえませんか?実は「グランピング」とは、アウトドアのスキル...
「第4のワイン」として注目されはじめている「オレンジワイン」はじつはアウトドアに最適なアルコール。ここではその理由と、キャンプとワインを愛するソムリエがオ...
中央アジア・ウズベキスタンやトルクメニスタンを15日間かけてまわるフォトツアーにビックリ。その目玉スポットがスゴいんです。
9月15日、「Hotels.com」が近未来で可能になるだろう宇宙旅行に備えて、宇宙ホテルの宿泊予約を受け付けを開始した。