【第3位には日本の島も!】安藤美冬がオススメする、素敵な「世界の島BEST5」

学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「世界の●●ランキング TOP5」をお送りします!
 今回は、ココにいけば間違いない! 安藤美冬が選ぶ「世界の島(国) BEST5」です。

第5位
“バックパッカーが集まる秘境”
パンガン島(タイ)

まずは、タイにある島から。タイの島といえば、「サムイ島」「タオ島」あるいはレオナルド・ディカプリオ主演の映画『ザ・ビーチ』の舞台になった「ピピ島」あたりが有名ですが、私が1999年に訪れた「パンガン島」も印象深い場所でした。
満月の夜に開催されるレイヴイベント「フルムーン・パーティー」で知られ、世界中からバックパッカーが集まる秘境なのです。
ビーチ沿いのハンモックに揺られながら、日がなぼーーっと過ごす贅沢はいかが。

第4位
“島中に笑顔が溢れる”
トンガ王国

island

第4位は、島国であるトンガ。Wikipediaによると、「南太平洋に浮かぶ約170の島群からなる国家」であり、訪れたのは2000年。当時総務省(現在は内閣府)が主催する国際交流事業「世界青年の船」の寄港地として1日だけの滞在でしたが、トンガの人たちは、はにかみ屋でとても笑顔がチャーミング。素晴らしい場所でした。
旅人への歓待として、「カパ」(祝いの飲み物。白濁していて、味は朝鮮人参をすりつぶしたものを10倍苦くしたような強烈な味……)をおっかなびっくり一気飲みしたのも良い思い出です(笑)

第3位
“通称「神の島」”
久高島(沖縄)

国内からランクインしたのは、「神の島」と称される久高島。沖縄本島から船でわずか25分、数時間もあればすみずみまで見て回れるために日帰りが十分可能です。沖縄本島を訪れるたびに立ち寄っている、私にとってはエネルギーをチャージする場所のひとつです。
琉球の始祖神であるアマミキヨが上陸したとされる島で、北東端にある岬は絶対に訪れたいスポット。おすすめはレンタサイクルでの島内一周。辺り一面サトウキビ畑のあぜ道を走り抜けるのは、気分最高です!

第2位
“猫好きにはたまらない”
ミコノス島 (ギリシャ)

island

2014年9月、地球一周の船旅「ピースボート」の水先案内人(船上で講演する人)として6日間乗船したのち、最後の寄港地として訪れたのがこちらのミコノス島。紺碧の空と海、そして真っ白な建物と風車はあまりにも有名ですが、まるでポストカードの世界に迷い込んだような、隅から隅まで美しい島でした。地中海を一望しながら仲間たちと食べるムール貝の味といったら!
お土産として、ミコノス島名産のスカーフをぜひ。ボーダー柄や色とりどりの無地などバリエーション豊かなスカーフを、真っ白なシャツやワンピースにくるっとひと巻するだけで、大人のマリンルックが完成です。街角に猫がいっぱいいるので、「にゃんこ派」にはたまらないですよ。

第1位
“日本人移住者多数”
カオハガン島(フィリピン)

7c39045609e8ba9010f7be9b7dc75819df607259

フィリピンには7000以上もの島が存在し、その数は世界一だとはご存知ですか? 2014年の年末から英語留学のために過ごしたセブ島では、授業のない週末は様々な島に出かけました。
中でも印象的だったのは、カオハガン島!なんとこの島のオーナーは70歳を過ぎた日本人男性で、20年以上もこちらに住みながら島民たちと暮らしていらっしゃいます。わずか20数年前までは物々交換が主として暮らしていたものの、時代の流れと「教育費」「医療費」などで貨幣が必要に迫られたのを受け、彼は島民を率いて観光業に力を入れてきました。
タペストリーやTシャツなど、島民が手作りするキュートな「カオハガンキルト」や、ビーチが一望できる宿泊施設、日本人の女性アーティストがつくったおしゃれなカフェ、採れたての魚や貝をふんだんに使った食事など、旅行者が満足できる魅力にあふれています。 わずか600人しか住んでいない小さな島ながら、カオハガン島に魅了されて住みつく日本人がいるのもうなづけます。英語留学の際はぜひ訪れてみてください。

沖縄の西表島は、第二次世界大戦の頃までマラリアが蔓延する島であった。1961年に根絶してマラリア問題が解決したあとも、口にすれば死を招く植物はいまだに多い...
沖縄の西表島は、試される島だと思う。今回は、なかでも秘境のルートと呼ばれる「ナーラの滝」へ出かけよう。もっとも有名な「ピナイサーラの滝」へのルートもオスス...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあったこれまでの旅の記憶をひっぱり出して、様々な...
サンゴのかけらでできた奇跡の島。「バラス島」にあるのは、真っ白な砂浜とエメラルドグリーンの海だけです。その光景は、まさに非日常そのもの。日本地図に載ってい...
ブラックやホワイト、ヘザーグレーなどカラバリ豊富で迷っちゃいそうだけど、ランジェリーという視点で選ぶならベビーピンク一択。
テキサス州の犬を連れ込めるバーを中心に、フロリダ州やノースカロライナ州でも提供されている「Good Boy Dog Beer」の紹介です。
ここで紹介するのは、Airbnbで体験できる島旅の中から3つピックアップしたもの。「のんびり、ゆったり、まったり」。波の音でも聞きながら、ビール片手に、い...
新潟県の離島、佐渡島。国際保護鳥のトキ、史跡である佐渡金山、湾内を巡る伝統のたらい舟、酒造見学、海釣り、ダイビング……ざっと考えただけでも行くべきところ、...
7月13日にアメリカ地質調査所は、この火山活動により新たな島がつくられたと発表しました。
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...
東京の下町風情が残る観光地として人気の「台東区・墨田区」。このエリアの「休憩スポット」としておすすめなのが、銭湯。台東区と墨田区を合わせると、50を超える...
ニュージーランドのワイヘケ島は、オークランドから40分でいける島。ワイナリーと海が有名で、景色が最高に綺麗なんです。島の人たちも優しくて、疲れた心を癒して...
世界有数の珊瑚礁に囲まれた沖縄県八重山郡の小浜島。そこは「沖縄でもっともロマンチックなリゾート」と形容されている島でもあります。そんな小浜島にある「星野リ...
サントリーニ島といえば、白と青のコントラストであまりにも有名なギリシャの人気観光地。エーゲ海に囲まれた美しい島を「一度は訪れてみたい!」と思っている人も、...
「星のや竹富島」に泊まってみて、実際に感じたことを書いていく。
世界でも珍しい石灰質の土壌が日本にも数カ所存在していますが、そのうちのひとつが岡山県新見市。同市哲多町にあるワイナリー「domaine tetta(ドメー...
亜熱帯に属する西表島は、自然が猛威を振るい続けたがために、結果として美しい自然を現代に残している。島を巡るための道路は半周しかなく、自然がありのままの姿で...
学生時代からこれまで52カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...
この島では1929年から1944年、あるいは1945年の終戦まで、日本人によって化学兵器「毒ガス」が製造されていた。国際法で禁止されため、製造を隠すために...
米旅行情報誌『Condé Nast Traveler』が主催する「世界最高の島」。およそ77,000人の読者から選ばれた、2015年最も美しい島が決定した...
聞きなれないかもしれないが、「多島美(たとうび)」とは、瀬戸内海など内海に浮かぶ、小さな島々が連なる様子を形容した言葉だ。連なる島々にはそれぞれ魅力がある...
「何にもない」。地方出身者なら、地元のことを一度はこんな風に思ったことがあるんじゃないでしょうか。かくいう私もその一人。だから、福岡県宗像市の大島にある「...
危険すぎて物理的に人間が足を踏み入れることのできない"隔離された場所"』をわんさか見つけてしまいました。今回はその中でも、本当に足を踏み入れることができな...
沖縄県宮古島を拠点にドローン空撮を提供する「Cine Aerial」が、空からしか分からない宮古島の魅力を動画にしました。美しいサンゴ礁、どこまでも続く白...