ココにいけば間違いない!安藤美冬が選ぶ「世界の絶景カフェBEST 5」

学生時代からこれまで52カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「世界の●●ランキングTOP5」をお送りします!
今回は「世界の絶景カフェTOP5(水辺編)」です。


 

第5位
カフェくるくま
(日本・沖縄)

まずは国内から。2013年3月、沖縄国際映画祭に合わせて行われたトークショーに登壇するために訪れた沖縄で、仕事相手の方に連れて行ってもらったカフェがこちら。ドラマのロケにもよく使われるのも納得の、青々として美しい沖縄の海が一望できます。

美味しいと評判のオリジナルカレーはもちろんのこと、デザートメニューもぜひ試してみて。「レモンヨーグルトケーキ」は甘酸っぱくて爽やかな口当たりで、ぺろりといけちゃう逸品でした。

cafe

official HP

第4位
café de jaren
(オランダ・アムステルダム)

2001年8月から約1年間、交換留学生として滞在していたオランダ。通っていたアムステルダム大学のすぐ目の前にあるカフェ「café de jaren」は、レポートを書いたりルームメイトと語らったりと、留学時代の思い出がつまった場所のひとつです。 運河沿いに位置しているため、時々ボートに乗ったお客さんがそのまま岸に乗り付けてコーヒーを楽しむ光景が見られます。 なお、アムステルダムの運河地区は2010年にユネスコ世界遺産に登録されました。

cafeofficial HP 

第3位
ガンジス川沿いのチャイ屋さん
(インド・バラナシ)

2002年の年末に滞在していたバラナシ(ベナレス)はガンジス川沿いにある町で、日本人はもちろん、世界中からバックパッカーが集まってきます。ガンジス川は聖なる川としての信仰の場であり、同時に人々が身体や衣類などを洗う生活の場であり、そしてゴミにまじって動物の死骸も流れている混沌とした場でもあります。 2003年がはじまる朝、そんなガンジス川沿いで出会った名もなきチャイ売りの男性。アツアツのチャイの味は一生忘れられません。

The Ganges River, Varanasi. #hollycity #varanasi #gangesriver #morningceremony #rituels #sunrise #india #travel alaraezgihergunerさん(@alaraezgiherguner)が投稿した写真 -

第2位
THE BEACH BAR
(アメリカ・ハワイ)

これまで3回訪れたハワイで、ダントツお気に入りなのが老舗ホテル『モアナ サーフライダー ア ウェスティン リゾート アンド スパ』内にあるカフェ&バー。ワイキキのビーチもすぐそこ。 樹齢100年のバニヤンツリーの木陰で、お気に入りの小説を読む幸せといったら!きっと、「世界最高の読書体験」ができる場所です。

My "break room". #ilovemyjob #expedia #concierge #moanasurfriderhotel #waikiki #banyantree Lisa Schmidtさん(@hawaiiearthyogini)が投稿した写真 -

  official HP

第1位
SUNSET ASHRAM
(スペイン・イビサ)

第1位に選んだのは、世界を代表するリゾート地・イビサ島にある「SUNSET ASHRAM(サンセット アシュラム)」。2012年8月、当時イビサで DJやクリエイター活動をしていた高城剛さんに連れていってもらったカフェです。 イビサには「世界一のカフェ」として名高い「café del mar(カフェ デル マール)」をはじめ、こうした世界級のカフェがたくさん! 「SUNSET ASHRAM」は特に夕暮れ時が絶景タイムで、中心地からだいぶ距離があるにも関わらず、欧米のヒッピーやリゾート客がこぞって足をのばすのもうなずけます。 空と海の美しさは、思わず歓声をあげてしまうほど。死ぬまでに一度は訪れてほしい!

#ibiza #sunsetashram #sunset #loveibiza #lovecalacompte #myheartisthere @19nadi73が投稿した写真 -

 official HP 

学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあったこれまでの旅の記憶をひっぱり出して、様々な...
約400万円から購入できてしまう「Plús Hús」。現在はアメリカ国内のみの展開ですが、今後日本でも販売されればマイホームを手にするハードルがぐっと下が...
愛知県・瀬戸市にきたら、だいたい宿泊先は「瀬戸パークホテル」になる。そもそも街中に泊まれるホテルが少ないのも理由のひとつだが、深川神社の境内のなかにあると...
「Junebug Weddings」が運営するウェディングフォトコンテスト「Best of the Best Wedding Photo Contest」...
ジュエリーブランドHASUNA創業者の白木夏子さんと、ノマドワーカーの先駆けである安藤美冬さん。「旅をしながら仕事をしている」という共通点を持つ2人は、プ...
私がファンタジーやメルヘンの世界に惹かれてしまうのは、現実では有り得ない「美しすぎる」出来事やシーンに魅力を感じるから。世界を旅する写真家のReuben ...
絶景を見るぞ!と思ったら海外に注目しがちだけど、思い立ったら行けるところもあるようです。
ミシュランガイドに載るほど外国人人気が高いという島根の世界遺産・石見銀山。今年で世界遺産登録10周年を迎え、日本の産業を支えた重要な世界遺産でありながら、...
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
「Surprise Trip Letter(サプライズ・トリップ・レター)」は、まるで海外のような写真が撮れるうえに、その場でプリントアウトして手紙を送る...
アイスランド、アメリカ、ペルーなど、これまで24ヶ国の絶景を撮り続けたTerrenceは、世界を旅するフォトグラファー。どこへ行くにも彼女であるVicto...
世界遺産の上賀茂神社には、神によってもたらされた名水が流れています。その名前は「神山湧水(こうやまゆうすい)」。手水にも使われるこの名水を使ったオリジナル...
旅行者が現地の人から使っていない部屋や空き家を借りることのできるサービス「Airbnb(エアビーアンドビー)」。知らない人を家にあげることに抵抗を示す人も...
福岡県・宗像市にある上陸できない世界遺産「沖ノ島」を最も実感できるものに出会いました。その名も「沖ノ島朱(おきのしまあか)」。沖ノ島朱は、偶然と偶然が重な...
地上600kmから超高解像度の人工衛星で世界各地を撮影すると、どのように見えるのか?ベストセラー『奇界遺産』やテレビ番組『クレイジージャーニー』などで注目...
すりおろしたチーズ、スプーンいっぱいのサワークリーム、そしてピリッとしたシャープさを加えてくれる玉ねぎのピクルスを添えて。
「犬が左膝の匂いを嗅ぐ」「血豆ができる」「ニシンの骨を折る」。世界には、「幸せを招くしるし」がたくさんあります。日々の暮らしに息づいている、気づくと嬉しい...
2016年の秋頃からInstagramで密かに話題になっている絶景があるという。それが、ペルーの「レインボーマウンテン」。その名の如く、虹色に彩られた不思...
これまで50ケ国以上を旅しながらフリーランサーとして取材、執筆、講演活動を行う安藤美冬さんと、シンガポールにも会社を設立し、各地の鉱山と直接取引きをしなが...
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
茨城県ひたちなか市にある「国営ひたちなか海浜公園」は、世界有数の絶景としてしばしば紹介されるほど、国内外問わず人気の場所。ここでは、インスタグラムに投稿さ...
米旅行情報誌『Condé Nast Traveler』が主催する「世界最高の島」。およそ77,000人の読者から選ばれた、2015年最も美しい島が決定した...