世界一美味しい空気が吸える場所「セント・クレア湖」にある水上ホテルが素敵すぎる・・・

静かな湖にポツンと佇む一軒の建物。

7b1d02dd23bb39035d947159e90bac091cb1df5b
Photo by Stu Gibson

ここは、オーストラリア・タスマニア州の中心部。世界遺産「タスマニア原生林」で有名なエリアにある「セント・クレア湖」を写したものです。近くにある「クレイドルマウンテン」とあわせてとても観光客に人気がありますが、訪れる人は決して多くなく、世界一美味しい空気が吸えると言われているのだとか。

以下で紹介するのは、そこに新しくできた宿泊施設について。古い発電所を改築したもので、歴史を感じられる場所でもあるんです。

古い水力発電施設を
「湖上ホテル」に改築!

3bacc9eb029d1c70994a6474f0a85df3a464cdfe
Photo by Stu Gibson

この湖がイギリスからやってきた植民者によって発見されたのは1832年。その後、1940年に政府によって建設された水力発電所がこのホテルの元となった施設です。

F788c60238aebe8e9982c47560dedf53c6dac7b6
Photo by Stu Gibson
Aeb366643a397e74331c79c66263270f3823d973
Photo by Stu Gibson
5d912de03f30f67cd759ea2ac32e0af0fe5c7f96
Photo by Stu Gibson
2bdc43d9103b8084665b7380fb4181d39f563163
Photo by Stu Gibson
9aeb7ed9c30e0621a27e82824c880b15599069b4
Photo by Stu Gibson
8ee50164399eebb079331d515c58bca9c7f551e1
Photo by Stu Gibson
E400dd7da6de61490d871dff5f4055f30110e8bd
Photo by Stu Gibson
0fbd856678a6e0122bcf8f27dc7436bd3ba1c7e9
Photo by Stu Gibson

オーストラリアで最も深い湖として知られ、先住民族アボリジニからは「Leeawuleena(眠れる水)」と呼ばれていたほど静かな場所。水面はまるで鏡。1日を通して移りゆく景色に目を奪われます。

周辺に広がる大自然や動物はもちろん、改築された「Pump House」の中は見もの。

2b8420b9fc00cd981ed3707b29625cc446f95b74
Photo by Stu Gibson

3階・TOP FLOOR (BATH) 。1泊:495ドル(約41,250円)。

56dbb6adf67b7376425ae05a3a3bc744dd5de00f
Photo by Stu Gibson

3階・TOP FLOOR。 1泊:480ドル(約40,000円)。

4078d554d8bc85e03f2142132ef7cf11d75f8446
Photo by Stu Gibson

2階:MIDDLE FLOOR。1泊:460ドル(約38,000円)。

3cdd4b9fa7ca40a8374a39ec7572ed7d498b6966
Photo by Stu Gibson

1階:GROUND FLOOR。1泊:420ドル(約35,000円)。

E53e609c9107bdfd09359ae331646513bfa2b966
Photo by Stu Gibson
C5dd4f8f20e145792e85a5cb5660999564ede719
Photo by Stu Gibson
1c72c83a8eb30213b7249bb5802356f082d6c625
Photo by Stu Gibson
10eda3c15d054972d6098ef53f763409787696f7
Photo by Stu Gibson
3a05136f5584aa0721aa8244fbf3c46b9590c01d
Photo by Stu Gibson
2c8d8528f6b034b4348ebc5347299dbbbdba1e90
Photo by Stu Gibson

そのほか、湖畔に宿泊できる「Shore House」もあります。

こんな場所でゆっくりと時間を過ごしてみたいものですね。残念ながら、「Pump House」の予約は2016年5月ごろまでほぼ満室。夏以降に行く予定がある人は、今のうちにチェックしておいたほうがいいかも。予約はコチラから。

Top Photo by Stu Gibson
Licensed material used with permission by PUMPHOUSEPOINT
島に引き続き、闇スポット第2弾。今回は危険な「湖」をまとめました。全部足を運ぶことはできるけれど、命に関わるので近づかないで、エンタメに楽しんで見てくださ...
ロシアにある「バイカル湖」は、冬になると凍る絶景スポットとしてよく知られています。フォトグラファーのクリスティーナさんは、その上を歩きながらその風景を撮影...
毎シーズン、ボーダーだけでなく魅力的な単色「SOLID」もラインナップされている、〈セントジェームス〉の「ウエッソン」。
オーストラリア南西部のヒリアー湖は、見ての通り珍しいピンク色をした湖。周囲が砂で縁取られており、さらにその周りは木々が生い茂った森になっています。ここで紹...
満員電車に揺られ過ごす毎日。いまの生活に不満や不安を持っている人は、決して少なくないはず。果たしてこれは、自分の望んだ人生なのか。幸せな人生なのか。そんな...
ボリビア・ウユニ塩湖で、鏡張りの水面に立ちたいーーとはいえ、南米は遠すぎる。そんなあなたに朗報です。なんと都内から1時間で行ける場所に、あの「天空の鏡」が...
もうカプセルホテルは日本だけのものじゃない。進化したカプセルホテルがアムステルダムに。若い世代には嬉しい、アプリなどを使ったサービスも。CityHubに泊...
ビーチバケーションも楽しいけれど、もっと落ち着きがある湖畔の宿でゆったり過ごすのも、夏の醍醐味のひとつ。ちょっと離れた場所で人混みを避けて、静かな環境の中...
「死ぬまでに行きたい絶景」として名をはせている、ボリビアのウユニ塩湖。実際に行くのはなかなかに難易度が高いので、今週末は、日本のウユニ塩湖に行ってみません...
南アルプスのふもとにある、大間ダムによってせき止められてできた人工の湖。ここでは、自然の景色とはひと味ちがった絶景が「夢の吊り橋」から楽しめます。
2016年もあっという間に年末ですね。今年も、世界中でたくさんの素敵なホテルが誕生しました。年明けを迎える前に、今年オープンした世界の最新ホテル10軒をご...
滞在先に到着したら、街の美味しいお店で食事をするのが醍醐味の一つかもしれません。でも、最初から美味しい料理が楽しめるホテルを予約するのもアリ!ここでは「T...
キラキラの最新ホテルはもちろん大好きだけれど、独特な個性を放つ、ユニークな歴史を歩んできたホテルの魅力はまたとっておき。長い歴史の中で、様々な物語の舞台と...
愛くるしい歌声と表情で、これまでもたくさんの人たちを魅了してきた、4歳のクレアちゃん。今回のパパとのデュエットもとても可愛らしく、動画の再生回数は約900...
山奥にあるこの小さな村に、どうにかして人を呼び込めないものかと考えて打ち出したのが、有り余っている空き家を宿泊施設にするという『村ごとホテル案』。もともと...
せっかく素敵な環境の中にホテルを造るのなら、やっぱりそのユニークな美しさを上手に引き立ててあげたいもの。オープンエアの要素を取り入れ、周りの景色を室内にも...
スイスのアッペンツェルにある、『Null Stern Hotel(ヌル・スターン・ホテル)』は、見ての通り、壁もないし、天井もない。でも、普通のホテルだっ...
静岡県にある、知る人ぞ知る“秘境駅”が大きな話題になっています。なるほど、確かに写真を見ればそれも納得。この幻想的な光景、なんだか『世界の車窓から』に出て...
打ちっぱなしのコンクリートに、剥き出しのパイプ。ここ数年、そんなインダストリアル要素をデザインに取り入れたホテルが増えました。確かに、味わいのある質感を持...
太陽の光に反射して、湖面が空と“うつし鏡”となる場面を、わざわざ湖に持ち込んだ等身大の鏡を用いて撮影し続ける、地元出身のフォトグラファーMurray Fr...