「最高の景色」にこだわった世界のホテル10軒

寝具やバスアメニティといったゲストルームの設備は当然重要だけれど、いつまでも記憶に残るホテルの客室というと、けっこう外の景色がキーポイントになってくるんです。その土地らしい外の景色があってこそ、客室自体もひとつひとつがユニークになる、というのも事実です。
 
今回は、そんな「周りの景色」を大切に取り込んだホテルを10軒ご紹介。

01.
CEYLON TEA TRAILS

スリランカ・ハットン

スリランカのホテル開拓はずっと、首都コロンボをはじめ海岸線沿いが中心でしたが、旅好きな人ならここ「セイロン・ティー・トレイルス」など、内陸の美にもしっかり触れておきたいもの。海抜高度1.2kmに位置するこのリゾートからは、目下のキャッスルリー・ダムと、辺りを包む世にも美しい田園風景をじっくりお楽しみください。

詳しくはコチラ

02.
ROOMS HOTEL KAZBEGI

ジョージア・ステパンツミンダ

知る人ぞ知るワインの発祥地として、近年特に注目を集めはじめている国、ジョージア。都市部でも郊外でも、目を楽しませてくれる要素がたっぷり溢れています。コーカサス山脈が目の前に広がるここ「ルームス・ホテル・カツベギ」も、ご覧の通り、景色圧巻。壁一面に広がる窓のおかげで、朝目覚めた瞬間から夜眠りに着くまで、その美観を拝むことができます。

詳しくはコチラ

03.
THE FAIRMONT SAN FRANCISCO

アメリカ・サンフランシスコ

老舗高級ホテル「ザ・フェアモント・サンフランシスコ」のゲストルームは、その伝統を覆すことなく、少し残念なくらいクラシカルなラグジュアリー空間です。けれど、それでもやっぱり訪れる人の足が絶えない理由の一つは、ここから眺める景色。一等地ノブヒル地区の高台から、サンフランシスコとゴールデンゲートのパノラマをご堪能あれ。

詳しくはコチラ

04.
VILLA EXTRAMUROS

ポルトガル・アレンテージョ

無駄のないモダニストスタイル建築と、それを引き立てるデザインアクセントが魅力となった「ヴィラ・エストラムーロス」。インテリア鑑賞しているだけでも十分楽しむことができそうですが、丘の上のアライオーロスの村をはじめ、辺りを囲むポルトガルの田園風景をセンス良く縁取る窓に目を向けることもお忘れずに。

詳しくはコチラ

05.
HOTEL ON RIVINGTON

アメリカ・ニューヨーク

観光客が思い描く典型的なマンハッタンの街並みといえば、タイムズスクエアをはじめとするミッドタウンの高層ビル街でしょうか。でも、お洒落なニューヨーカーが集まるダウンタウンを滞在拠点にするなら、「ホテル・オン・リヴィントン」へ。背が低い建物が多いエリアだけに、視界を邪魔するものも少なく、スカイラインや橋など、この街ならではの景色が一望できます。

詳しくはコチラ

06.
THE TWELVE APOSTLES HOTEL

南アフリカ・ケープタウン

南アフリカのケープタウンは、ただでさえ美しい町として有名だけれど、ここ「ザ・トウェルブ・アポストロス・ホテル」は、そんな周囲の自然美をさらに見事に演出する一軒。一方に大西洋、もう一方にはテーブル山と、このホテルの名前の所以となったトウェルブ・アポストロス山脈が広がり、見渡す限り素晴らしい自然が目に飛び込んできます。

詳しくはコチラ

07.
YURBBAN TRAFALGAR HOTEL

スペイン・バルセロナ

「でも、やっぱり都会の屋上が好き!」という人にお勧めしたいのは、バルセロナの「ユルバン・トラファルガー」。必ずしも大きいとは言えないサイズの屋上ですが、近くのカタルーニャ広場の喧騒を離れ、浅いプランジプールで足を泳がせながら、爽やかなカクテル片手にちょっと不思議なこの街を眺めてください。

詳しくはコチラ

08.
THE VINES RESORT & SPA

アルゼンチン・メンドーサ

メンドーサから南へ1時間半。ウコ・ヴァレーは近年、注目のワイン産地として賑やかになってきました。もちろん景色も魅力的。「ザ・ヴァインズ」では、遠くに広がるアンデス山麓と、その手前のぶどう園の牧歌的な姿を、客室を出ることなく拝むことができます。この素晴らしい景色をつまみに、自慢のワインをたっぷり味わいましょう。

詳しくはコチラ

09.
ATHENSWAS

ギリシャ・アテネ

「アセンズワズ」は、“was”と過去形動詞を名前に取り込みながらも、モダンで、国際的かつ前衛的な現在進行形のアテネの姿を反映したホテル。客室によっては、窓からアクロポリスの丘を眺めることができ、古のギリシャを夢見るのにぴったり。街向きの部屋に当たっても、屋上のテラスに足を運べばご覧の通り、ご利益ありそうな景色にあやかれます。

詳しくはコチラ

10.
MANDARIN ORIENTAL TOKYO

日本・東京

喧騒溢れる地上にいると、東京がどれだけの大都会か忘れてしまいがち。でもそんな時は、日本橋の「マンダリン・オリエンタル」へ。建物の38階より上がホテルとなっているから、どのフロアからも納得の景色が見られるのは当たり前。そのスケールを改めて確認すると、見慣れた街が急にエキゾチックに感じられそうです。

詳しくはコチラ

ホテルになるべくして造られた新築の建物の中にも、あなたのお気に入りはあるはず。でも、もともと異なる目的で使われていた既存の建物を、ホテルとして生まれ変わら...
せっかく素敵な環境の中にホテルを造るのなら、やっぱりそのユニークな美しさを上手に引き立ててあげたいもの。オープンエアの要素を取り入れ、周りの景色を室内にも...
「子連れで楽しめる」を特徴として押し出す宿泊施設がある一方、「子ども禁制」をウリにするところも世の中にはありまして。もちろん、差別だなんだという話でないこ...
もし日本に暮らす私たちが、ラグジュアリーホテルを楽しむとしたら──。その舞台としてポピュラーなのは、いつだって東南アジアだった。だからこそ、この「Tabl...
仲の悪い関係が続いているラッパーの50セント(50 Cent)とジャ・ルール(Ja Rule)。彼らのビーフはアメリカのメディアで度々取り上げられるのです...
「カランダッシュ」は、エスプレッソマシンメーカー「ネスプレッソ」の「セカンドライフプロジェクト」のパートナーとして、「849 カランダッシュ+ネスプレッソ...
2016年もあっという間に年末ですね。今年も、世界中でたくさんの素敵なホテルが誕生しました。年明けを迎える前に、今年オープンした世界の最新ホテル10軒をご...
打ちっぱなしのコンクリートに、剥き出しのパイプ。ここ数年、そんなインダストリアル要素をデザインに取り入れたホテルが増えました。確かに、味わいのある質感を持...
春は出会いの季節。老若男女あらゆる人と、おしゃべりをする機会も多いことでしょう。誰もがわくわくする話題に事欠きたくないあなたへ、特別な「地ビール」の情報を...
ビーチバケーションも楽しいけれど、もっと落ち着きがある湖畔の宿でゆったり過ごすのも、夏の醍醐味のひとつ。ちょっと離れた場所で人混みを避けて、静かな環境の中...
“パティスリー界のピカソ”と称賛されるピエール・エルメさんがやってくれました。二重橋スクエアにオープンした<Made in ピエール・エルメ>の缶詰。酒の...
滞在先に到着したら、街の美味しいお店で食事をするのが醍醐味の一つかもしれません。でも、最初から美味しい料理が楽しめるホテルを予約するのもアリ!ここでは「T...
インターネットなしでは、もうまともな生活ができないかもしれない…なんて思うことはあるけれど、たまには完全に離れてみるのもなかなかいい。高速インターネット環...
レストランの中には、その土地のユニークな個性を表現する手段として存在する場所もあります。ここで紹介するような、地元の食材をゲストの口元へと届けるべく努力を...
キラキラの最新ホテルはもちろん大好きだけれど、独特な個性を放つ、ユニークな歴史を歩んできたホテルの魅力はまたとっておき。長い歴史の中で、様々な物語の舞台と...
イケメンと動物の最高ショットはもちろんのこと、今年も売り上げは野生動物保護のために寄付される予定!
友達とわいわい、または大切な人とロマンチックに、大自然の中へキャンプに出かけるのは楽しそうだけれど、ポールを組み立ててテントを張ったり、背に木の根や石ころ...
「Airlander 10」は最大5日間も空を飛び回れる航空機です。
桜の便りが届くこの時期になると、ふと南仏の丘に咲く、うすべに色のアーモンドの木立の中を、ヴィンテージのオープンカーで通り抜ける。そんな自分を夢見てしまうこ...
「シチリアを見ずしてイタリアに行ったことがあるとは言えない。シチリアにこそ、すべてに対する鍵があるのだから」
「Pricerooms.com」は、旅行する際、徹底的に安いホテルを探したい人向け。予約を済ませた後もさらにお得なプランを探し続けてくれるんです。
今から紹介するホテルを誰よりも一番オススメしたいのは、現実逃避したい人。現実からの逃亡先にぴったりなんです。それは、ノルウェーの北極圏の島Fleinvae...
夏もすっかり過ぎて、外の空気がクールダウンしてきたら、今度はちょっと知的な読書の秋を楽しみましょう。丸一日、読書に没頭するもよし。または、逸品カクテルで喉...
もうカプセルホテルは日本だけのものじゃない。進化したカプセルホテルがアムステルダムに。若い世代には嬉しい、アプリなどを使ったサービスも。CityHubに泊...