そこに住んでいるかのような気分になれる「邸宅ホテル」を集めてみました

本当に完成度の高いホテルを訪れると、見知らぬ人が手がけているのにも関わらず、瞬時に旅の疲れを癒し、ほっと心を落ち着かせてくれるもの。いつもとは違う空間でも、住んでいるかのように自由に楽しめる場所です。ゲストはやはり購買客ではなく、滞在客。

今回は、アットホームに滞在を楽しむことができる邸宅ホテルを紹介したいと思います。

01.
ETT HEM

スウェーデン・ストックホルム

「エット・ヘム」とは、スウェーデン語で“家”を意味しているのだそう。とあれば当然、アットホームな空間を期待してしまいます。レンガや木材が温かい雰囲気を醸し出し、イルサ・クロフォードが手がけた12部屋の客室はどれも、ヴィンテージ調のエレガントさと典型的な北欧の温和さを併せ持ち、ひとつひとつデザインが異なります。

朝はキッチンの大きな共用テーブルでスタート。チェックアウトの頃には、スタッフやほかのゲストとファーストネームで呼び合うようになっていても不思議はありません。

詳しくはコチラ

02.
OLD PARSONAGE HOTEL

イギリス・オックスフォード

著名大学のキャンパスからほんの数歩のところにある、この古い建物。一歩足を踏み入れると、歴史を感じさせる石造りの外観とは対照的に、都会的でコンテンポラリーな空間がゲストを迎え入れてくれます。

書斎があったり、公共スペースには額入りの肖像画や、座り心地抜群のソファや椅子がたくさん。目を楽しませてくれる要素も多く、長時間過ごしても飽きません。見事なお手前で用意された紅茶を口に運びながら、ゆったりそのデザインとディテールを取り込みましょう。なにも急ぐことはありません。

詳しくはコチラ

03.
BUSUE, A BOUTIQUE EXPERIENCE HOTEL

メキシコ・メキシコシティ

かつてから、メキシコシティのインテリ系やハイソな人たちが集まるエリアとして知られてきたポランコ地区。そこにある大邸宅を利用した全11部屋の宿「ブスエ」は、やっぱりプライベート感たっぷりで、とにかくエレガント。閑静でセンス良く、目ぬき通りからほんの数歩という、ポランコならではの贅沢な条件がすべて揃ったスポットです。

できれば上層フロアの客室を予約。たっぷり差し込む自然光が、木材の梁や鉄細工のディテールを照らし出す、ロマンチックで優しい空間をお楽しみください。

詳しくはコチラ

04.
COPPOLA JARDIN ESCONDIDO

アルゼンチン・ブエノスアイレス

「ここはフランシス・F・コッポラ監督の秘密のガーデンです」と一言説明して、あとはみなさんのご想像にお任せしてしまいたいところですが、広々としたこのタウンハウスには、あまりに素敵なディテールが多すぎて、やっぱりちょっと説明せずにはいられません。

ガーデンというだけあって、みずみずしい緑に溢れているのは当然。中にはペルー産のカーペットや、アルゼンチン北部の民族品といった、目を引くアクセントが至るところに置かれた素朴な隠れ家です。まさに映画のセットのようなこの空間で、大切なあの人と読書とマルベックを楽しむ旅、なんていかがでしょう。

詳しくはコチラ

05.
PRIVATE MANSIONS HOTEL

オランダ・アムステルダム

ちょっとSFっぽささえ感じさせる、どこか不思議なアンティークの調度品が所々で目に入る「プライベート・マンションズ・ホテル」。客室数はたった2つで、選択肢は15世紀の女性修道院を改造したアパルトマンと、すぐ近くにある“シークレット・チャペル”。

なんとも秘密めいたその雰囲気をさらに盛り上げるのは、世にも珍しいピアノや、目を見張る石造りのインテリアアクセント。ラテン語の彫り込みが入った大理石の柱など、ミステリアスな小説に出てきそうなお屋敷で、いつもとは違うアットホーム体験を。

詳しくはコチラ

Tablet Hotelsこだわりを持つトラベラーのために、世界の素敵なホテルを厳選した宿泊予約サイト。魅力溢れるホテルや現地の最新情報をお届けします。https://www.tablethotels.jp/

他の記事を見る
ポルトガルのポルトにあるブティックホテル「Torel Avantgarde」。テーマは「芸術」。旅行業界のアカデミー賞とも称される「World Luxur...
リアドは「中庭付きの邸宅」、あるいは「緑のある家」という意味のアラビア語。かつての上流階級が建てたものだが、「使いにくい」という理由である時期は放置されて...
もうカプセルホテルは日本だけのものじゃない。進化したカプセルホテルがアムステルダムに。若い世代には嬉しい、アプリなどを使ったサービスも。CityHubに泊...
「Pricerooms.com」は、旅行する際、徹底的に安いホテルを探したい人向け。予約を済ませた後もさらにお得なプランを探し続けてくれるんです。
香港の街で目にする、養生シートがかけられた工事中の高層ビルを「繭」と称する米写真家Peter Steinhauerさん。その姿に魅了され、工事中のビルばか...
ドバイのデザイン事務所「Tinkah」が作ったコーヒーカップ。4個セットで約2万円(650AED)。少々高い気もしますが、大切な人へのプレゼントとしておす...
山奥にあるこの小さな村に、どうにかして人を呼び込めないものかと考えて打ち出したのが、有り余っている空き家を宿泊施設にするという『村ごとホテル案』。もともと...
アメリカ・ルイジアナ州ニューオーリンズの1860年代に建てられた教会が、ホテル「Hotel Peter & Paul」として生まれ変わりました。
「TORACO Konohana」はコンテナを利用したホテルです。USJから歩ける距離にオープンです。
マリオット・インターナショナルが展開する『モクシー・ホテル』が、東京と大阪にオープン。ミレニアル世代が「めいっぱい楽しめる」このホテル。あらためて、その魅...
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
淡いピンク色を基調にした屋外プールがかわいい「Paradiso Ibiza Art Hotel」。インテリアデザインも特徴的で、ホテル内の至るところがフォ...
スイスのアッペンツェルにある、『Null Stern Hotel(ヌル・スターン・ホテル)』は、見ての通り、壁もないし、天井もない。でも、普通のホテルだっ...
いかだの原理を活用したホテル。湖、森、陽の光などの自然を、部屋を離れることなく満喫できます。
総工費約3380億円ともいわれる、UAE・アブダビのホテル『エミレーツ・パレス』。ホテルというより、その名の通り「宮殿」のような超豪華な施設は、宿泊者でな...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第4回は、台湾の老舗ホテル・圓山大飯店の地下に存在する「秘密のトンネル」をご紹介。
ビーサンの代わりに履きたい「雲駄-unda-」。これ、雪駄とスニーカーのマッシュアップです。今日からクラウドファンディングサイト「makuake」にて資金...
ジョージアの首都トビリシにあるホテル「Stamba Hotel」は、旧ソ連時代、国内初の共産主義の新聞を刊行したこともあるという印刷会社でした。当時の素材...
木の上につくられていている「Treehotel」は、見た目が鳥の巣やUFOのようだったり様々。泊まっても見ていてもワクワクします。
カナダのケベック・シティにある「Hotel de Glace」は、毎年テーマが変わるアイスホテル。前回の冬、2018年のテーマはサーカスでした。2019年...
打ちっぱなしのコンクリートに、剥き出しのパイプ。ここ数年、そんなインダストリアル要素をデザインに取り入れたホテルが増えました。確かに、味わいのある質感を持...
2016年もあっという間に年末ですね。今年も、世界中でたくさんの素敵なホテルが誕生しました。年明けを迎える前に、今年オープンした世界の最新ホテル10軒をご...
新進気鋭のアーティストが手がける作品に彩られた「アートホテル」。ここに宿泊するだけで、誰でもアーティストのパトロンになれるーー。そんな新しいビジネスモデル...
「中庭付きの邸宅」、「緑のある家」という意味のアラビア語であるリヤド。モロッコの上流階級が建てたリヤドは、今宿泊施設となって、多くの観光客を楽しませていま...