そこに住んでいるかのような気分になれる「邸宅ホテル」を集めてみました

本当に完成度の高いホテルを訪れると、見知らぬ人が手がけているのにも関わらず、瞬時に旅の疲れを癒し、ほっと心を落ち着かせてくれるもの。いつもとは違う空間でも、住んでいるかのように自由に楽しめる場所です。ゲストはやはり購買客ではなく、滞在客。

今回は、アットホームに滞在を楽しむことができる邸宅ホテルを紹介したいと思います。

01.
ETT HEM

スウェーデン・ストックホルム

223bfbf3ae655e587aba285475002775bc9cf196

「エット・ヘム」とは、スウェーデン語で“家”を意味しているのだそう。とあれば当然、アットホームな空間を期待してしまいます。レンガや木材が温かい雰囲気を醸し出し、イルサ・クロフォードが手がけた12部屋の客室はどれも、ヴィンテージ調のエレガントさと典型的な北欧の温和さを併せ持ち、ひとつひとつデザインが異なります。

朝はキッチンの大きな共用テーブルでスタート。チェックアウトの頃には、スタッフやほかのゲストとファーストネームで呼び合うようになっていても不思議はありません。

詳しくはコチラ

02.
OLD PARSONAGE HOTEL

イギリス・オックスフォード

Bbc465095b7aee9060b6a223905d03ed17d6c3d4

著名大学のキャンパスからほんの数歩のところにある、この古い建物。一歩足を踏み入れると、歴史を感じさせる石造りの外観とは対照的に、都会的でコンテンポラリーな空間がゲストを迎え入れてくれます。

書斎があったり、公共スペースには額入りの肖像画や、座り心地抜群のソファや椅子がたくさん。目を楽しませてくれる要素も多く、長時間過ごしても飽きません。見事なお手前で用意された紅茶を口に運びながら、ゆったりそのデザインとディテールを取り込みましょう。なにも急ぐことはありません。

詳しくはコチラ

03.
BUSUE, A BOUTIQUE EXPERIENCE HOTEL

メキシコ・メキシコシティ

F1e7c512a530dd4fbc1da83869e8bf3b9ca13567

かつてから、メキシコシティのインテリ系やハイソな人たちが集まるエリアとして知られてきたポランコ地区。そこにある大邸宅を利用した全11部屋の宿「ブスエ」は、やっぱりプライベート感たっぷりで、とにかくエレガント。閑静でセンス良く、目ぬき通りからほんの数歩という、ポランコならではの贅沢な条件がすべて揃ったスポットです。

できれば上層フロアの客室を予約。たっぷり差し込む自然光が、木材の梁や鉄細工のディテールを照らし出す、ロマンチックで優しい空間をお楽しみください。

詳しくはコチラ

04.
COPPOLA JARDIN ESCONDIDO

アルゼンチン・ブエノスアイレス

B89c78a823d309018541a615cdd187ca97fd84be

「ここはフランシス・F・コッポラ監督の秘密のガーデンです」と一言説明して、あとはみなさんのご想像にお任せしてしまいたいところですが、広々としたこのタウンハウスには、あまりに素敵なディテールが多すぎて、やっぱりちょっと説明せずにはいられません。

ガーデンというだけあって、みずみずしい緑に溢れているのは当然。中にはペルー産のカーペットや、アルゼンチン北部の民族品といった、目を引くアクセントが至るところに置かれた素朴な隠れ家です。まさに映画のセットのようなこの空間で、大切なあの人と読書とマルベックを楽しむ旅、なんていかがでしょう。

詳しくはコチラ

05.
PRIVATE MANSIONS HOTEL

オランダ・アムステルダム

85299b760d6677ecac7b1b1661b2b5a6c0b1ad26

ちょっとSFっぽささえ感じさせる、どこか不思議なアンティークの調度品が所々で目に入る「プライベート・マンションズ・ホテル」。客室数はたった2つで、選択肢は15世紀の女性修道院を改造したアパルトマンと、すぐ近くにある“シークレット・チャペル”。

なんとも秘密めいたその雰囲気をさらに盛り上げるのは、世にも珍しいピアノや、目を見張る石造りのインテリアアクセント。ラテン語の彫り込みが入った大理石の柱など、ミステリアスな小説に出てきそうなお屋敷で、いつもとは違うアットホーム体験を。

詳しくはコチラ

Tablet Hotelsこだわりを持つトラベラーのために、世界の素敵なホテルを厳選した宿泊予約サイト。魅力溢れるホテルや現地の最新情報をお届けします。https://www.tablethotels.jp/

リアドは「中庭付きの邸宅」、あるいは「緑のある家」という意味のアラビア語。かつての上流階級が建てたものだが、「使いにくい」という理由である時期は放置されて...
もうカプセルホテルは日本だけのものじゃない。進化したカプセルホテルがアムステルダムに。若い世代には嬉しい、アプリなどを使ったサービスも。CityHubに泊...
山奥にあるこの小さな村に、どうにかして人を呼び込めないものかと考えて打ち出したのが、有り余っている空き家を宿泊施設にするという『村ごとホテル案』。もともと...
「Amphibio」は、デザイナー亀井潤氏によって開発された人間用のエラ。地球温暖化により、人類が地上に住めなくなったシーンを想定して作られているとのこと。
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
マリオット・インターナショナルが展開する『モクシー・ホテル』が、東京と大阪にオープン。ミレニアル世代が「めいっぱい楽しめる」このホテル。あらためて、その魅...
スイスのアッペンツェルにある、『Null Stern Hotel(ヌル・スターン・ホテル)』は、見ての通り、壁もないし、天井もない。でも、普通のホテルだっ...
2016年もあっという間に年末ですね。今年も、世界中でたくさんの素敵なホテルが誕生しました。年明けを迎える前に、今年オープンした世界の最新ホテル10軒をご...
打ちっぱなしのコンクリートに、剥き出しのパイプ。ここ数年、そんなインダストリアル要素をデザインに取り入れたホテルが増えました。確かに、味わいのある質感を持...
新進気鋭のアーティストが手がける作品に彩られた「アートホテル」。ここに宿泊するだけで、誰でもアーティストのパトロンになれるーー。そんな新しいビジネスモデル...
お茶は精神世界とつながっている。よくこんな表現がされますが、お茶を飲むことが私たちの創造力に磨きをかけてくれるという研究結果が出たようです。Valerio...
「中庭付きの邸宅」、「緑のある家」という意味のアラビア語であるリヤド。モロッコの上流階級が建てたリヤドは、今宿泊施設となって、多くの観光客を楽しませていま...
NYの有名ホテルチェーン「ACE HOTEL」のロビーでは、クリエイターやノマドワーカー、スタートアップ企業たちが仕事をしているらしい。日本でもそんな新し...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第4回は、台湾の老舗ホテル・圓山大飯店の地下に存在する「秘密のトンネル」をご紹介。
一人で行くならあまりこだわらないけれど、ふたりで行くなら宿泊先は重要。スウェーデン北部のJukkasjärviにある「ICEHOTEL」は、そのすべてが雪...
京都市内に町家ホテルは数あれど、ここMAGASINN KYOTO(マガザン キョウト)は、他とは一線を画していると断言できます。その理由は「編集できるホテ...
現代日本が抱える少子高齢化、人口減少に直面した社会環境がイタリアにもあるそうだ。過疎化が進む農村や山間部の集落は空き家であふれ、地域再生やまちづくりが急務...
長年にわたり世界中の「お酢」を探求してきた専門家が語る、お酢の魅力。
フロントで出迎えてくれるのは、1人の女性と2匹の恐竜。なるほど、もう既にヘンだ。しかも、唯一“まとも”だと思っていた女性も、実はロボットというオチ──。こ...
ここは兵庫県篠山市。約400年の歴史を持ち、国の史跡に指定されている篠山城の城下町であるこの場所に、ぜひ訪れてみたい独創的なコンセプトのホテルがあります。
キラキラの最新ホテルはもちろん大好きだけれど、独特な個性を放つ、ユニークな歴史を歩んできたホテルの魅力はまたとっておき。長い歴史の中で、様々な物語の舞台と...
ホテルブッキングアプリ「As You Stay」が、ユーザー体験による独自調査をもとに未来のホテルのあり方を大胆予測。今後どこまでこれに近づくかは別として...
ジョージア(旧グルジア)とロシアの国境をまたぐ、コーカサス山脈に位置するGudauri山は、隣国からスキーリゾート客が訪れる冬場の観光地らしい。この山の中...
ここで紹介する「hanare」は、これまでにない斬新なコンセプトが話題の宿泊施設。単に一つの建物に完結したものではなく、東京・谷中のまち全体を大きなホテル...