「見てるだけで行きたくなる!」 モロッコの邸宅ホテル4選

「中庭付きの邸宅」、「緑のある家」という意味のアラビア語であるリヤド。モロッコの上流階級が建てたリヤドは、今宿泊施設となって、多くの観光客を楽しませています。

モロッコの都市、フェス旧市街に数あるリヤドのなかでも、厳選した4件を紹介。フォトジェニックなその佇まいは、旅への衝動を駆り立ててくれます。

01.
ファーストチョイスは、
王道にして老舗
『ラ メゾン ブルー』

有名な法律家の邸宅を改築した高級リヤド。築100年を超えるフェス屈指のリヤドは、重厚感のある内装で、部屋も落ち着いた雰囲気が漂う。

また、本館とは別に、少し離れたところに屋内プールとスパを備えたアネックスにも泊まれる。ブッキング・ドットコムでは予約不可。予約は本館、アネックスともに英語の公式ホームページからとなる。
www.maisonbleue.com

02.
広々とした中庭と
センス抜群の調度品
『リヤド ダール タフィラ ルト』

パティオと呼ばれる中庭がとりわけ広く、美しい。日中は太陽の光が、暗くなってからは水まわりにおかれたキャンドルが、館内を神秘的に照らす。全体的には白を基調とつつ、各部屋は個性的な色で装飾されているので、予約の際は自分の好みの色を探してみて。

家具や調度品はセンス抜群。マッサージルームとハマムもあり、別料金だが宿泊者は割引になる。予約、詳細はブッキング・ドットコムからでも可能。「Riad Dar Tafilalet」で検索。
www.riadtafilalet.com/

03.
屋上のテラスから
旧市街を望む
『リヤド ダール アッシア』

調度品にこだわりながらも、全体的に落ち着いた内装のリヤド。屋上のテラスからは旧市街が望めるのもポイントが高い。部屋ごとに少しずつ違う雰囲気も楽しみだ。予約、詳細はブッキング・ドットコムからでも可能。「Riad Dar Assia」で検索。

04.
緑豊かなオアシスには
読書専用スペースまで!
『レ ジャルディン デス ビエン』


共有スペースが広く、レストランや読書専用スペースまで完備。部屋は一つひとつが独立していて、専用ヴィラのような仕様に。予約、詳細はブッキング・ドットコムからでも可能。「Le Jardin Des Biehn」で検索。


そのほかのモロッコの記事はコチラ

All Photo by Dan Imai
Licensed material used with permission by 『トリコガイド モロッコ』

リアドは「中庭付きの邸宅」、あるいは「緑のある家」という意味のアラビア語。かつての上流階級が建てたものだが、「使いにくい」という理由である時期は放置されて...
もうカプセルホテルは日本だけのものじゃない。進化したカプセルホテルがアムステルダムに。若い世代には嬉しい、アプリなどを使ったサービスも。CityHubに泊...
Jamieさんは、モロッコまで飛び、「Anfa riders」というカサブランカのモーターギャングの日常を、動画におさめました。
近年、旅好きの間で人気のモロッコ。東洋とも西洋とも違う文化を感じる町並みや世界遺産に広大な砂漠、さらにはタジン鍋に代表されるモロッコ料理に可愛い雑貨と、と...
オーストラリアのビーチスポット、バイロンベイで暮らすジャックとマリーのアウトドアやカフェ、自然が中心のライフスタイルをイメージしたブランド「JACK & ...
都合の良いお洒落と恋を楽しむ架空の都市のようなコンセプトは、そのほかの作品も同様にあります。
モロッコの都市マラケシュのメディナ(旧市街)の西側にあるのが、ジャマ エル フナことフナ広場。モロッコ旅のトップ・エクスペリエンスだ。夜は巨大なディナー会...
本当に完成度の高いホテルを訪れると、見知らぬ人が手がけているのにも関わらず、瞬時に旅の疲れを癒し、ほっと心を落ち着かせてくれるもの。いつもとは違う空間でも...
一人で行くならあまりこだわらないけれど、ふたりで行くなら宿泊先は重要。スウェーデン北部のJukkasjärviにある「ICEHOTEL」は、そのすべてが雪...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第4回は、台湾の老舗ホテル・圓山大飯店の地下に存在する「秘密のトンネル」をご紹介。
ミントタブレット、適当に選んでませんか?
ヨーロッパの人々にとってモロッコは極めてメジャーな存在だ。スペインからジブラルタル海峡を挟んで僅か14kmの所に位置するこの国は、「手軽に異国情緒を味わえ...
「Truck Surf Hotel」という移動式ホテルの利用者は、ポルトガルもしくはモロッコの海を転々として、その場でサーフィンができる。
山奥にあるこの小さな村に、どうにかして人を呼び込めないものかと考えて打ち出したのが、有り余っている空き家を宿泊施設にするという『村ごとホテル案』。もともと...
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
クラウドファンディングで資金調達をはじめて、たったの45分で目標額に達したドローン「Spry」。
打ちっぱなしのコンクリートに、剥き出しのパイプ。ここ数年、そんなインダストリアル要素をデザインに取り入れたホテルが増えました。確かに、味わいのある質感を持...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
モロッコの革製の履物「バブーシュ」について。さまざまな情報が断片的に載っているけれど、どこよりもまとまってる自信、アリマス!バブーシュとは、カカトが折れて...
本場モロッコでは「そんなに?」と思う高さから注がれるミントティ。角砂糖をたっぷり入れて飲む不思議な味に、旅行者は戸惑いつつも、モロッコを離れる頃には名残り...