ひとり旅で行っても、まったく退屈しない街「4選」

2017年、あなたはどんな目標を立てていますか?ジムに通う、ダイエットをする、ヨガをはじめる…そんな意識の高い目標もいいですが、本当の心の声に耳を傾けてみると、ちょっと疲れている自分がいませんか?

たまには視点を変えて、ふらっと「ひとり旅」なんてどうでしょう。「Elite Daily」のライターKylie Stigar-Burkeさんがまとめた、ひとりで行っても楽しめる街。魅力的な旅行先を見ていたら、新たな今年の目標が決まるかもしれません。

01.
フローニンゲン
(オランダ)

フローニンゲンは、ひとり旅をするなら必ず訪れたい場所のひとつ。ハッピーな若者たちであふれる大学街としても有名です。街にはたくさんのお洒落なカフェがあるので、そこでのんびり読書をしてもよし。歴史に興味があるならオランダで4番目に高いマティーニ・タワーや、1226年に建てられた伝統あるAa kerk教会へ行ってみるのもいいでしょう。

それに飽きたら、今度は大学が立ち並ぶ界隈へぶらり。若者が多いだけあって、夜はクラブやバーでナイトライフも充実しています。この街はひとり旅の寂しさなんて感じさせないくらい活気でいっぱいです。

02.
ルーアン
(フランス)

パリでもカンヌでもノルマンディーでもない、フランスの小さな街ルーアン。小さくても見所はたくさんあります。アートや歴史、宗教に興味があるならルーアンへのひとり旅はもってこい。見所はなんといっても、ジャンヌ・ダルクが火あぶりにされた最後の地。その他にも新石器時代や海賊が活躍した時代のものなどがあり、歴史への好奇心がくすぐられます。

さらに忘れてはいけないのが、モネが描いた「ルーアン大聖堂の連作」。朝、昼、夕方、夜と異なる時間にルーアン大聖堂に当たる光を、見事に描き分けた印象派の傑作です。

夜はホテルの自室でゆったりおいしいワインを楽しみながら、映画を見てリラックスタイム。ひとり旅の醍醐味、自由気ままな時間が味わえます。

03.
シアトル
(アメリカ)

シアトルはワクワクする場所がぎゅっと詰まった街。これほどいろいろな国の文化が集まっている場所はないでしょう。

朝はスターバックス本店でコーヒーを楽しんで、パイク・プレイス・マーケットでサンドイッチを頬張る。マーケットにはユニークなお店がたくさん立ち並んでいるので、あなたの好奇心を刺激してくれること間違いなし。近くにシアトル美術館もあるので、ぜひとも立ち寄りたいところ。

シアトルでの移動はCar2goというカーシェアリングサービスがオススメ。アルカイビーチへ行くのも、オリンピック国立公園へ行くのもこれを使えば楽に移動できます。さらに地元の人と話したくなったら、思い切って政治集会に参加してみるのもいいかも。シアトルでは政治集会が盛んに行われるので、滞在期間中にも開かれているかもしれません。

04.
アントワープ
(ベルギー)

チョコレートやワッフルなど、おいしいものでも有名なベルギー。開催されている数々のフェスティバルは、あなたのひとり旅を最初から最後までパラダイス気分で満たしてくれます。

歴史的な外観のアントワープ駅が見えるホテルに泊まって、朝はゆっくり泡風呂につかりながら贅沢な気分に浸りましょう。

リラックスした朝を過ごしたあとは、高級ブランドが立ち並ぶショッピング街へ。服に興味があるなら、モード博物館へ行ってもいいかもしれません。アントワープはダイアモンドで有名な街。せっかくですから、街にあるジュエリーショップにも立ち寄ってみては?

ひとり旅の良いところは、誰にも邪魔されずに買い物をできることでもあるんですから。

Licensed material used with permission by Elite daily
他の記事を見る
旅行をした先でマラソン大会に参加する「旅ラン」。海外には面白い場所で走ることができて記念にもなるレースがいろいろあります。そんな中から興味深い4つのレース...
「そうだ、旅に出よう!」と、“思うだけ”の人はたくさんいる。でも、実現している人が世界にはたくさんいる。バンで自由気ままに旅をするSusi Cruzさん。...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
ユナイテッド航空が、ビジネスクラスで提供する機内食を作り続けたシェフによる、40種類の料理のレシピ本を販売開始。
普段はライバルであるはずのNetflixとHulu。その両者のやりとりが、なんか素敵!
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
ひとりレストラン、ひとり映画。自分では快適なつもりでも、「ひとりで海外旅行に行く」って友だちに言ったら、「なんでひとりなの?」と驚かれることも。でもやっぱ...
手掴みでロブスターを丸ごと1匹味わえる原宿で話題のシーフードダイニングCatch the Cajun Seafood〒150-0001 東京都渋谷区神宮前...
パリから北西フランス、または南フランスを巡る旅に出発し、その模様を動画で伝える。現在、そんなフランス旅行の「公式レポーター」を募集するキャンペーンが展開さ...
愛知県犬山市は、そびえ立つ古城が名所の中心である一方、近年はその周りにおしゃれなお店など多様な価値観が出現した。すると面白いことに、歴史コンテンツがまた改...
「Original Travel Company」は、独自の視点で旅をプロデュースしてくれるイギリスの旅行代理店です。
東南アジアで利用度が高い配車アプリ「Grab」。このアプリを使えば、より快適で自由に、そして安心して旅することができます。
次に行きたい旅先は、個人のライフサイクルやステージによって変わるもの。だからこそ、よくある旅のススメだって、それぞれの目的に合わせて細分化される必要があり...
今回は、僕の故郷であるイギリスにおける比較的新しい風習を紹介したいと思います。例えば11月(November)には、口ヒゲを生やして募金活動を行い、男性の...
せっかくの休みなんだから、アジアを飛び越えて、オセアニアまで行っちゃいましょう!
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
行きたいところを自分のペースで周れる「ひとり旅」。大勢で行ったら知り合えなかったかもしれない「仲間」と出会えるのもひとつの醍醐味ですが、女性ひとりで行くと...
旅は、知らない街の文化や風景、雰囲気や空気などにどっぷり浸かることが何よりの醍醐味。中でも、土地によって大きく違って、しかも記憶に強く刷り込まれるのが「香...
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
ハワイ生まれの大学生であるAllison。22歳という年齢で50カ国以上を旅した彼女は、法律事務所で働きながら、SNSのコンテンツ制作の仕事をこなして旅費...