パリの日常には、フォトジェニックがありあまる

誰もが足を運ぶ観光名所が数多ひしめくパリ。ガイドブックに載っているお馴染みの風景に出会えることは、間違いなくこの街を訪れる醍醐味だ。

でも実は、どこを歩いたってこの街は絵になる。大通りに面したビストロから、路地にひっそりと佇む理髪店まで、カラフルで個性豊かな店の外観は、眺めているだけで楽しい気持ちにしてくれる。

絵になる風景が、
そこかしこに。

1389eaf6a56efee36b0d43c9d8e89552d7a42bb20cd2282ed4f004baa3bb9617d6ed390f33f1e24501f2976e2bf5a0c2e07168b2c2aaef6a82caaa9064a5d95e6d37fa04012e81e9f111d7cf96f697f5684d784e87697eb4845d318fc9a14f798048f97615ffd5f4f32a4cdce1289a87b72e47a02bb8000e1825a5ca32921a169de6adc767668804ca3d428d9564e8999b39f7f7ac329d622df3eb843e812c45D08ef06e64c2322b3796aaa6836766a247fb5604E52785856778f061572042cea3262c933dc19bea89e0a57ff6c5ccb8cb373512d78718d9f0c6e5d493bfeb41a1ba00d4cbf0cfa352a9d925d17258daCc855d42867e4c671facd187b89b8eb3e3c69e758e1cdd980dfbfc893215c7792e102d0bcf4687c716282dcf793b57d0917351413784694cda74d3bc30d5233ee30e45638525400f2828f56ab2f72e5b00223fb622506cd66a04330936afe735757fd058C02969b4a6e88de5851acda5e063aa9386ccb3feCb06c74c17246af5a030da16011fc54c0175cc831cecebd1425bd764a3655c6ce3be17b6a6b37fe9E3947f9f8f15f05296f09c529e412a2d534036307034b35e847c8ef24dff1ce700bda830e773e6a8Dbf46539b38cbd5e605b41ed3701a3d089ef0c0cD11055fa10639c9c166be3d013b0a541b700b99d7ee5f98ba54d28b7eebb8b6c4e5ba43c7b05089d85b58f0f2a809f54340248ee3921d2ff8843f6bd9349339bb34a44fc9c20a6987ba019c07c0070f84dc2e97b3f6abc6058c9efb1b1f851181855ce169f346c48f56b4ba99891b9cc06cfa9a9a42827f4

店の外観写真を一気に並べただけなのに、なぜこんなにも惹きつけられてしまうのだろうか。通りを歩けば、ついシャッターを切りたくなる風景に自然と出会えるのが、パリのパリたる所以と言えるかもしれない。

Licensed material used with permission by Pixartprinting
華の都パリ──なんて呼ばれるように、キラキラしていて華やかな面もたくさんあります。でも、それは外側から見るパリの一面にすぎないんじゃないでしょか。パリに住...
パリから北西フランス、または南フランスを巡る旅に出発し、その模様を動画で伝える。現在、そんなフランス旅行の「公式レポーター」を募集するキャンペーンが展開さ...
その街でしか見ることができない光景があるのと同じように、それぞれの土地にしかない象徴的なサウンド。「The Local France」に登場したこの記事は...
近頃よく目にする、世界の様々な街のタイムラプス動画。ここでは花の都・パリが舞台です。登場するのは、ルーヴル美術館や凱旋門など、いわば王道の観光スポットばか...
違法でフランスに滞在していたMamadou Gassamaさん。非難されるべきだった存在の彼は今年、ある出来事がキッカケでなんと国籍を取得するに至りました。
なんてかっこいいアルバムなんだ! って思って、聞きはじめて最初の数秒でもっていかれた。
1803年に創業したフランス・パリの総合美容薬局、『OFFICINE UNIVERSELLE BULY』。夏にオープンしたパリの2号店では、おにぎりを食べ...
先日、パリの街角に赤色の簡易トイレ「Uritrottoir」が設置されました。トイレの排泄物がたまったら、土を混ぜてそのま養土となります。
フランスを旅行中、イイ香りに誘われて「そうだ本場のバゲットを食べてみよう」と店内へ、なんてこともあるのではないでしょうか。でも、ちょっと待ってください。そ...
「Ouzville」は見捨てられてしまったベリルートを再度盛り上げよう!というアートプロジェクトです。
8月下旬にコロナビール主催のスペシャルイベントにご招待いただきました。
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
フランスを旅行中、イイ香りに誘われて「そうだ本場のバゲットを食べてみよう」と店内へ、なんてこともあるのではないでしょうか。でも、ちょっと待ってください。そ...
フランス人グラフィックアーティスト(Vahram  Muratyan)は、パリとニューヨーク(NY)を股にかけて活躍する人。一年の半分ずつを2都市で住み分...
「Original Travel Company」は、独自の視点で旅をプロデュースしてくれるイギリスの旅行代理店です。
リヨンの川やサントロペの海を駆け抜けた水上タクシー「SeaBubbles」。近く、パリにも導入予定らしい。フランスだけでなく、スイスやUAEも興味を示して...
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。
世界へ飛び出して仕事をしてみたい、と考えている人がいるでしょう。しかし、海外在住の人たちがどのように生活しているか…現実は情報も少なく、イメージが湧きにく...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...