飾らない「普段着のパリ」。

華の都なんて呼ばれるように、キラキラしている面もたくさんあります。でも、それは外側から見る一面にすぎないんじゃないでしょうか。

パリに住んでいる人たちの日常はどうなのでしょう。本当の姿を知るには、そこに住む人に話を聞くのが一番。ストリートカメラマンVincent Pfliegerが伝えたいパリは、色鮮やかでリアルでした。

マイ・ホームタウン・パリ

僕は、パリで生まれ25歳までパリで暮らしました。父の部屋で見つけた古いフィルムカメラを持ってパリのストリート写真を撮ったものを紹介します。このカメラで父は、僕が初めて歩いた時の写真も撮ってるんですよ。

670db0df36a4b8de02c3ec34a60a430c62b999f1321914619a395482c59d18b44f897f29d840aa77

普段着のパリを伝えたい

まずはパリの地下鉄をモノクロで撮り始めました。地下鉄の写真はパリの輝かしいイメージとは程遠いものになっています。それから徐々にフィルムが醸し出すアナログの色合いに惹かれていって、ストリートの写真を何時間も撮りました。

“ありのままのパリ”を伝えるため、とにかく注意をひかれたものを撮りまくりました。そして、パリジャンたちのストーリーを繋ぎながら、このポートレートが完成しました。

2f9d1dc7b83244bbfeb4da8553ff247f6786f1ea

上の写真はBolekという路上で本を売る店主。よくパリ10区で見かけますね。彼は熱心に自分の人生について語ってくれました。その大半はちょっとロマンチック過ぎたけれど、ね。 

2年前僕がNYCに旅立つ時には、彼はタランティーノ監督が伝記映画を作りたがっていることを教えてくれたんです。なんで、そんなことまで知っていたんだろう…。

E71a88863f8a3e56064d659143d48f06872aa255

彼らは毎日同じ席に座っているんですよ。タバコを燻らせながら、コーヒーを飲む。これが僕が見せたかったパリそのもの。

パリには、他の大都市と同じように様々な人がいます。恋人たち、世捨て人、パリジャン・ガール、観光客、ホームレスの人……すべての人たちが、パリをパリたらしめています。

916e288a0d94d4248078ccb518f31cd4da7a3ad5B4d0ccc6c855e65e7ee576732012d04abb14df7137ed808b64030ec97f9170d7f4c31861b73d02a6E4db82b48ddd1825f93ec9158270a6643dc63f6c91998990530c78c8cc891aea72e0296aa3fcaef749d74133e90fd5911675357fd05330bb9f18c00e

誰もがパリに華やかなイメージを持っています。だからこそ、このシリーズではそのイメージに合う写真は見せないよう意識しました。

誰でも、エッフェル塔とか歴史的建造物のことは知っている。セーヌ川をロマンチックに散歩できることも有名。こういったイメージのベースは、ウディ・アレンによるものだと思います。そんなパリももちろん実在するんだけど、リアリティには少し欠けているように思えて。 

パリというのは、実は文化のサラダボールで、すごく芸術的で、もっともっと若くて野心に燃えている街。ベルリンやブルックリンに似たところもあるのだけれど、どちらかというと、パリにはボヘミアンな要素が多いんですよ。

8decb520cc75591888d0676176d97f7254eb5997

でも…パリには
もう住まないつもり

2f0bead271885783ea738e6f2d991c43c57b6b99

僕はパリを愛しているし、パリは僕のアイデンティティの一部であり続けると思います。中心地からの郊外への広い並木道や、僕が育った住宅地とかね。友達や家族に会うため、仕事のプロジェクトのために、もう少し頻繁にパリに帰ってこれたらと思っていますが、住むつもりはもうありません。パリには十分暮らしたからね。

Licensed material used with permission by Vincent PFLIEGER
1803年に創業したフランス・パリの総合美容薬局、『OFFICINE UNIVERSELLE BULY』。夏にオープンしたパリの2号店では、おにぎりを食べ...
その街でしか見ることができない光景があるのと同じように、それぞれの土地にしかない象徴的なサウンド。「The Local France」に登場したこの記事は...
パリの一角に突如現れた、ポップなカラーに彩られた空間。よくよく見てみると…なんと、バスケットコートのようです。このアートを手がけたのは、フランスのファッシ...
フランスのイメージは、ロマンスの国。多くのプロジェクションマッピングを手がける、Julien Nonnonの新作もまた「やっぱりパリって、愛の街なんだ」と...
リヨンの川やサントロペの海を駆け抜けた水上タクシー「SeaBubbles」。近く、パリにも導入予定らしい。フランスだけでなく、スイスやUAEも興味を示して...
フランス人グラフィックアーティスト(Vahram  Muratyan)は、パリとニューヨーク(NY)を股にかけて活躍する人。一年の半分ずつを2都市で住み分...
パリにあるCitéInternationale Universitaireの学生寮は、老朽化対策でリノベーションされることになりました。その取り壊し前に、...
世界で若者が暮らしやすい都市のランキングが発表された。トロントにある市場調査会社によって制作されたものだが、そのランキングとは如何に!?第1位は、フランス...
フランスを旅行中、イイ香りに誘われて「そうだ本場のバゲットを食べてみよう」と店内へ、なんてこともあるのではないでしょうか。でも、ちょっと待ってください。そ...
誰もが足を運ぶ観光名所が数多ひしめくパリ。ガイドブックに載っているお馴染みの風景に出会えることは、間違いなくこの街を訪れる醍醐味だ。でも実は、どこを歩いた...
テロの情報を様々なメディアが伝えるなか、 SNSでは事件のことを知った世界中のユーザーから祈りのメッセージが送られています。なかにはハッシュタグ「#Pra...
フランスを旅行中、イイ香りに誘われて「そうだ本場のバゲットを食べてみよう」と店内へ、なんてこともあるのではないでしょうか。でも、ちょっと待ってください。そ...
エッフェル塔に凱旋門、オペラ座、ノートルダム大聖堂──。これらは、パリを訪れたことがある人なら、一度は足を運んだであろう主要観光スポット。では、その100...
たった一輪でも花のある空間に身を置くと、心が豊かになります。目に鮮やかで見て楽しいのはもちろんですが、花言葉やその歴史を知っていれば、また違った愉しみ方が...
フランス近代絵画に造詣が深い高橋芳郎さんの著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎)では、19世紀後半のフランスにおける近代絵画の「隆盛の...
近頃よく目にする、世界の様々な街のタイムラプス動画。ここでは花の都・パリが舞台です。登場するのは、ルーヴル美術館や凱旋門など、いわば王道の観光スポットばか...
最初から最後まで、ドキドキが止まりませんでした。
鶏肉は好きなんだけど、ぶよぶよの皮だけは苦手という人、結構いますよね。皮だけはがしちゃうとか。ならばパリパリすればどうでしょう。チキンソテーの皮をもうパリ...
パリとロンドン。電車でわずか2時間半ほどの距離にある2都市の間には、言語以外にもさまざまな違いがある。そう主張するのは、パリを拠点にさまざまな情報を発信す...
大都市、ニューヨーク。もちろん誰もが知る街だし、周りを見渡せば詳しい友人のひとりやふたり、いるかもしれません。でも、実際に訪れたことはありますか?一体どん...