「#PrayForParis」世界のセレブたちがSNSに投稿したパリへのメッセージ

テロの情報を様々なメディアが伝えるなか、 SNSでは事件のことを知った世界中のユーザーから祈りのメッセージが送られています。

なかにはハッシュタグ「#PrayForParis」とタグがつけられてものも多く見られ、パリの人々や世界へと向けた平和への想いが込められているようです。

以下に、著名人によって拡散された投稿からその一部を紹介します。

「#PrayForParis」
パリに祈りを

「私の反逆心を、世界へ。国籍が違えど、流す血の色は同じ…。みんなひとつになって、平和を祈りましょう!パリに、そして世界に」

マドンナ

「みんな、 今こそパリのために祈ろう」

ケイティ・ペリー

「最初のショーが終わったところで、パリで何が起きたのかを知った。みんなの想いと祈りをパリへ」

ジャスティン・ビーバー

「みんなの想いはパリに」

ハリー・スタイルズ( ワン・ダイレクション)

「平和を失った世界なんて恐ろしい。心が痛むけど、フランスにいるみんなの無事を願ってる」

リアム・ペイン(ワン・ダイレクション)

「どうか、これ以上ひどいことが起こらないように、愛を。あなたは私の胸のなかに」

アリアナ・グランデ

「想いと祈りを被害者の家族や友達、そしてパリにいるすべての人々へ」

サム・スミス

「フランス、そして世界へと祈りを。前向きな祈りを続けよう」

トラヴィス・スコット

「パリに祈りを。#PRAYFORPARIS」

ジャスティン・ティンバーレイク

エッフェル塔を
ピースマークに

下の画像はフランスのグラフィックデザイナー「ジーン・ジュリアン」氏が投稿したアートワークです。ファレル・ウイリアムスバンクシーなど、多くの著名アーティストが引用しているようです。そのほかにもフランスの国旗の色を模したアートワークなど様々な投稿が。

Peace for Paris

A photo posted by @jean_jullien on

「パリに平和を」

ジーン・ジュリアン

「パリに祈りを#prayforparis」

スヌープ・ドッグ

「失われた命に哀悼の意を。そして、生きる歓びのために立ち上がろう。平和を祈る」

AC/DC

A photo posted by Beyoncé (@beyonce) on

「パリを想っているわ

ビヨンセ

So tragic... My heart goes out to everyone in Paris right now. X Stella #PrayForParis

A photo posted by Stella McCartney (@stellamccartney) on

「なんて悲惨な…。パリの人々のことが心配でたまらないわ。パリに祈りを」

ステラ・マッカートニー

事件の起きた「バクタラン劇場」を
よく知るアーティストも

「そこにいたのはもしかしたら自分だったかもしれない。今、こうして無事でいられることを神に感謝する。

でも、そこには罪のない人々がたくさんいた。この悲しみに見舞われたすべての善良な市民に祈りを。俺たちはただ、世界に平和であってほしいだけだ。お互いを愛しあおう。ヘイトはもう十分だ。パリのために祈ろう!きっと神様が悲しみを終わらせてくれる。神のご加護を!#prayforparis」

ファット・ジョー


「なんてことだ。パリのことを知ったが、心が傷んで仕方がない。バタクラン劇場ではパフォーマンスをしたことが何度もある。そこにいたスタッフや人々のことを想うと…なんて言ったらいいのかわからない。言葉が出ないんだ。#WeNeedPeace(平和が必要だ)。パリの傷が癒えることを祈っている」

クエストラブ

SNSはセルフブランディングをする最適なツールか、それとも偽りの自分を世界にさらけ出す恐怖のツールか。もちろんそれは「使いこなす」あなた次第。ライターのB...
「男らしくなければ」という意識に苦しんでいる人は多いかもしれない。言葉にせずとも、自分や相手に同じような思いを要求する瞬間はある。アイルランドのラグビーチ...
いまや、コミュニケーションの基盤に位置するSNS。ただ、明確なガイドラインがないだけに、使い方次第では、あなたの首を締めることにも。そう、SNSにおいても...
華の都パリ──なんて呼ばれるように、キラキラしていて華やかな面もたくさんあります。でも、それは外側から見るパリの一面にすぎないんじゃないでしょか。パリに住...
2018年5月22日からノルウェー・エアシャトルのウェブサイトでは、気温を条件に目的地が選べるようになりました。
台湾の桃園国際空港でLCC利用者が使うのは第1ターミナル。乗り継ぎ利用だって格安。安く賢い旅をするなら、夜市のようなフードコートで食い倒れるのが台湾を利用...
毎日の料理でカットされる野菜のヘタや根っこ。それを水につけて再生させ、もう一度美味しく食べる、もしくは育てて楽しむ。「リボーン・ベジタブル」略してリボベジ...
1803年に創業したフランス・パリの総合美容薬局、『OFFICINE UNIVERSELLE BULY』。夏にオープンしたパリの2号店では、おにぎりを食べ...
イギリスでは今年9月の新年度に学校へ戻る子どもたちは約1,000万人にものぼる。驚くべきことは、その半数以上がいじめられる可能性があるということ。この状況...
キア・ブラウンさんは、ニューヨークに住む25歳の女性。脳性麻痺を抱える彼女は、自分自身の写真に「#disabledandcute(障害があっても私はキュー...
マリ共和国特産のゴマを、はちみつとバターで加熱して冷やし固めたシンプルなお菓子の紹介です。
2015年11月13日夜(日本時間14日早朝)、フランス、パリのレストランやコンサートホール、劇場など6カ所で、銃撃や爆発によるテロ事件が発生。捜査当局に...
ハリウッドの大物プロデューサーが、長期に渡り女優に性的な嫌がらせをしていたニュースが連日報道され、女性に対するセクハラや性暴力の問題が今再び議論されている...
エジプト政府は5,000人以上のフォロワーを抱えるSNSアカウントをメディアとみなす法案を可決したそうです。
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
先のパリ同時テロを受けて、実行犯が逃走したとみられる隣国ベルギー。警戒レベルを最高位に引き上げ、厳戒態勢が続いている。警察当局は、首都ブリュッセルで展開さ...
エッフェル塔や自由の女神、マチュピチュなどの世界的に有名な観光地は、よくInstagramに投稿されています。だけど、「それって同じものばかりじゃない?」...
オフィスに本格的な卓球台が設置されて、あらためてわかりました。卓球ってめちゃくちゃ手軽なスポーツだな、と。
就活がうまくいかないこと、でも諦めないことをLinkedInに投稿したJasmine Pakさん。この投稿がLinkedInのCEOの目に止まり、多くのシ...
その街でしか見ることができない光景があるのと同じように、それぞれの土地にしかない象徴的なサウンド。「The Local France」に登場したこの記事は...
いま、フランスの女性たちが自分の脇やスネ毛など、体毛を剃っていない写真をTwitterに次々と投稿し、ちょっとした社会現象となっています。体毛未処理はあり...
今や私達の生活の一部となったSNS。便利なツールだけれど使い方によっては人を傷つけることも。外傷がない分表面化しにくいが深刻な問題となっているネットいじめ...
リヨンの川やサントロペの海を駆け抜けた水上タクシー「SeaBubbles」。近く、パリにも導入予定らしい。フランスだけでなく、スイスやUAEも興味を示して...
心理学と機械学習の計算社会学での研究により、インスタグラムの投稿写真からうつ病の傾向が判明した。166人の研究対象(うつ病患者とそうでない人)との投稿写真...