「あなたはひとりじゃない」性暴力被害者に寄り添うハッシュタグ。

セクハラや性暴力に関するニュースでは、悲しいことに、「敏感すぎる」「服装が悪かった」などと、もっとも守られるべきはずの被害者が非難されることも。

そんな時、私は思う。「もし、自分の大切な人が似たような経験をしたとしても、同じ事を言えるんだろうか?」と。

そもそも、声をあげる人だけが被害者というわけではないだろう。心に深い傷を残す問題だからこそ、なかなか口にできない人もいる。もしかしたら、あなたの近くにもいるかもしれない…。

問題の深刻さ周知へ
今こそ声をあげる女性たち

長年に渡り女優に性的な嫌がらせをしてきたと報じられているハリウッドの大物プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタイン。映画芸術科学アカデミーが彼の除名を決定したというニュースが、世界中を駆け巡ったのは記憶に新しい。

近頃、アメリカではセクハラ被害などで声をあげる動きが再燃しているよう。そんな中、女優アリッサ・ミラノが、以下のようなツイートをして話題を呼んだ。

「もしあなたがセクハラや性的な暴行を受けたことがあれば、このツイートに「me too」とリプライしてください」

彼女は「ワインスタイン氏の権力乱用には憤りを感じますが、逆に嬉しくもあるのです。今も続くこの問題について、話し合うことができるからです」ともコメント

このツイートは、Lady Gagaら著名人も、#MeTooのハッシュタグをつけてツイートし、瞬く間に拡散していきました。

性的嫌がらせの被害者がいかに多く、大きな問題であるかを周知させるためのこのツイート。6万人以上から寄せられたリプライの中には「ありがとう。自分はひとりじゃないのだと思えた」というような、感謝の言葉も多く含まれていたという。

女性だけの問題じゃない
「男性はどう変えていく?」

このムーブメントに参加しているのは、女性だけではない。オーストラリアのあるライターは、男性の代表として、このようなハッシュダグで返信。

「今度は男性の番。前日、#MeTooで多くの女性がセクハラ被害や性的暴行を受けた話をしたけれど、今日は僕たちが#HowIWillChangeと言おう」

How I will change──つまり、この問題を見過ごすのではなく、男性としてどのように受け止めていくのかを問いかけている。

これまで、このハッシュダグを付けて、「目撃した時にしっかり注意をするよ」「女性をバカにするような人には、ジョークで言っていたとしても立ち向かうことさ」などというツイートがされている。

2人の男女が中心となり、大きな話題を呼んだハッシュタグだが、今回勇気をもって名乗り出た被害者たちは氷山の一角かもしれない。この動きが一過性のものではなく、真の問題解決への始まりとなることを祈るばかりだ。

5人の女性が登場し、見知らぬ誰かがうけた性暴力の体験談を語る動画。目的は、誰かの辛い過去について触れるだけではなく、被害者は男性の場合もあり、身近に存在す...
女性に対する性的犯罪があとを絶たず、大きな社会問題となっているインド。政治家の「夜中にで歩かなければ被害にも遭わない」という発言に対し、反発が集まり、SN...
キア・ブラウンさんは、ニューヨークに住む25歳の女性。脳性麻痺を抱える彼女は、自分自身の写真に「#disabledandcute(障害があっても私はキュー...
米大物映画プロディーサーのセクハラ・性的暴行疑惑、あの大物女優アンジェリーナ・ジョリーらも被害を受けていたとして、世界中に騒動が広がり注目されている。そん...
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
ニュージーランド議会は、家庭内暴力(DV)の被害者に対して年10日間の有給休暇の取得を認める法案を可決。被害者は新居を探すためなどの時間とお金が必要だとい...
セクハラ被害で辛いのは、加害者からの心ない嫌がらせであることは言うまでもない。しかし、それだけではない悲しい現実がある。声をあげたところで、周囲から受け入...
17歳の少女をレイプしたとして、27歳の男性が罪に問われた裁判がアイルランドで先月行われていたことを知っていますか?そしてこの時のことがきっかけで、あるム...
アメリカでは98秒に1人の女性が、性的暴行の被害に遭っているそう。日本でも女性の性暴力被害に関する法改正が行われたりなど、国にかかわらず大きな社会問題とな...
ミレニアル世代をターゲットにしている航空会社「Joon」。年々増える子持ちのミレニアルズを考慮してか、Cosy Joonという新サービスを開始です。
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが、昨今のセクハラ問題について思うこと。
テロの情報を様々なメディアが伝えるなか、 SNSでは事件のことを知った世界中のユーザーから祈りのメッセージが送られています。なかにはハッシュタグ「#Pra...
毎日の料理でカットされる野菜のヘタや根っこ。それを水につけて再生させ、もう一度美味しく食べる、もしくは育てて楽しむ。「リボーン・ベジタブル」略してリボベジ...
いま、フランスの女性たちが自分の脇やスネ毛など、体毛を剃っていない写真をTwitterに次々と投稿し、ちょっとした社会現象となっています。体毛未処理はあり...
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
警視庁によると、昨年1年間のDV相談件数は約7万件で過去最多。なかでも、30代女性の被害者が1番多いのだそう。同じ女性として、このリストを読めば読むほど許...
例年、受賞者や女優らの華やかなファッションで注目をあびるゴールデングローブ賞。けれど、先日行われた第75回の授賞式は、過去のものと比べてまったく異なる式と...
「#IMWITHKAP」という彼に賛同する意味のあるハッシュタグが刺繍されているデザインです。
「男らしくなければ」という意識に苦しんでいる人は多いかもしれない。言葉にせずとも、自分や相手に同じような思いを要求する瞬間はある。アイルランドのラグビーチ...
政治や行政への参加方法として、インターネットを利用するケースはここ数年で急速に一般的になってきています。例えば、日本でもニコニコ動画で政治家の話を聞いて、...
「101-North」発表の動画はウエディングケーキのつまみ食いに性犯罪を例えたもの。「こんなに美味しそうに置くのが悪い。誘ってる!」こんな理論、つまみ食...
86%のブラジル人女性がクラブでセクハラを受けたことがあります。ことの重大さを伝えるため、実際に女性がどのくらい男性に体を触られるのかを検証しました。
イギリスでは今年9月の新年度に学校へ戻る子どもたちは約1,000万人にものぼる。驚くべきことは、その半数以上がいじめられる可能性があるということ。この状況...