セクハラ被害者が声をあげにくい理由は、こんなところにも。

バイト先の上司からセクハラ被害をうけてきたという、18歳の女性。不快な行為は職場を離れるまでの2年間、止まることがなかったと言います。

やっと平穏に過ごせると思った矢先、被害者であるはずの彼女がさらに傷つく出来事が起こりました。まずは、彼女がうけた嫌がらせを振り返るところから。

「俺と付き合って」
学校の外で待ち伏せ

F2144b473a1509e67e3e5669e7cffc243885b2ae

Emily Houserさんが主張するセクハラ被害とは──、

「私が通っている高校にあらわれて、『付き合ってくれ』と言われ続けてきました。ほぼ毎日ですよ。

バイト先にそのマネージャーのことを報告して、私は仕事を辞めました。その後、彼は別の店舗へ異動になったのです」

予想だにしない出来事が起こったのは、やっと平和な日々が訪れたと思った矢先のこと。

「まさか…」元同僚たちが、
怒りをケーキでぶつけてきた。

C080e5aa9446268969e3fc9bf6c9ea9702851402

「F*ck Emily Houser」と書かれたこのケーキ。文字通り被害者であるはずの彼女を強く非難しているものですが、驚くことに元同僚たちがデコレーションし、SNSに投稿したというのです。

どうやら彼らは、マネージャーの送別会を開いたそう。Emilyさんへのセクハラ行為を除けば、マネージャーはかなり職場で慕われていたようです。ケーキのデコレーションには、「行ってほしくなかったのに!」という気持ちが込められているのかもしれません。Emilyさんの訴えに筋が通っていたからこそ、正式に異動となったと思いますが、マネージャーは異動理由をどのように説明していたのでしょうか。

今回、Emilyさんがうけた強烈な“ダブルパンチ”には、加害者から性的な嫌がらせをうけるだけでは終わらない現実が垣間見えるようで。

「セクハラ被害にあったなら、どうして声を上げないの?」

時々、このような意見を耳にすることがありますが、こうしたことも被害者が声を上げにくい理由のひとつなのかも。

Licensed material used with permission by Emily Houser
米大物映画プロディーサーのセクハラ・性的暴行疑惑、あの大物女優アンジェリーナ・ジョリーらも被害を受けていたとして、世界中に騒動が広がり注目されている。そん...
ハリウッドの大物プロデューサーが、長期に渡り女優に性的な嫌がらせをしていたニュースが連日報道され、女性に対するセクハラや性暴力の問題が今再び議論されている...
レイプは被害者の心に大きな傷を残すことになりますが、被害を知った人が被害者に追い打ちをかけるようなことを言ってさらなる深い傷をつける、セカンドレイプの被害...
例年、受賞者や女優らの華やかなファッションで注目をあびるゴールデングローブ賞。けれど、先日行われた第75回の授賞式は、過去のものと比べてまったく異なる式と...
とかく人間関係とは、ストレスを抱える要因になるものです。学校でも、会社でも。風通しさえよくなれば、ストレスを抱えることなく他人と付き合えるようになると説く...
Scottさんはメイクが大好き。以前から化粧をして職場へ行っていたのですが、新しくきた上司に理解されずショックを受けます。化粧を落とせという要求に従わず、...
女性に対する性的犯罪があとを絶たず、大きな社会問題となっているインド。政治家の「夜中にで歩かなければ被害にも遭わない」という発言に対し、反発が集まり、SN...
やり甲斐や達成感。仕事においてこの点を重要視する人も多いですが、一方で職場関係に苦手な人がいるとなかなか対応に困るもの。ついには「べつの仕事を当たったほう...
統計によると理想の上司がいる人は3割程度だそうです。これを多いと思うか少ないと思うかは、理想の上司が周りにいるかいないかによって変わってくると思います。人...
「アシッド・アタック」という言葉を知っていますか?直訳して「酸攻撃」とも呼ばれるこの行為は、硫酸などをかけて顔や身体に重いヤケドを負わせるというもの。DV...
「有害な人間は、あなたから多くの時間とエネルギーを奪う。さらに、不必要に物事を複雑化し、争いをも生み出すのです」そう警鐘を鳴らすのは、「TalentSma...
上司の人格次第で、ガラリと変わる職場環境。リーダーシップ論に造詣が深いMarcel Schwantesさんが「Inc.」でまとめているのは、「好かれる上司...
警視庁によると、昨年1年間のDV相談件数は約7万件で過去最多。なかでも、30代女性の被害者が1番多いのだそう。同じ女性として、このリストを読めば読むほど許...
20代、30代に増えてきた転職経験者。周りを見渡せばここにもあそこにも。2000年代になってから成人になり、現在20歳から35歳くらいまでにあたるのが「ミ...
精神科医師の水島広子さんが書いた書籍『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)では、そのタイトル通り、女性の人間関係について困っている人の悩みに真摯に答えて...
上司からの侮辱、同僚からのプレッシャー。これらが過度になると「有害な職場環境」が生まれます。ライターMarcel Shwantesの記事を読むと、どれだけ...
「上司は選べない」「職場環境は上司しだい」なんて言われることもありますが、自分がいざ「上司」と呼ばれる立場になってみると、自分が本当に理想と言える存在なの...
多くの人にとって、20代、30代の頃の悩みのひとつに、「上司との関係」が挙げられるのではないでしょうか。ただし、それだけに限らず、「人間関係」はしばしば悩...
ウミガメがレジ袋を飲み込んで死亡したり、イルカの胃の中からプラスチックゴミが発見されたり。海に捨てられたゴミによって、動物が被害を被っているという話を耳に...
米国メイン州の刑務所に収容されている受刑者たち。彼らのポートレートを撮り続けているのは、フォトグラファーのTrent Bell。普段は、商業建築物の分野で...