3億人の被害者を出す自然災害の一因は、「見えない川」にあった。

一般的に、雨量が多い少ないによって起きる「洪水」と「干ばつ」。先日のNASAの発表によると、僕たちが見ることのできないものも一因になっていることが明らかに。

大気中の「川」が
自然災害を引き起こすことも

自然災害の一因が見えない理由は、空気中にある水蒸気がかたまって移動するときに形成される“川”のようなものが関係しているから。ちなみに、これによる降水量は、地球を循環している淡水の22%に相当するそうです。

これだけの規模だから、洪水になる確率は最大80%も上がると、NASAは言及。さらに、「大気中の川(Atmospheric Rivers)」が遠ざかれば、干ばつが起きる可能性が、90%高くなるとのこと。

しかも、「大気中の川」を原因とする自然災害によって、3億人の生活に影響が出るのだとか。

だけど、肝心のどのように影響しているのか?までは、解明できていないそう。今回の研究者の1人であるDuane Waliser氏は、こう述べています。

「この発見は、大気の動きを観察し、モデル化するシステムを改良する推進力になります」

仮にメカニズムが分かったとしたら、大気中の水分の動きをコントロールできるのでしょうか。となると、干ばつに苦しむ地域に雨を降らせることも可能になる未来が、そこまで遠くない? 

Licensed material used with permission by NASA
他の記事を見る
2016年、韓国・大邱にコンテナを利用した小学校が建設されました。
ここで取り上げるのは空中写真家Tom Hegenさんの写真。彼はいかに人間が自然を破壊しているのかが分かる景色を撮影しています。
アーティストGarret Kaneが制作したのは、地球の化身のようなアート。コアの部分は3Dプリンターで制作し、その周りを自然のもので装飾しているらしい。
人が美しいと感じる自然、もしかしたらそれは誰かが手を入れた人工的なものなのかもしれません。
一見気づきにくいほど周囲の自然に溶け込んだ小屋が、メキシコの西海岸にある田舎町サン・ファン・デ・アリマにあります。小屋とはいえ、中はホテルのロビーみたいに...
地球上で起こる自然災害の42.9%がアジアで起き、この20年で約2,500万人以上がホームレスになっているのだそうです。この情報を知った時、何ができるかー...
天に向かってまっすぐ伸びたその塔は、まるで巨大なランプ。これは、ポーランド人デザイナー3人組が考案した災害シェルターだ。
もしも、どんなに汚れている水でも、すぐに飲料水に変えてしまう魔法のボトルがあったら…。アメリカに住むマイケル・プリチャードさんは、2004年スマトラ島沖地...
「緑や自然の中に身を置くと、なんだか穏やかな気持ちになるな〜」。そんな感覚は、多くの人が体験値として持っているでしょう。「HIGHER PERSPECTI...
NASAとミシガン大学の共同開発により、自然治癒する「壁」が開発されました。ポリマーで作られた壁の中には、酸素に触れると凝固する特殊な液体が入っています。...
ポーランド・カトヴィツェを流れる「Rawa川」に、ある家が建設されました。誰もが出入りのできる公共施設として機能させたアーティストには、訪れた人にある1つ...
2015年7月23日、NASAは地球と非常に近い環境を持った惑星を発見したとの発表を行いました。「Kepler-452b」と名付けられた惑星は、太陽系外で...
8年以上もタイムラプスを撮影しているMartin Heckさん。「100 Hours in Iceland」と題された彼のビデオには、たくさんのアイスラン...
地球以外の惑星に人類が住めるようにする、テラフォーミング。現在は火星が一番適していると考えられていますが、そんな火星には数十億年前には「大気と水」が存在し...
「浜松の大自然」と聞いても、あまりピンとこない人が多いと思います。でも実は市の面積が全国2位で、海も川も湖もあればさらには山もあり、いろいろなバリエーショ...
噴火や土砂崩れ、洪水が起きたら、どのエリアが危険なのか?どこが安全なのか?「状況をきちんと把握できる正確なマップ」がなければ、救援活動を行うことができませ...
現実と幻想、自然と人工。その境界線を消しさる手段として、synchrodogsが選んだのが、この作品をつくること。直感、潜在意識、自然現象、科学でも、「説...
西表島の豊かな自然と文化を次世代に継承するために、私たちツーリスト、一人ひとりにもできることがあるのでは?そんな思いで、2019年4月に「Us 4 IRI...
AIに過去のデータを解析させたところ、新たに72の信号を発見。地球外生命体からのメッセージの可能性もあります。
NASAが惑星保護官を募集しましたが、その名前から「エイリアンの襲撃から地球を守る仕事」だと勘違いした小学4年生のJackくん。地球を守りたいという想いを...