「女性視点」で選んだ「女性用防災セット」が発売

9月1日「防災の日」

近年、自然災害の多発により防災意識が高まり、いつ起こるかわからない災害に備えて、オフィスや自宅での防災用品の備蓄保管が増加傾向にあるという。

そんななか「アスクル株式会社」は、災害時における女性の悩みに着目し、女性が「防災セットのなかにあったら嬉しい」と思えるラインナップを揃えた「女性用防災セット」を発売した。

一般的に必要とされる飲料水保存食ライト簡易トイレといった基本的なものに加え、緊急時に女性が備えておきたい特有のアイテムとして生理用品使い捨てショーツドライシャンプー、メイク落としにも使えるウエットティッシュなど、全21品目をセットにしている。

また、それらを収納するリュックにも工夫を凝らし、デザイン性使い勝手を考えたものを採用。ポケットは6ヵ所あり、貴重品の管理にも便利な内ポケットも備えている。重さも2kgと、女性でも無理なく運べるボリュームだ。

まだ防災セットを持っていないという人は、この機会に備えてみてはいかがだろうか。思い立ったが吉日だ。

©2020 アスクル株式会社

アスクル 女性用防災セット』

【購入サイト/LOHACO】
https://lohaco.jp/product/X855581/

Top image: © 2020 アスクル株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

オーガニックコットンブランド「プリスティン」から、女性のための多機能防災セット「Emergency Pack」が発売。実用的なだけではなく、肌触りのいいフ...
3月1日は防災用品点検の日。今すぐダウンロードしておきたい「防災アプリ」や、ラジオや土のう袋などの防災グッズ。いざという時に「今ある食料で1週間家族が過ご...
日用品を多めに備蓄し、使った分だけ買い足すことで、「もしも」のときに備えられる「ローリングストック」に適した乾電池「防災電池」が登場。10年の長期保管が可能。
地震のときも台風のときもダウンロードしないままだった「東京都防災アプリ」。2015年に都民に配られた冊子『東京防災』のアプリ版で、これがなかなか、都民じゃ...
干し野菜の王道「ドライトマト」を使って、自家製「ドライトマトのオイル漬け」をつくってみよう。
普段使いにこだわって製作された「防災ふろしき」。デイリーユースの要素を満たし、なおかつ風呂敷という性質を活かした多機能さがウリ。
今年は、新型コロナウイルスの感染拡大も相まってか「備えること」の重要性を再認識した年。いろいろなメーカーから“もしも”のときのための新たな防災グッズがリリ...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
沖縄「星のや竹富島」は2月13日より「海水淡水化熱源給湯ヒートポンプユニット」で汲み上げた海水の淡水化による飲料水の自給を開始。現在、竹富島で1日に使用で...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...