40万個の菌を約100個まで減少させる「下着」

気がつけば、いつの間にか私の周りには「基本の防災グッズは持ってるよ」という友人が増えていました。

この10年間、みんないろんなことを考え、いろんな行動を起こした結果なんだと思います。

でも、備えることに終わりはないのかもしれません。知らなかったけど、「聞けば確かに」 と誰もが納得する防災グッズが、まだまだある。

42年以上に渡り、災害用長期保存食(備蓄食)のパイオニアとしてあり続ける株式会社セイエンタプライズ「SEI SHOP(セイショップ)」おすすめの、これから買い足すべき「+α」の防災グッズを紹介します。 

今回は40万個の菌を約100個まで減少させる下着

避難所で起こる
「ニオイ」の問題をどうするか

©2021 NEW STANDARD

近年、日本で発生した災害における避難生活では、衛生面や精神面に配慮して、お風呂(公衆浴場)が準備された避難所もあったといいます。しかしそれらも、災害が発生した直後から毎日の入浴が可能な施設が設けられることは稀。

水はこうした状況下ではとても貴重な存在であるため、それ以外にも使用を制限されます。毎日当たり前のように行なっている「洗濯」さえもままならないのです。

この「デオエスト」という商品は、30秒で加齢臭から汗、ワキ、足のニオイ、オナラ排泄物のニオイまでも消臭してくれるという下着(※1)。

ナノレベルのセラミックスが、ニオイ成分をすばやく吸着させてニオイの元を閉じ込め、ニオイが広がるのを防いでくれるうえ、金属イオンがニオイ成分を分解し、消臭するという仕組みになっています。

その強力な消臭力は、セラミックスと金属イオンを繊維に強固に固着させているので、100回洗濯しても落ちることはないのだとか(※2)。

©2021 NEW STANDARD

また、40万個の菌を約100個まで減少させる強力な抗菌機能を備えているため、雑菌の繁殖も防ぎ、いつでも清潔な状態を保ってくれるのだそうです。

個人差はあれど、私たち日本人は、とくに体臭に対して敏感だと感じる人が多いですよね。だからこそ周囲に気を配って清潔を心がけ、いい香りを纏って過ごしている人も多いのですが、それは非常時には叶いません。

もちろん普段から「敏感」なものが、非常時には「鈍感」になる、なんてことはないので、不快なニオイのなかで長時間過ごさなければならないことは、大きなストレスとなります。

これまでに起こった災害では、避難所での生活は1〜6ヶ月以上、さらに与えられるスペースはわずか畳1〜2枚という状況も多くあったといいます。

今後起こるであろう東京湾北部地震(M7.3)でも、想定される一人の居住スペースは多くて一坪くらいともいわれ、ある程度の新型コロナウイルス対策がとられるとはいえ、近距離で人同士が密着して生活を送ることは覚悟しておかなければならないはず。

もし、防災バッグに通常の着替えを用意していたという方は、未来の自分のためにこうした下着も入れておくといいかもしれません。非常時といえど、可能な限り清潔で、快適な日々が過ごせるほうが、きっといいはずです。

長袖やキャミソールタイプ、もちろん男性用もいろいろあります。

©2021 NEW STANDARD

デオエスト

【オンラインショップ】https://www.seishop.jp/equipments/fashion/deoest/

※1……(財)日本化学繊維検査協会調べ : 測定値であり、保証値ではありません。また、あらゆる条件下での性能を保証するものではありません。
※2……セーレン(株)研究開発センター調べ : 測定値であり、保証値ではありません。また、あらゆる条件下での性能を保証するものではありません。
Top image: © 2021 NEW STANDARD