40万個の菌を約100個まで減少させる「下着」

気がつけば、いつの間にか私の周りには「基本の防災グッズは持ってるよ」という友人が増えていました。

この10年間、みんないろんなことを考え、いろんな行動を起こした結果なんだと思います。

でも、備えることに終わりはないのかもしれません。知らなかったけど、「聞けば確かに」 と誰もが納得する防災グッズが、まだまだある。

42年以上に渡り、災害用長期保存食(備蓄食)のパイオニアとしてあり続ける株式会社セイエンタプライズ「SEI SHOP(セイショップ)」おすすめの、これから買い足すべき「+α」の防災グッズを紹介します。 

今回は40万個の菌を約100個まで減少させる下着

避難所で起こる
「ニオイ」の問題をどうするか

©2021 NEW STANDARD

近年、日本で発生した災害における避難生活では、衛生面や精神面に配慮して、お風呂(公衆浴場)が準備された避難所もあったといいます。しかしそれらも、災害が発生した直後から毎日の入浴が可能な施設が設けられることは稀。

水はこうした状況下ではとても貴重な存在であるため、それ以外にも使用を制限されます。毎日当たり前のように行なっている「洗濯」さえもままならないのです。

この「デオエスト」という商品は、30秒で加齢臭から汗、ワキ、足のニオイ、オナラ排泄物のニオイまでも消臭してくれるという下着(※1)。

ナノレベルのセラミックスが、ニオイ成分をすばやく吸着させてニオイの元を閉じ込め、ニオイが広がるのを防いでくれるうえ、金属イオンがニオイ成分を分解し、消臭するという仕組みになっています。

その強力な消臭力は、セラミックスと金属イオンを繊維に強固に固着させているので、100回洗濯しても落ちることはないのだとか(※2)。

©2021 NEW STANDARD

また、40万個の菌を約100個まで減少させる強力な抗菌機能を備えているため、雑菌の繁殖も防ぎ、いつでも清潔な状態を保ってくれるのだそうです。

個人差はあれど、私たち日本人は、とくに体臭に対して敏感だと感じる人が多いですよね。だからこそ周囲に気を配って清潔を心がけ、いい香りを纏って過ごしている人も多いのですが、それは非常時には叶いません。

もちろん普段から「敏感」なものが、非常時には「鈍感」になる、なんてことはないので、不快なニオイのなかで長時間過ごさなければならないことは、大きなストレスとなります。

これまでに起こった災害では、避難所での生活は1〜6ヶ月以上、さらに与えられるスペースはわずか畳1〜2枚という状況も多くあったといいます。

今後起こるであろう東京湾北部地震(M7.3)でも、想定される一人の居住スペースは多くて一坪くらいともいわれ、ある程度の新型コロナウイルス対策がとられるとはいえ、近距離で人同士が密着して生活を送ることは覚悟しておかなければならないはず。

もし、防災バッグに通常の着替えを用意していたという方は、未来の自分のためにこうした下着も入れておくといいかもしれません。非常時といえど、可能な限り清潔で、快適な日々が過ごせるほうが、きっといいはずです。

長袖やキャミソールタイプ、もちろん男性用もいろいろあります。

©2021 NEW STANDARD

デオエスト

【オンラインショップ】https://www.seishop.jp/equipments/fashion/deoest/

※1……(財)日本化学繊維検査協会調べ : 測定値であり、保証値ではありません。また、あらゆる条件下での性能を保証するものではありません。
※2……セーレン(株)研究開発センター調べ : 測定値であり、保証値ではありません。また、あらゆる条件下での性能を保証するものではありません。
Top image: © 2021 NEW STANDARD

関連する記事

新しいスタイルの除菌グッズ「その場で作る除菌ウエットタオル」が、「防災の日」である今月1日(火)に公式オンラインショップにて発売開始となった。
いつでもどこでも上質な国産蜂蜜を。とくに風邪気味で喉がイガイガするときは、個包装のはちみつを1本持って出かけると安心です。
「触ってるだけで落ち着く」「手持ちぶさた解消」など、不思議な中毒性で大人がどハマりするフィジェットトイ(暇つぶし用玩具)に、新たなアイテムが登場
9月1日は「防災の日」。近年の自然災害の多発により、オフィスや自宅での防災用品の備蓄や保管が増加傾向にあるなか、「女性視点」でセレクトした防災セットを「ア...
新しい時代の都市と自然と人々のありようや、新たな建築、空間のありようを模索する建築集団「チームラボアーキテクツ」が保育園を設計。
40年ほど前に発売されたAppleのパソコン「Apple I」がオークションにかけられ落札。実際に動いている様子を動画で見ることができます。マニアにはたま...
3月1日は防災用品点検の日。今すぐダウンロードしておきたい「防災アプリ」や、ラジオや土のう袋などの防災グッズ。いざという時に「今ある食料で1週間家族が過ご...
スーツケース「90FUN」は、「オンラインショッピングの日」と中国でいわてれいる11月11日に、約16万個も購入されました。なぜなら、あなたに合わせて、後...
9月18日、絵文字の国際規格管理団体「ユニコードコンソーシアム」が「Emoji 13.1」として217個の新たな絵文字を発表した。これらは2021年中に利...
菌の増殖を抑えつつ、時間の経過とともに徐々に菌数を減らす効果のある「制菌加工」を施した、衛生的で持ち運びもラクラクな「制菌エコバッグ」が誕生。
「触ってるだけで落ち着く」「手持ちぶさた解消」など、不思議な中毒性で大人がどハマりするフィジェットトイ(暇つぶし用玩具)に、新たなアイテムが登場
常温保存できるバターケース「Butter Bell」。いつでもクリームのような柔らかさにキープしてくれる。
今夏持ち歩きたい“香りつき”の除菌ジェル、除菌スプレー、アロマハンドスプレー(ミスト)をピックアップ。SHIRO、ニールズヤード、パーフェクトポーション、...
オーガニックコットンブランド「プリスティン」から、女性のための多機能防災セット「Emergency Pack」が発売。実用的なだけではなく、肌触りのいいフ...
マスクケースのようにマスクをしまえば、即座に除菌してくれるマスク除菌器「maskirei」。マスクだけでなくデジタルガジェットなども除菌でき、さらに緊急時...
= HAPPY NUTS DAY = スケーターが手掛ける3ヶ月で3万個売れたピーナッツバター
「聞けば確かに」 と誰もが納得する防災グッズが、まだまだある。42年以上、災害用長期保存食のパイオニアとしてあり続ける株式会社セイエンタプラ...
大阪、吉祥寺、西荻で月間1万個売れている、大人気の「台湾メロンパン」が「原宿Food Factory」にて、2月20日まで期間限定でオープン中。
普段使いにこだわって製作された「防災ふろしき」。デイリーユースの要素を満たし、なおかつ風呂敷という性質を活かした多機能さがウリ。
「CleanseBot」は、殺菌灯にも使用される紫外線(UV-C)を照射し、ベッドシーツなど衛生的に気になるものを除菌してくれます。カバンに入るサイズで持...

おすすめ記事

埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
カナダのアパレルデザイナーが開発したパンツ専用のハンガー「The Jean Hanger」がシンプルなのにスゴイ。ハンガーラックにかけられてシワの発生を防...