40年前の「Apple I」が約4,260万円で落札!

約40年前に発売されたパソコン「Apple I」がオークションにかけられ、約4,260万円の値で落札されました。

マニュアルやキーボード、モニターなどが同梱されるので、落札者はすぐに使用できます。

このコンピューター、8時間もかけて動作確認が行われたそうで、今でもちゃんと動きます。(動画では実際に動いている様子を見ることができますよ)

「Apple I」は生産台数が約200台と、マニアにとってはかなりのレア物。とはいえ、この金額は驚きです。

現代のパソコンと比べると40年前のAppleのパソコンはどのようなものなのか……。素人ながら気になるところです。

© RR Auction Official/YouTube
Reference: RR Auction
Top image: © 2018 RR AUCTION
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
1989年に崩壊したベルリンの壁。あれから30年……。記念としてその一部が、3月にオークション出品されることとなりました。
ここ3、4年でフリマアプリが急激に広まったことで、そういった取引はもっと活発になったようにも思う。けれど、さすがに女性の『初体験』をオークションにかけるサ...
野球カード、スターウォーズグッズ、超合金。この3つの共通点は、超がつくほどのコレクターが世界中にいることですが、ここにiPodが加わるかもしれません。実は...
1953年にイラストレーターのハーブ・ライマンと一緒に描いたというマップ。6月25日に、「Van Eaton Art GALLERIES」のオークションで...
9月10日、Appleが独自のストリーミングサービス「Apple TV+」をローンチすると発表。日本では11月1日から利用可能に。
先日、20万キロを走行した1996年式のホンダ・アコードに、「eBay」のオークションで驚愕の値段が付きました。その額は、約1,700万円!出品者は、どん...
イタリアの国家財産庁が、現在、歴史的な国有財産の一部をオークションに出品中。売却によって得たお金は、2.3兆ユーロにも及ぶ公的債務の返済に充てられるとのこと。
韓国の英字新聞「The Korea Times」の記事によれば、同国にあるアメリカ大使館は、1980年から現在までの約40年間、賃料を払っていないとのこと。
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
アーティストBen Snellさんのサポートによって、AIがオブジェを考案しました。
カナダのアルバータ州に住む夫婦のもとで暮らしているハンターくんは、幼い頃から新しいことに挑戦することがダイスキでした。約2年前、初めて絵を描いてみたところ...
サーフィンやスケート、ゴルフ、野球といったスポーツのシーンで人気のブランド「オークリー(OAKLEY)」が約40年前の創業当時に作っていた意外なアイテムとは?
8月7日、Appleが「Apple ASMR」というシリーズで4本の動画を公開した。
北極圏にあるスヴァールバル世界種子貯蔵庫が、完成したのは2008年。農作物が絶滅したときに備えて、現在は約98万の種子サンプルが保存されているんです。
ヒューストンに拠点を置くスタートアップOrion Spanは、2022年に宇宙ホテル「Aurora Station」を開業予定です。
高度4万フィート(約1万2000メートル)で誕生したクラフトビール「Speedbird 100」。ブリティッシュ・エアウェイズとスコットランドのクラフトビ...
9月20日、ニューヨークの5番街のAppleストア「Apple Fifth Avenue」が再オープン。2017年1月20日に仮設店舗に移転していたので、...
2018年12月に、日本でも有名な飲料ブランド「glacéau vitaminwater」の公式Twitterアカウントが、1年間スマホを使わなかった人に...
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
9月22日に発売開始となった「Apple Watch Series 3」。米国でオンエアーがはじまった新Apple WatchのTVCMは、新機能を利用し...