「バンクシー」がイタズラした「パリス・ヒルトン」のデビューCD、100万円で落札!

10月14日、オークションサイト「Tate Ward(テイトワード)」にて、バンクシーが手を加えたパリス・ヒルトンのデビューCDが約100万円で落札された。

このイタズラCDは、2006年、バンクシーによってイギリス中ですり替えられた500枚のうちの1枚という貴重なものということで、高値で取り引きされたというわけだ。

CDには、アルバムジャケットへの「視覚的イタズラ」と、音源をリミックスする「聴覚的イタズラ」の2つが施されている。これほどの手間をかけるとは、じつはバンクシーもパリスのファンなのだろうか?

ちなみに、当時のパリスは「芸術家である彼が、私のアルバムを500枚も買いにいって、それに対してイタズラを施す時間をとってくれたなんて最高にクールだと思うわ。私も1枚手に入れようと頑張っているんだけど、次回作を待ってもいるのよ」と取材に答えるなど、ご機嫌だった様子。

オークションの落札者は明かされていないが、また出品された際には、パリスとの争奪戦になる可能性も。

正体不明の芸術家とお騒がせセレブの動向から、今後も目が離せない。

Reference: Bustle, HIGHSNOBIETY
Top image: © Bruno Vincent/Getty Images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

カニエ・ウェストに続いて、まさかのこの人も?!先日、パリス・ヒルトンが自身のInstagramにアップした話題の写真。
Bansky(バンクシー)は、イギリスのオークション「Sotheby's」に本人自らアート作品「MEDITERRANEAN SEA VIEW 2017」を...
覆面アーティスト、バンクシーのデザインを採用したアートパネル型Bluetoothスピーカーが登場。高音質で音楽が楽しめるだけでなく、インテリアにもピッタリ。
イギリス・ノッティンガムに昨年10月に現れたバンクシーの作品「フラフープの少女」が、アートギャラリーのオーナーによって購入され、壁ごと切り取られた。
先月、ニューヨーク市の動物福祉局は、食肉の消費量削減目標を達成するため、肉の消費を控えるよう市民に訴えかける電子メールを送付した。
覆面アーティスト、バンクシー本人をとらえた作品集の日本での発売が決定。
覆面アーティストのバンクシーが新作を発表。頭にスカーフを巻いたおばあさんが大きなくしゃみをする姿を描いたグラフィティが、公式Instagramに投稿された。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
母親たちが経験する授乳の苦労をリアルに描いたこの動画に、共感の声が集まっている。
遺伝子検査によって肌傾向を分析できる次世代スキンケアサービスが登場。簡単な検査キットで肌タイプを知り、さまざまな種類の化粧水を試して、自分に合ったスキンケ...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...