世界初!ヒルトンの
「ヴィーガン」なスイートルーム

ヴィーガンと聞いて何をイメージしますか?肉や魚を摂取しないうえに乳製品なども口にしない人や主義?つまり、何かしら食べ物に紐づくヒト・もしくはコトを想像するのではないでしょうか。

でも、ロンドンのあるホテルにはヴィーガンフレンドリーなるスイートルームがあります。そのホテルとは「Hilton London Bankside(ヒルトン・ロンドン・バンクサイド)」。先日、発表された際は世界初の“ヴィーガンスイートルーム”として話題になりました。

で、ヴィーガンフレンドリーな部屋って?と思った人のために要約すると……この部屋には、動物性ベースの材料を含んで造られた調度品などが置かれていないんです。

例えば、ヘッドボードやクッション、椅子にはパイナップルの葉の繊維でできたピニャテックスレザーが使われているなど。さらに、床は竹でできていたり、清掃員が使用する洗剤なども動物性の材料どころか動物実験を経て製造されたりしていないものという、かなりの徹底ぶり。

今後もこのように、ヴィーガニズムが空間などあらゆるものに反映されていくのでしょうか。まずはこのスイートルーム、さすが世界のヒルトンともいえるオモテナシです。

©Hilton Bankside
©Hilton Bankside
©Hilton Bankside
Reference: Hilton
Top image: © Hilton Bankside
他の記事を見る
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
7月6日に、イギリスの電力会社Ecotricityの供給する電気がヴィーガン製品として認定されました。
ロサンゼルスの学校がヴィーガン給食の提供を予定しています。
毎年アメリカで行われている「Sexiest Vegan Next Door Contest」。エントリーしたヴィーガンの人の中から最もセクシーな人を選出す...
コーチェラ・フェスティバル2018で伝説のパフォーマンスを見せたビヨンセ。その裏側では、こんなプロジェクトが進んでいたらしい...。
「世界一高いホテルのスイートルームのひとつ」と報じられているのは、ラスベガスのパームズ カジノ リゾートに新しくできた一室。宿泊料金は1泊なんと10万ドル...
どのような食生活が合うかは人それぞれですが、Vlad Ixelさんにとってのそれは「ヴィーガン」だったそう。過去5年怪我なく走り続けている彼のスタイルを、...
お肉だけではなく、卵や乳製品、はちみつなどの動物由来の食べ物を一切控える「Vegan(ヴィーガン)」は、日本で実践しようと思うとなかなか難しそうですが、そ...
2019年にオープンから125周年を迎えたアメリカ・ルイジアナ州ニューオーリンズにあるホテル「The Roosevelt New Orleans」が、「ホ...
ウォッカと言えば、一般的に原料としてイモ類や穀物が使用されることが多いですよね。でも「Black Cow」ウォッカの原料となるのは牛乳です。
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
ロンドンで20年間もフィッシュ&チップスを提供してきたレストラン「Sutton and Sons」は、ヴィーガンフードの需要が増えてきたことをいち早く察知...
6月あたりからフランスで精肉店が襲撃される事件が徐々に増えています。
ここで紹介するのは、シティ・オブ・ロンドンの近くにあるブティックホテル「Cuckooz」にある、子宮みたいなカタチをしたベッドルームです。
ココナッツミルクを使った「ヴィーガンホイップ」が、いま密かにブームになっているんです。
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
正月、お雑煮に飽きたら作ってみたいなと思っているのが「お餅で作るチーズ」。そのまま食べたり、サラダに入れたり、サンドイッチに挟んだり、食べ方も色々とアレン...
現在、英プレミアリーグの強豪トッテナム・ホットスパーFCが建設中の新スタジアムについてです。
「L'oscar London」は、20世紀初頭にバプテスト教会の本部として建造された建物を、リノベーションに8年かけて完成させたブティックホテル。一歩足...
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!