イギリス初の
100%ヴィーガンなホテルが話題に

イギリス初の100%ヴィーガンなホテルが話題になっています。

それが、6月中旬にスコットランドのピトロクリーでオープンした「Saorsa 1875」。建物は、1875年に建てられた男爵の邸宅を改装したものです。

客室内は、ベッド周りや洗面所など至るところにヴィーガン製品が使用されています。部屋の掃除の際に使用されるプロダクトもヴィーガンです。おまけに、供給される電気さえ、ヴィーガン協会に認定されたグリーンエネルギーによる電力で賄われているんです。「100%ヴィーガン」を謳うだけありますね。

ホテルの創設者であるJack McLaren-Stewartさんは、「ヴィーガニズムというライフスタイルは、(動物への)思いやりからなるものではなく倫理的な選択だということを人々に伝えたいのです」とコメント。

なるほど。他人の意見に左右されることなく、自身の意思と向き合って選びたい宿泊先かもしれませんね。

Top image: © Saorsa 1875
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
7月6日に、イギリスの電力会社Ecotricityの供給する電気がヴィーガン製品として認定されました。
「Hilton London Bankside」に誕生した、ヴィーガンの人のためのスイートルーム。ヘッドボードやクッション、椅子にはパイナップルの葉の繊維...
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
マクドナルドやバーガーキングに続いて、ケンタッキーフライドチキン(KFC)もヴィーガンに対応すると発表しました。イギリスのいくつかの店舗にて、期間限定でフ...
世間では今、“ルビー“のような赤きピンクのカラーが特徴の「ルビーチョコレート」が話題。色による新しい楽しさもあって、カワイイ!食べたい!誰かにあげたい!そ...