バプテスト教会の本部だった
ロンドンのリノベーションホテル

ウェストエンドにある「L'oscar London」は、20世紀初頭にバプテスト教会の本部として建造された建物を、リノベーションに8年かけて完成させたブティックホテル。

一歩足を踏み入れると、エントランスから始まりレストランバーや客室に至るまで、ホテル内の隅々にまで荘厳華麗な世界が広がっています。

家具や装飾だけじゃなく、フロアや建具など、見過ごしてしまいそうなところにもオーク材やマホガニー材が使用されたり、細かな彫刻が施されたりと高級感が漂っています。

そして、一部の部屋には、教会だったときにも使用されていた調度品が設置されています。100年以上もの歴史を持つ建物の随所から溢れ出るアンティークな雰囲気。その空間美に酔いしれてしまいそうなホテルです。

Top image: © 2019 L'oscar
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ポルトガルのポルトにあるブティックホテル「Torel Avantgarde」。テーマは「芸術」。旅行業界のアカデミー賞とも称される「World Luxur...
ここで紹介するのは、シティ・オブ・ロンドンの近くにあるブティックホテル「Cuckooz」にある、子宮みたいなカタチをしたベッドルームです。
アメリカ・ルイジアナ州ニューオーリンズの1860年代に建てられた教会が、ホテル「Hotel Peter & Paul」として生まれ変わりました。
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
日本酒の温度帯の変化を自在にコントロールする「酒器」と「冷温機」のセットアップが登場。
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
南半球のインド洋に浮かぶ島国モーリシャスで一際目立つブティックホテル「SALT of Palmar」。ビビッドカラーと白黒のストライプが特徴的。
パンクIPAでおなじみのスコットランド生まれのビールメーカー「BrewDog」。彼らの手がけるホテル「The DogHouse」がロンドンにもオープン予定...
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
半永久的に使えるハイエンドボトル「比類なき水筒」が、応援購入サービス「Makuake」で9月29日まで販売中。
ロンドンの建築デザイン事務所が、超高層ビル「The Tulip(チューリップ)」のプロジェクトを発表。通称「ガーキン」の隣に建設され、新たな観光名所になる...
「TORACO Konohana」はコンテナを利用したホテルです。USJから歩ける距離にオープンです。
Bella Foxwellさんのアカウント「The Doors of London」には、ロンドンにある「ドア」の写真が投稿されています。
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
ロンドンにある「Cereal Killer Cafe」は、シリアルをモチーフにしたカフェ。シリアルがトッピングされた可愛いドリンクがたくさん!
「Think Lab HOME」は、3分で作れる自分専用の書斎。パーツを組み立てれば、お家のどこだって書斎に早変わり!
新型コロナウイルスの感染拡大を受けて延期となっていた「フォションホテル京都」の開業日が、来年3月に決まった。
カフェの屋根裏からジャングルまで。妄想力をフル活用して、いつか泊まりたい世界のホテルを紹介します。
ロンドンで最先端のクリエイターが集る場所と聞けば、多くの人はソーホーを思い浮かべるかもしれません。でも、僕ならサウス・ロンドンの郊外にあるペッカムを推します。
友人がロンドンでルームシェア先を探していた時、とんでもない条件を突きつけられたと言う@rxdaznさん(Twitterのアカウント名)。募集した人からのメ...
バッキンガム宮殿近くに位置するホテル「The Rubens at The Palace(ルーベンス アット ザ パレス)」。ここではなんと、1ポット500...
ロンドンに建設予定の型破りなインフィニティプール「Infinity London」が話題になっています。特筆すべきはそのロケーション。200m以上もの高さ...
インペリアル・カレッジ・ロンドンとスタートアップ企業の「Arborea」がタッグを組み、大気汚染の軽減に一役買うと期待される「BioSolar Leaf」...