世界初「ガラスのプール」がロンドン上空に登場!?

ロンドンの中心地。テムズ川沿いのナイン・エルムズ上空に世界初となるガラス製の透明なプールが建設されるそうだ。25mプールが2棟の高級マンションの屋上を結ぶ。

Bee6eacd9a3ef20dfa6cf16ba87d3ed6efd35907046f6943ceeabbe8da830e52001bffd7774e01d7

考案したのは違いを追求する不動産開発企業「Ballymore Group」だ。会長のSean Mulryan氏は「今までにないものを生み出したかった」と「ガーディアン」紙にコメント。こう続けた。

「『スカイプール』はここ十年で進歩した建築技術の集大成になる。ロンドンの中心地の上空を浮遊するかのような体験は、素晴らしいものになるだろう」

マンションの販売は2018年から開始予定。屋上には、スパやバー、ティールームなどが設置されるという。地上35mに設置されたプールを泳ぎながら、厚さ20cmのガラスの壁から見下ろすロンドンの景色。想像するだけでも贅沢だ。

Licensed material used with permission by Ballymore Group

こんなに「泳いでみたいプール」って、早々ないです。
ロンドン市内に、新しいコンセプトのレンタカーが登場しました。なにが新しいって、これ観光専用なんです。もちろんレンタカーだから自分で運転だってできます。けど...
空を泳ぐってこんな感じかも。背筋がゾクッとしそうだけど、写真でその浮遊感を想像してみて。ここは、イタリア北部にある「Hotel Hubertus」。UNE...
渋谷・円山町のクラブ「WOMB」で最高の音とお酒と空間を楽しむ「大人」のリアルな姿をスナップ。
、生活の場が飲食店という幼少期の実体験から学んだ人生観がおもしろい!飲食店におけるルールなれど、どんな仕事にも通づる大切にすべきことがあります。
子どもたちがキャーキャー言いながら「ボールプール」で遊んでいるのを見ると、ついこう思ってしまいますよね。「あの中に混ざって一緒に遊びたい…!」そんな欲望を...
プール付きの庭のある生活なんて夢のまた夢、という人でもちょっと素通りできないようなエコ・コンシャスなこの話題。水草や葦が生える池、ではなくプールで泳ぐのが...
すぐれた住宅では、建築家たちはさまざまな設計の工夫をこらして、ガラスという素材の美しさとプライバシーをめぐる課題を克服しています。今回は、Houzzに掲載...
絵を売りながら旅をしていたMaxwell Tileseさん。イギリスへ行った時に、ロンドン市内にあった歴史あるパブに魅せられ、パブの絵を描いた。ロンドンへ...
何気ない街の風景を切り取ったデザインが、なんだか愛おしい。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。第6回は、料理人が料理の味を決定するうえで、もっとも気を...
イギリスに住む人々の悩みのひとつが、高騰する家賃。顕著なのがロンドン中心部で、1ベッドルームで1,000ポンド(約14.5万円)が平均的な相場のようだ。そ...
大英博物館やテート・モダンなど、名だたるミュージアムを数多く抱えるロンドン。先日、この街のとあるギャラリーで開催されたのが、犬のための現代アート展です。「...
ロンドンのウエスト・エンドに位置するバードストリート。ここに、「歩いて発電する道路」が設置されています。
パーティースペースに約5万個もの白いボールを敷き詰め、その中でDJの音楽に合わせてダンス。今春、東京で開催された「tamapa(タマパ)」は、日本初のボー...
現地時間で9月2日。炎が立ち上るロンドン・テムズ川周辺の様子を撮影した画像や動画がSNSに溢れた。投稿内容をいくつか見てみよう。「ロンドンが燃える姿を眺め...
国が違えば宗教も違う、そうなると食べるものだって当然違いが出るものです。では、ロンドンに暮らす人たちの食事情はどんなもの?
約400万円から購入できてしまう「Plús Hús」。現在はアメリカ国内のみの展開ですが、今後日本でも販売されればマイホームを手にするハードルがぐっと下が...
バッグの中が美術館になったり、瓶のフタがプールになったり。ロンドンのアーティスト・Slinkachuさんは「もしも小さな人がこの世界に存在したら」を想像し...
2月中旬、ロンドンの中心へ、はるばる福島県からやってきた日本人がいた。
ここ数年、オトナ女子の間で流行しているのが「ナイトプール」。ムーディーでリッチな気分を味わえることが人気となっている。そこで1つ提案。夏の夜遊びに、遊び心...
長期休暇でせっかく海外へ行くなら、できるだけ多くの街を巡りたい。そんな旅が好みの人に、とっておきの記事を紹介しよう。「Central London Apa...
なんとなく自分の中で勝手に限界を決めてしまっていた「プールが持つ可能性」。でも、一歩引いた視点から既存のルールを見直してみると、たしかに、まだまだ“改革”...
日本と海外の「違い」って、こんなところにもあったんだ。