【世界初】ロンドンで開催された「犬のための現代アート展」

大英博物館やテート・モダンなど、名だたるミュージアムを数多く抱えるロンドン。先日、この街のとあるギャラリーで開催されたのが、犬のための現代アート展です。

「そんな試みが成立するの?」「好き勝手歩き回るだけでしょ?」

そう思うのも無理はありません。でも、実際の様子を見てみたら、こちらの心配とは裏腹に真剣な表情(?)で作品を鑑賞する姿が。

あれ?意外と楽しんでる?

この「Play More Dog Art exhibition」は、イギリスのペット保険会社MORE TH>Nとアーティスト兼デザイナーDominic Wilcox氏が企画したもの。犬たちがお座りをして並んで絵画を鑑賞する様子がなんとも微笑ましい。

何を考えているの?

 絵画だけではなく、
「インタラクティブアート」も

作品の中には、ただ見るだけでなく“参加して楽しむ”インタラクティブアートも。時代の流れをちゃんと汲んでいるのも面白い。

ドッグフードに見立てたボールプールへジャンプ。その数なんと2,000個。

ディスプレイにフリスビーが映し出されたインスタレーションに夢中。

車の窓から顔を出すと、巨大な扇風機が運ぶ匂いを楽しめます。

ちなみに、匂いのもとは、肉、魚、それから…靴!

このアート展は、MORE TH>Nが展開する「Play Moreキャンペーン」の一環として開催されたもの。彼らは、私たち人間と同様に犬も遊びを大切にし、冒険を楽しもうとメッセージを発信しています。

それでは、以下の動画で犬が現代アートを楽しむ貴重な姿をチェックしてみてください。きっと、飼い犬を連れて行ってあげたくなるはず。

Licensed material used with permission by Dominic Wilcox Studio
世界最大級の大英博物館で、2019年、大規模な日本の漫画展が開催予定!展示内容は、ポケットモンスターやONE PIECE、ボーイズラブまであるとのこと。
「Hilton London Bankside」に誕生した、ヴィーガンの人のためのスイートルーム。ヘッドボードやクッション、椅子にはパイナップルの葉の繊維...
現在、英プレミアリーグの強豪トッテナム・ホットスパーFCが建設中の新スタジアムについてです。
ロンドンの「テート・モダン美術館」は、世界でも有数の近現代美術館。充実したコレクションが入場無料で見られる、アートファンにとってはある種“聖地”のひとつ。...
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
2019年5月16日から8月26日までロンドンで開催されるエキシビション「AI: More Than Human」。内容は、AI(人工知能)と人類の関係性...
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
世の中にあるのは、敷居が高くてアカデミックなミュージアムばかりではありません。世界各地に、目を疑いたくなるような「ナゼ?ナニ?」を収集、展示したヘンテコな...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。
ロンドンの中心地。テムズ川沿いのナイン・エルムズ上空に世界初となるガラス製の透明なプールが建設されるそうだ。25mプールが2棟の高級マンションの屋上を結ぶ...
2016年3月、マリーナベイ・サンズのアートサイエンス・ミュージアムに、1,500平米もの巨大な常設展示「FUTURE WORLD: WHERE ART ...
実在するモノに映像をシンクロさせるプロジェクションマピング全盛の現代。もしかしたら、このアーティストの存在がなければ、今日ここまでのデジタルアート興隆はな...
男性が、世界で初めて妊娠・出産したとニュースになったのは、2008年のこと。もともと女性として生まれてきたけれど、大人になってから自分は女性に惹かれている...
石鹸などを扱うアメリカの小売店Bath & Body Worksは、目の見えない障害者にアートを楽しんでもらおうと、「白い杖の日」に合わせて#TheBli...
まあ、ぶっちゃけちゃえば、伸縮するテーブルって珍しくない。でも、伸ばすと不格好になるっていうのがお決まりのパターン。でも、『Friction Table』...
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...