ロクシタンとチームラボが共演!南仏の魅力が感じられるデジタルアートは、新たな可能性を示す

ウルトラテクノロジスト集団チームラボが、世界で初めてロクシタンの店舗を色鮮やかに演出。とはいえ彼らの取り組みの中では、やや毛色が違うこのプロジェクト。示したのは、映像を用いたデジタル体験とショッピングの融合という、まったく新しい可能性です。

体感型デジタルシアターが、新宿店に誕生

これは、9月16日(金)ロクシタン新宿店に誕生する『DIGITAL PROVENCE Powered by teamLab』。南仏プロヴァンスに広がる美しい自然とロクシタン製品の原料である植物の息吹きを体感できる空間になっています。

同店の1階と4階に現れるのは、以下3種類のデジタルアート。

1F展示:『フレグランスウォール』

エントランス付近に設置された鏡の正面に立つと、プロヴァンスの植物が鮮やかに咲き誇り、同時にその香りが噴霧されます。プロヴァンスならではの生命力に満ち溢れた植物を視覚でも嗅覚でも感じることができるだけでなく、撮影スポットとしても◎。

1F展示:『フラワーテーブル』

ディスプレイ型のテーブルにロクシタンの製品を置くと、製品のキーとなる原材料の植物イメージや使い方が表示されます。

4F全体:『デジタル プロヴァンス シアター』

プロヴァンスが持つ美しい自然の一瞬を表現する空間。『フラワーテーブル』同様に、テーブルに製品を置くとキーとなる植物のビジュアルが空間全体に広がることに。

置かれた他の製品との組み合わせによって、ビジュアルの形や大きさが都度変化し続けるシステム。360度広がる壁にはプロヴァンスの美しい風景を映し出しており、ロクシタン製品の香りが漂う空間で、まるで南仏にいるかのような体験が可能です。

広がる「デジタルアートの可能性」

従来のチームラボの作品は、見て、触れて楽しむ「インタラクティブアート」としての側面が強い印象。もちろんこれもその一種には違いないのですが、実際の店舗を彩っている点、そして商品と連動することでショッピングと融合している点に新しさを感じずにはいられません。

ちなみに、オープン記念SNSキャンペーンでは、上記のデジタルアートの写真を「#デジタルプロヴァンス」でSNSへ投稿すると、スペシャルドリンクがもらえる模様。デジタルアートのポテンシャルが、俄然広がってきたのかも?

【概要】
DIGITAL PROVENCE
・展示日:2016年9月16日(金)~
・所在地:「新宿店ヴォヤージュ・アン・プロヴァンス」内
・住所:東京都新宿区新宿 3-17-5 盛成堂ビル センタープラザ1階/4階
・時間:ショップ 11:00〜21:00 / カフェ 10:00〜23:00(LO 22:00)※4階は12:00~21:00(最終入場~20:20)

Licensed material used with permission by ロクシタン
andmore
他の記事を見る
TABI LABOでは、月に1回「ReTHINK=考え直す、再考する」をテーマにしたイベントを開催しています。男性の皆さん必見です! 今回のテーマは「香り...
いよいよやってくる夏休み。家族やカップルで出かけよう!と意気込んでいる人も多いはず。でも、いざ外出したら、暑さに負けて意気消沈。涼を求めて、用もないのにと...
2016年3月、マリーナベイ・サンズのアートサイエンス・ミュージアムに、1,500平米もの巨大な常設展示「FUTURE WORLD: WHERE ART ...
佐賀県武雄市の御船山楽園で、「かみさまがすまう森のアート展」が開催。チームラボと資生堂がコラボしており、プロジェクションマッピングを用いて、「生命の連続」...
いまや、日本だけでなく世界のデジタルアートシーンで確かな存在感を誇示しているチームラボ。2015年5月10日に終了した「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ...
「超実験的!」主催元のチームラボがそう言ってしまうほど、前代未聞のイベントがあります。ここまで潔く表明されると、逆に気になって仕方がありません。音楽フェス...
Demon Zhangさんによる「UNKNOWN×UNKNOWN」は、想像上の生物をPhotoshopなどで描く3Dアート。驚きの発想力と精密な描写がIn...
アメリカでは「デジタル・デトックスキャンプ」なるものが人気らしい。日本でも「デジタル・デトックス」は、ひとつの休日の過ごし方として注目されている。象徴的な...
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...
現在お台場で開催中の「DMM.プラネッツ Art by teamLab」が好調のチームラボ。その勢いは、衰えるどころかむしろ加速するばかり。今回は、これま...
360度に(なんなら床にも)映し出されたゴッホの絵画を鑑賞……というか、全身で体感!このteamLabのデジタルアートを彷彿とさせる展覧会を開催しているの...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
ストリートアーティストPBOYさんは、個人間での送金がラクになるというビットコインの特徴を自身の作品に取りこんでいる。
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
プログラマやエンジニア、建築家など、さまざまなスペシャリストで構成されたウルトラテクノロジスト集団「チームラボ」。アート・サイエンス・テクノロジーの境界線...
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
イギリス人デジタルアーティストのJames Gilleardさんが訪日した際に体験した、都会から田舎までの道のりを描いた「Japan By Car」作品が...
東京駅の3Dプロジェクションマッピング「TOKYO HIKARI VISION」や「新江ノ島水族館 ナイトアクアリウム」などで知られる、クリエ...
フィリピンの「Malasimbo Music & Arts Festival」は、音楽にプラスしてアートにも重点を置いたフェス。会場は毎年、光や色を巧みに...