【観に行ける!】世界的テクノロジー集団が演出する「夜の水族館」がスゴイ

いまや、日本だけでなく世界のデジタルアートシーンで確かな存在感を誇示しているチームラボ。2015年5月10日に終了した「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」が社会に与えたインパクトは、強烈なものだった。

それからわずか約2ヵ月。時代の寵児・猪子寿之氏率いるウルトラテクノロジスト集団が次に目を付けたのは、「夜の水族館」だ。

1.花と魚 - 相模湾大水槽(小)_R

会場となるのは“えのすい”でお馴染みの新江ノ島水族館。「ナイトワンダーアクアリウム2015」と名付けられた今回のプロジェクトにも、チームラボの独創性とテクノロジーがふんだんに投入されている。魚とデジタルアートが織りなす幻想的な空間は、またしても大きな反響を呼ぶことになるだろう。

それでは、今回のプロジェクトの柱となる4つのコンテンツをご紹介。


花と魚-相模湾大水槽
Flowers and Fish- Enoshima Aquarium Big Sagami Bay Tank

チームラボ, 2015, インタラクティブデジタルインスタレーション, 音楽:高橋英明

今回の目玉となるのがコチラ。新江ノ島水族館のメインである「相模湾大水槽」がプロジェクション・マッピングによってアート空間へと変貌する。

水槽に映しだされた花々は、魚が近くを横切ると一斉に散る仕組み。作品は気まぐれな魚たちの動きに影響を受けるため、常に新しい光景が来場者を楽しませ続けることに。


呼応する球体と夜の魚たち
Resonating Spheres and Night Fish

チームラボ, 2015, インタラクティブデジタルインスタレーション, 音楽:高橋英明

光の球体は、何かしらの衝撃を受けると色を変化させ、特有の音色を響かせる。それに呼応して、周りの球体も色を変化させ、また音色を奏でるのだ。その「連続性」が視覚と聴覚を優しく刺激する。


呼応する小さな海
Small Resonating Sea

チームラボ, 2015, インタラクティブデジタルインスタレーション, 音楽:高橋英明

②と同様に、「連続性」を楽しむアート。水槽に近づくと、光の色が変化し音色を響かせる。それがどんどん周りの水槽へ伝染していく。


お絵かき水族館
Sketch Aquarium

チームラボ, 2013

「紙」に自由に魚の絵を描くと、それが目の前の巨大な水槽で泳ぎ始める。これで喜ばない子どもなどいないはず。

2.ResonatingSpheresandNightFish_main(小)_R

ナイトワンダーアクアリウム2015」は7月18日(土)に始まったばかり。「涼」を感じさせるコンテンツは、いよいよ到来した暑い夏にピッタリだ。

チームラボが提案するまったく新しい「夜の水族館」の楽しみ方。カップルで、そして家族で体験してみては?

【展示概要】

えのすい×チームラボ ナイトワンダーアクアリウム2015
会場:新江ノ島水族館
会期:2015年7月18日(土)から12月25日(金)
開催時間:17時から20時
休館日:期間中休催日あり
料金:大人2100円/高校生1500円/小・中学生1000円/幼児(3歳以上)600円

Licensed material used with permission by 「えのすい×チームラボ ナイトワンダーアクアリウム2015」広報事務局

チームラボが進める教育プロジェクト「チームラボアイランド 学ぶ!未来の遊園地」。そのメインプログラムである「お絵かき水族館」が、香港で開催されたデザインコ...
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...
最新テクノロジーを駆使した水族館「カワスイ 川崎水族館」が、7月17日、川崎駅前商業施設「川崎ルフロン」にオープン。
プログラマやエンジニア、建築家など、さまざまなスペシャリストで構成されたウルトラテクノロジスト集団「チームラボ」。アート・サイエンス・テクノロジーの境界線...
今月21日から数量限定で発売される「ヘネシー V.S エンド・オブ・イヤー 2020 ゴールドボトル」は、来年への期待を込めたキラキラの黄金色がまぶしい!
列車のダイヤに遅れが生じる原因はさまざま。でも、よもやカメがその一因となることがあろうとは。想像できませんよね?西日本旅客鉄道株式会社(JR西日本)とて同...
蜷川実花といえば、映画『さくらん』や『ヘ ルタースケルター』の監督を務めた人物として広く知られている。最近では、愛媛県・道後温泉とのコラボレーション企画「...
クラゲの展示種類が世界一として有名な山形県「加茂水族館」とコラボした幻想的で美しいクラゲの傘がWEB予約販売をスタート。
「チームラボ」が、自宅のテレビを”アート”にして世界中とつながるプロジェクトを始動。自作の花を絵をアップロードすることで、世界中の人が描いた花と共に咲き乱...
日本の文化、アート、モノづくりを発信するデジタル体験施設「羽田出島(DEJIMA by 1→10)」が、「羽田空港」に隣接した複合施設「羽田イノベーション...
10月より東京も対象となったことでさらなる注目を集めているGo To トラベルキャンペーン。この記事ではGo To トラベルキャンペーンを使っていける京都...
「マリンスノウ」をモチーフにした、体験型イベント『SNOW AQUARIUM BY NAKED』が開催中の「エプソン アクアパーク品川」。海の中に、神秘的...
人気書籍『ざんねんないきもの事典』と池袋「サンシャイン水族館」のコラボ企画「ざんねんないきもの展2」が、10月30日より開催される。
昨年、話題を巻き起こした「性いっぱい展」の第2弾「もっと♡性いっぱい展」が、東京・池袋の「サンシャイン水族館」で11月5日(木)まで開催中だ。
ウルトラテクノロジスト集団チームラボが、世界で初めてロクシタンの店舗を色鮮やかに演出。とはいえ彼らの取り組みの中では、やや毛色が違うこのプロジェクト。示し...
「すみだ水族館」は、夏のショープログラム「ペンギン花火」を8月30日までの土日祝日に実施。日本最大級の屋内開放型ペンギンプールの底面全体に、花火をイメージ...
死ぬ夢の意味とは?夢占いの専門家が人、夢のなかでの死因、状況別に死ぬ夢を紐解いていきます。
京都西陣織の正絹を使用した「和のますくす」に秋冬の新作が追加。伝統的で落ち着きのある柄は、和装はもちろん、フォーマルにもカジュアルにも似合う。
天候にも左右されず、おうち時間にストレス解消や自律神経の調整にもいいとしてブームが再燃している「大人の塗り絵」から、気になる7冊を紹介。「海の楽園」は、ジ...
「Firsthand」は「チームラボ」がデザインした、お米の流通過程で使用される米袋をアップサイクルしたエコバッグ「teamLab Folding Ric...
高知の街の象徴である日本三大夜城の「高知城」が、インタラクティブな光のアート空間に変わる。「チームラボ 高知城 光の祭 2019-2020」は2019年1...
サンディエゴの水族館で撮影された映像に注目が集まっている。シャチが餌用の魚を使って、鳥をハンティングした瞬間をとらえたものだ。釣りをしているかのように、鳥...
東京駅の3Dプロジェクションマッピング「TOKYO HIKARI VISION」や「新江ノ島水族館 ナイトアクアリウム」などで知られる、クリエ...
精神科医・奥田弘美先生曰く、ストレス解消にもおすすめだというクラゲ鑑賞。7月9日にリニューアルオープンする「サンシャイン水族館」の「海月空感(くらげくうか...