京都水族館で開催中!体験型アート『雪とくらげ』が美しい・・・

ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法となりつつありますが、京都水族館では、雪とクラゲがコラボレーションしています!

冬の京都の自然美と
海の生物が融合した水族館

クラゲゾーン投影後(メインビジュアル文字無し)

画像は、京都水族館のクラゲゾーンで現在開催中の「四季を楽しむインタラクティブアート」の第一弾。冬を楽しむインタラクティブアート『雪くらげ』の展示風景です。
ミズクラゲの展示スペースに、雪景色をまるまる投影。水槽内をたゆたう優雅なクラゲと映像が調和した空間は、水族館にいることさえ忘れてしまいそうですね。

インタラクティブビジュアル

そもそも、インタラクティブアートとは、鑑賞するだけでなく、観客が参加することで完成する芸術作品のこと。この『雪とくらげ』も人の動きに合わせて、壁や床に投影された映像が刻々と変化する演出が見どころ。
たとえば、降り積もった雪の上を実際に歩いたかのような足跡がついたり、上の写真のように足跡が波紋となって広がるなど、水槽の中だけの世界から飛び出し、空間全体を楽しむことができるようです。

古都に降る雪をイメージした
オリジナルのアロマ香も

jellyfishinkyoto160105-02

このほか展示スペースでは、京都の歴史ある町並みに降るしなやかで柔らかい雪をイメージしたオリジナルアロマの香りが楽しめるそうです。リリースによれば、瑞々しく華やかで、白粉(おしろい)を思わせる甘い香りなんだとか。

また、映像とともに流れる雪景色をイメージした音楽は、ミズクラゲの拍動をベースにリズムを取るこだわりよう。きっと、ゆったり静けさ漂う旋律なんでしょうね。

スクリーンショット 2016-01-05 10.10.32

ちなみに、クラゲゾーンにはミズクラゲのほか、こんな色鮮やかなクラゲたちも。

冬を楽しむインタラクティブアート『雪とくらげ』は、3月13日(日)まで開催中。営業時間等の詳細はこちらから。真冬の京都の楽しみに立ち寄ってみては?

Licensed material used with permission by 京都水族館 , yo426co

京都の中心部、四条烏丸にある「凛葩(RINPA)」は、日本画と京町家をかけ合わせた宿。一棟貸し切りのこの宿には、きらびやかな日本画と木造建築の雰囲気がマッ...
「京都は迷う街である。と言っても、道に迷うという意味ではなく、いつ行くべきか、何を見るべきか、どう動けばいいか。旅に出る前に迷い、着いてからも迷い、そして...
どの季節でも、訪れた人に様々な気づきを与えてくれるのが「京都」。日本古来の奥ゆかしさはもちろん、京都発の新しいムーブメントを堪能するため、年に何度も足を運...
京都の「ENSO ANGO」は内装テーマの異なる5棟が、徒歩圏内に分散しているちょっと変わった形態のホテル。モダンホテルなのに坐禅体験ができるのは注目ポイ...
2月15日から「Makuake」で先行販売中のモバイルバッテリー「BRICKSPOWER」の新シリーズは、無線給電、LEDライト、スピーカーなどに変化する...
京都の竹工芸職人、小倉智恵美さんが手がけるのは、代々伝わる「竹籠」の技術を活かして作られた「Kyoto Basketry Accesory Series」...
2020年春、体験型複合拠点「スノーピーク京都嵐山(仮称)」がオープン。
京都の「そわか(SOWAKA)」は、2019年3月にオープンしたモダンホテル。老舗料亭の数寄屋建築をリノベーションした本館は、伝統とモダンを調和させた空間...
2016年3月、マリーナベイ・サンズのアートサイエンス・ミュージアムに、1,500平米もの巨大な常設展示「FUTURE WORLD: WHERE ART ...
昨年末のオープンと新顔でありながら、早くも京都のカフェシーンを代表するほどの人気を集めています。
古くなった同社の靴を回収して、高い技術力で修復されたのち、コレクションとして店頭で売られるという。またデザイナーによって新たにデザインされた特別な一足も発...
「京都は狭い」なんて言う人もいる。でも、観光客からすれば広い街だと思う。名所旧跡は数えきれないほどあるし、それも訪れる季節や時間帯によってまた表情が変わる...
2016年1月10日(日)、京都・岡崎に国内6店舗目となる「蔦屋書店」がオープン。西日本では「梅田 蔦屋書店」に次ぐ2店舗目。主に関西人から熱い視線が注が...
「京都タワー」の最頂部、120.9メートルからのVRバンジージャンプ体験イベント。2月1日〜3月31日までの期間限定開催。
京都の「MOGANA」は、“日本の食事”を味わえるモダンホテル。2018年12月のオープン以来、食の宝庫と呼ばれる淡路島から食材を取り寄せ、こだわりの朝ご...
京都の中心部、祇園にあるリーズナブルに宿泊できるシンプルさを追求した「TSUKIMI HOTEL」は、“お弁当”というスタイルで朝ごはんの販売を開始。
イギリスのEU離脱当日に発売となった「LIAR Wine」。赤ブドウ品種のメルローを使ってわざわざ白ワインに仕上げた本当の理由とは?
欧米を中心に肉の代用となる「植物性ミート」の需要が急速に高まっています。なかでもヘルシーで栄養満点の「大豆ミート」。その利点と使い方について紹介します。
京都は魅力ある街なので「どこに行くべきか」と、悩みは尽きませんよね。ここでは、頭を抱えがちな「観光スポット」について押さえておきたいポイントを紹介します。...
優しい口当たりのちりめんじゃこと、ピリッと効いた山椒の実を一緒に炊き合わせた、柔らかく優しい風味が特徴の「じゃこ山椒」。ちりめんじゃこも山椒も古くから京都...
今年で12年目になる『京都手帖』。京都広域MAP、鉄道路線図、バス路線図、葵祭・祇園祭・時代祭のルートMAP。さらには、主要な社寺の拝観データ、文化施設の...
京都の寺町にオープンしたのが缶詰専門店の「ひとかん」。旗艦店オープンに合わせてリリースされた「京都雅缶シリーズ」(全5種)は、京都ならではの味覚に雅なパッ...
この「宙フェス」を簡単に説明すると、星空の楽しみ方を一堂に集めた野外イベントで、2014年から開催。アートやサイエンスはもちろん、宇宙にまつわる雑貨を揃え...
京都府与謝郡伊根町。丹後半島の北東部に位置し、古代より大陸との交流が盛んなこの町には、どこかノスタルジックな光景が広がっています。「まさか、京都にこんなと...