京都で体験できる「アフリカ×着物」

「アフリカ」と「着物」。

一瞬考えただけではとても合いそうには思えない組み合わせですが、なるほど、見れば納得。

ただ奇抜なだけではなく、アフリカの伝統的な柄と和柄の融合がエキゾチックでもあり、力強さと美しさを感じさせてくれます。

その名も「WAFRICA(ワフリカ)」。

カメルーン出身のデザイナーと
老舗のコラボ

「WAFRICA(ワフリカ)」は、カメルーン出身のアフリカ系フランス人デザイナーの「セルジュ・ムアング氏」と、京都で100年以上続く老舗呉服メーカー「小田章」とのコラボで生まれた着物シリーズのこと。

柄はアフリカのテイストがベースなんですが、着物にしてみると古典柄に見えなくもない。その意外なバランスが人気のようです。

着付けはもちろん
フォトスタジオで撮影まで

このシリーズは、京都の四条駅から徒歩10秒の「京呉館」でレンタル可能。

事前予約が必要ですが、着付けをしてもらい、フォトスタジオでコシノミチコ専任のフォトグラファー、中里吉秀さんに写真を撮ってもらうこともできる、という贅沢なプランもあり。

その一部をご紹介しますね。

WAFRICA 蝶

着物のデザイン自体がヴィヴィッドなので、ブレスレットやサングラスとの相性がいいのも特徴的。

これなら、アフリカの部族を思わせるメイクも似合ってしまうから不思議です。

WAFRICA 蛇

WAFRICA 菱

WAFRICA 指輪

WAFRICA 蔦

プリミティブとモダンの組み合わせ。

「変身願望の強い方だけ」とは言いません。一生の思い出に、こんなスタイルでの撮影もあり?

Licensed material used with permission by京呉館
京都の竹工芸職人、小倉智恵美さんが手がけるのは、代々伝わる「竹籠」の技術を活かして作られた「Kyoto Basketry Accesory Series」...
「京都は狭い」なんて言う人もいる。でも、観光客からすれば広い街だと思う。名所旧跡は数えきれないほどあるし、それも訪れる季節や時間帯によってまた表情が変わる...
「京都は迷う街である。と言っても、道に迷うという意味ではなく、いつ行くべきか、何を見るべきか、どう動けばいいか。旅に出る前に迷い、着いてからも迷い、そして...
どの季節でも、訪れた人に様々な気づきを与えてくれるのが「京都」。日本古来の奥ゆかしさはもちろん、京都発の新しいムーブメントを堪能するため、年に何度も足を運...
「Girls Don’t Cry」「Wasted Youth」のデザイナー・VERDY氏が原宿の新名所「ONE」で開催した裏ポップアップを緊急レポート&直...
代々木上原で話題!体に優しくて、美味しい。 フラワーショップ併設のオーガニック・レストランbotanical table Offf 〒151-0066 東...
昨年末のオープンと新顔でありながら、早くも京都のカフェシーンを代表するほどの人気を集めています。
今年で12年目になる『京都手帖』。京都広域MAP、鉄道路線図、バス路線図、葵祭・祇園祭・時代祭のルートMAP。さらには、主要な社寺の拝観データ、文化施設の...
様々なビールづくりに挑戦する「スプリングバレーブルワリー京都」が、9月7日にオープン。これは東京(代官山)、横浜に次ぐ3店舗目で、西日本へは初上陸。京都な...
ドゥーブルメゾンは、雑誌『Olive』で17年間スタイリストを務めた大森伃佑子がディレクションするブランドだ。「身につけるもの」という大きな視点を据え、着...
ペインター兼スキューバダイビングのインストラクターOlga Belkaさん。わざわざ水中で絵を画く理由は、「お金がなくてダイビングができない人にも、海の美...
その光景は、まるでイギリスの田舎町。人気観光地として名高いコッツウォルズさながらです。この村があるのはなんと日本。しかも、古都・京都というのだからさらに驚...
ネット上で話題沸騰の写真があります。なんと、京都のお堀には抹茶が流れていたんだとか!?一体なぜ…。
京都は魅力ある街なので「どこに行くべきか」と、悩みは尽きませんよね。ここでは、頭を抱えがちな「観光スポット」について押さえておきたいポイントを紹介します。...
優しい口当たりのちりめんじゃこと、ピリッと効いた山椒の実を一緒に炊き合わせた、柔らかく優しい風味が特徴の「じゃこ山椒」。ちりめんじゃこも山椒も古くから京都...
日本初のジン専門の蒸溜所がつくる「季の美 京都ドライジン」を紹介する。原料には柚子、生姜、山椒、玉露などの和のものを、スピリッツにはお米を、ラベルには伝統...
イタリア人デザイナーMario Trimarchiが手がけたバイク「Samotracis」。ポイントは、ボディを覆っている銅です。100年経ってもイケてる...
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...
京都府与謝郡伊根町。丹後半島の北東部に位置し、古代より大陸との交流が盛んなこの町には、どこかノスタルジックな光景が広がっています。「まさか、京都にこんなと...
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...
2016年1月10日(日)、京都・岡崎に国内6店舗目となる「蔦屋書店」がオープン。西日本では「梅田 蔦屋書店」に次ぐ2店舗目。主に関西人から熱い視線が注が...
日本でも珍しい京都の弁当箱専門店「Bento&Co」が開催した、弁当箱を使った国際コンテスト。「第7回国際BENTOコンテスト2015」の結果をご覧あれ。
京都府南丹市美山町にある「美山FUTON&Breakfast」は、まるでその土地に暮らしているかのように宿泊できる、茅葺き一棟貸しの宿。古来の日本人が表現...
手ぬぐいや風呂敷などを扱う綿布商としては日本最古とも言われる「永楽屋」。デザインのみならず生地や染めにこだわるモノづくりの姿勢が、国内はもとよ...