ミラノ発!京都の着物にイタリアのシルクを融合させた「巻くスカート」

日本とイタリアの国交樹立150周年にあたる2016年。日本文化(着物地)とイタリア文化(シルク)を融合させた「リバーシブルスカート」をメインアイテムとするブランドが誕生。大河内愛加氏と宮下万里恵氏がミラノで立ち上げた「renacnatta(レナクナッタ)」です。

“れなくなった”もの同士が
ミラノで融合!

日本の着ら「れなくなった」着物とイタリアの使わ「れなくなった」シルクーー。2つの“れなくなった”が融合し、新たなものへ生まれ変わるというコンセプトがブランド名の由来。

着物ならではの良さを生かしつつ、現代にも、そしてヨーロッパの街並にさえもマッチする「新しい着物のあり方」があってもいいのではないか。そうして、着物特有の「巻く」「たくし上げる」からヒントを得たrenacnattaのスカートは、ワンサイズでどんな人でもぴったり履きこなせるのだそう。

着物地の裏はイタリア製シルク。renacnattaで使用されるシルクは、すべて高級シルクの名産地コモ地方で作られたもの。ヨーロッパのブランドの中でコレクションに採用されず、後に卸屋に出てくる貴重なものを買い付ける模様です。

基本の着方がこちら!

上記5番の後に、シルクの部分を表に出しながらたくし上げることで、好きな長さに調節することも可能。

応用編も!

紐を穴に通さず、正面の部分のシルクを多めに出すことで段違いを作れます。

シルク側をメインにしてギャザーを入れたバーションも。

パーティー用の「お呼ばれスタイル」。巻貝のようなきれいなギャザーが入ります。アイデア次第でさまざまな表情を楽しめますね。

価値があるにもかかわらず、たまたまスポットライトを浴びることが出来なかった異素材のテキスタイルたち。日本で眠っていた京都のヴィンテージ反物とイタリアのコモ地方で生まれたシルク、本来なら出会うことのなかった異なる背景を持つ素材が組み合わさりジャパニーズ・イタリアンテイストなスカートとして生まれ変わります。

そんな「renacnatta」は、現在クラウドファンディングサイト「Makuake」にて資金調達中。サポートの種類はさまざまですが、スカートは9,800円(税込)から支援できるようです。クラッチバッグ付きのコースもあるので、ぜひチェックしてみてください。

Licensed material used with permission by Makuake
他の記事を見る
シルク製品は、高級感のある柔らかな光沢としなやかで滑らかな肌触りが魅力ですが、とにかく扱いがデリケート。デイリーユースで買うにはちょっと勇気がいるお値段と...
「アフリカ」と「着物」。一瞬考えただけではとても合いそうには思えない組み合わせですが、なるほど、見れば納得。ただ奇抜なだけではなく、アフリカの伝統的な柄と...
イタリア本土と水の都ベネチアを結ぶ街メストレに、博物館「M9(Museo 900)」がオープン。展示内容は20世紀のイタリア。テクノロジーを駆使した館内の...
先日、イタリア北西部のチンクエ・テッレではサンダルを履いてハイキングをすることが禁止となりました。
イタリアにはたくさんのピザ専門店「ピッツェリア」があります。この記事で紹介する地図「Best Pizzas in Italy」には、イタリア版ミシュラン「...
自転車を縦にして飾れるサイクルスタンド、「Vertik」の紹介です。
JR埼京線・武蔵野線「武蔵浦和駅」から1分ほど歩くと「イタリア」が見えてきます。イタリア風の建物がある、といった子供だましではありません。ヨーロッパ野菜を...
いまや髭は、髪型と同様に立派な個性の表現方法として認知されています。とはいえ、顔立ちの問題もあってか、“モフモフのあご髭”に挑戦する日本人は少ないですよね...
イタリアの市街地は、どこも趣のある古い建築物がたくさんある。有名な観光名所だけでなく、何気ない通りでも、思わずカメラを向けてしまうほど旅情感たっぷりだ。ビ...
1970年代、アメリカからイタリアに伝えられたチアリーディング。イタリアの伝統的なマーチングバンドと結びついて発展を遂げ、いつしかイタリア独自の文化へと姿...
イタリア・ミラノで61年の歴史を持つ老舗ピッツェリア「SPONTINI(スポンティーニ)」。その海外進出第1店舗目が、本日2015年10月30日(金)、「...
イタリア関連のドキュメンタリーなんかを見ていると、未だあの国のイメージは「食べ物」や「歴史的な建築物」なのだろうと思う。が、壮大な自然も見逃せない。And...
ドゥーブルメゾンは、雑誌『Olive』で17年間スタイリストを務めた大森伃佑子がディレクションするブランドだ。「身につけるもの」という大きな視点を据え、着...
イタリア人の「おいしい」の表現方法は、じつに多様。さすがほめ上手な国民性ってところでしょうか。
吉田ユニやPARTY川村真司など、これまでに数多くの著名クリエイターたちが映像制作を手がけてきたスペースシャワーTVのステーションID。先日公開されたその...
イタリアの「Acquetico」という村には約120人が暮らしていて、その一部の人が車のスピードの出し過ぎに対して不満を打ち明けたそう。ということで、試験...
ブルックリンのゴワナス地区にある「Gowanus Printing Lab」。ここは、“素人さんも歓迎”のシルクスクリーンプリント・スタジオだ。アンディ・...
いま、日本の「風呂敷」にインスピレーションを得たシューズが、国内外で密かなブームを呼んでいる。これは、イタリアのVibramから登場した、その名も『FUR...
社会を生き抜くうえで、私たちには想像力が必要。では問います、この紙は何を目的につくられた紙だと思いますか。(ちなみに巻いて使います)
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。