オランダ発スーツにシワができないバッグ。開発の裏に「巻き寿司」アリ

所有率が130%を超える、世界一の自転車先進国オランダ。通勤・通学時には、ユーザーのおよそ半数が自転車で移動するんだとか。そんなお国柄だからこそ、衣類をスマートに持ち運ぶためのガーメントバッグは、じつに効率的。とにかくシワは厳禁。それでいて、デザインもしっかり主張する。

折り目をつけずに賢く運ぶ
筒型ガーメントバッグ

A6624a4fefc9f8400bcf5cddb732586eb21716b0

衣類をコンパクトに、シワをつけずに持ち運ぶ。そのためには、①折り目をつけないこと、そして②圧力をかけないことが重要

いわゆる二つ折りタイプのバッグでは、どんなにデリケートに扱ってもスーツの腕周りやウエスト部にシワがよることがありました。

あのシワをどうしたらなくすことができるか?オランで開発されたヨガマット風なこのバッグは、クルクルと紙を巻き込むように衣類も巻いて丸めてしまおう。そんな発想から誕生したガーメントバッグらしいのです。

丸めて持ち運んでも
シワにならない

33d36b9ebd398012b814b757712e69e5a8aec69888397e3f95fcc82ea8573cf3a2268a5229d5defa

広げたROLLORの内部にスーツやドレスを、ふわっとやさしくたたんで入れるだけ。

96455de683ac41a270532a485055b186c4a65a24

あとは、クルクルっとスーツごとROLLORを巻いていくだけ。いくらなんでもシワになる…はずが、ならないのがこのバッグ。

ヒントは「巻き寿司」から
隆起した縁に秘密アリ

808920259c081d9160d7437698df7b9a89c097c2

シワをつくらないポイントは、独自開発した立体的な外側のプロテクトリム(外側縁)。この隆起したリムのおかげで衣類に圧力がかからないわずかな空間が生まれ、大胆にくるくる巻いてもシワができないという画期的な構造なのです。

カラクリを知ればなんて事ないように思えても、ここに着目できるかが発明のキモ。テクノロジーの開発者Teun van der Laan氏は、大学時代このアイデアをオランダの寿司レストランで閃いたそう。

なんでも、目の前で手際よく海苔に巻かれていく「巻き寿司」のプロセスが、美しくロジカルに思えたんだとか。「スーツをロールアップする」という全く新しい概念のガーメントバッグ誕生の裏に巻き寿司アリ。急に親近感が湧いてくる秘話ではないか。

スーツは「丸めて運ぶ」時代へ

6f146aa4d0f1dee08e3937bdac28fe0cfcb24cd3

付属のストラップをひっかければ出張時、旅行時も手軽に持ち運びができます。サイズも手頃で機内持ち込みもOK(一部サイズオーバーのものも)。しかも驚くことにROLLOR自体の重さは、わずか900グラム。つまりは、ちょっと厚手の冬用スーツよりも軽い!という点もGOOD。

465b0268e42a1a94d2091aef7e8c07885f0af18e

現在、世界25カ国で展開中のROLLOR、これ日本でも10月末より販売開始されるそうですよ。生地やサイズの異なる3種が登場予定。価格は12,800円(税抜き)から、ガーメントバッグとしても相場でしょう。

通り一遍な二つ折りのものよりも、こういう遊びごころあるアイテムを日本のビジネスマンにも持って欲しい。そこで、あえてこう言わせてください。「日本のビジネスマンよ、スーツは丸めて運ぼう!」。詳細はこちらからどうぞ。

Licensed material used with permission by ROLLOR
「Ultra Suit」は、「水」に関するトラブルを一気に解決してくれる、防水機能のあるスーツです。でも、防水どころか、防臭性や伸縮性もあるため、シワにな...
仕事でもスーツを着ることの少ない自分にとって〈SUIT SELECT(スーツ セレクト)〉は、少し遠い存在。だけど、この10月に発売されたばかりのトラベル...
初対面が苦手でも相手が思わず、それ何?と話しかけてくる個性的なラペルピンです。小さないお花を入れることで香りも楽しめます。お値段も5000円以下とお手頃で...
あと10分だけムニャムニャ…。そうやって毎朝のように眠気と戦っている、そこのアナタ。この特製「布団型スーツ」なら、着替える時間が必要ないだけでなく、職場で...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
「空を自由に飛んでみたい」と誰しもが一度は思うもの。そんな夢を叶えてくれるのが、カラダ全体を翼のようにして飛行可能にする「ウイングスーツ」。最近、映画やC...
最近、クラウドファンディングで資金を募っているアイテムがおもしろいです。斬新なアイデアを形にしたモノや、海外で人気を博している(けれど、まだ日本に入ってき...
渋谷・道玄坂の巨大クラブ「VISION」で音とお酒と踊りを楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
〈プラウドメン〉の「スーツリフレッシャーCMミニ」は、シトラス・ムスクの香り。爽やかな香水のように上品です。
スーツを着ている人を見ると、真面目で仕事ができそうな印象を受けるものですが、心理学的には着ている本人にも影響があるのだそう。興味深い研究結果が出ています。...
社会の闇を感じるイラストを見つけました。スーツが「喪服」のように見えてしまうサラリーマンたちを見ていると、仕事とは人生において何なのだろう。そう思わずには...
一見、普通のハンガーのように見えるが、本体には8つの吹出口があり、そこから微粒子イオンである「ナノイーX」が発生する仕組みらしい。これによって、衣類に付着...
南半球の島国にある“小さな村”に行くと、まるでホビットになったかのような気分に浸れます。いや、冒険に出るような気持ちになるのかも。
バルセロナにあるデザインスタジオBel&Belがつくった、電動立ち乗り二輪車「Z-Scooter」の紹介です。
圧縮袋が苦手だ。掃除機で空気を吸い込むタイプも、手でぐるぐる巻いて空気を抜くタイプも、うまく圧縮できたことがない……。
トラベルバッグといえば、キャリーバッグかスーツケースか? 一昔前なら、ハードラゲージかソフトかなんて悩んだこともあったっけ。でも、いまやそんなこと、多くの...
バッグブランド〈LORINZA(ロリンザ)〉によるこのトラベルポーチ。特徴はなんといっても、7つのメッシュポケットです。それぞれのポケットには、SUN〜S...