旬の夏野菜「オクラ」は、巻き寿司にしてもおいしいんです

栄養価の高いネバネバ野菜「オクラ」は、夏バテにも効果があると言われています。せっかくなので、おいしく食べるためのとっておきレシピを紹介しましょう。

オクラのネバネバと
梅の酸味で食欲アップ

12bfb915352a5b168007c749387379359ecd344f

ごはん100gに対し、すし酢小さじ2を混ぜて、酢飯を作っておきます。オクラ2本の上部を切り落としたら、ラップをして600Wの電子レンジで30~40秒加熱。ラップの上に敷いた焼きのりに酢飯を広げたら、小さじ1の練り梅を塗り、オクラをのせて手前から巻きます。食べやすい大きさに切ったら完成です。

オクラのネバネバな食感に、香る梅の酸味が夏にぴったりのレシピです。オクラの断面は星形に見えるので、パーティで並べてみても可愛いですよね。

暑くなればなるほどおいしくなる夏野菜のなかから、ちょっと変わったオクラの食べた方を紹介します。
夏バテ食材としても優秀な「オクラ」ですが、カタカナで書くようにルーツはアフリカ東北部、ナイル川周辺だそう。アフリカではごく一般的な食材で、中部に位置する国...
くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。
スパークリングワイン、チリの「サン・ホセ・デ・アパルタ・ブラン・ド・ブラン・ブリュット」。お値段は1,598円〜ですが、シャンパンと同じ製法の瓶内2次発酵...
台湾ポップスを聞いたことがない人へ。台湾語のエキゾチックな雰囲気と都会的なサウンドは新鮮です!
料理教室やウォーキングクラブに行くことを処方箋に書けるようです。
イギリスにある最高!?のマリアージュを発見。「Runaway Brewery」が開発したGari Goseは、成分にガリや昆布、梅やすし飯が入っているビー...
春は、人間にも虫にも動物にとっても気持ちがいい季節。それは、これらの野菜も同じ!みずみずしくて甘みを抱いたこの野菜たちを、早速今晩いただきましょう!
ギリシャの家庭料理には、食用の葉っぱでお米やひき肉を詰めて煮込んだものがあります。「ドルマダキア」がそれ。調理法はとってもシンプル。これをおつまみにお酒を...
初夏に向けて旬を迎えるのがゴーヤ。チャンプルーも、サラダも、おひたしもいいけれど、意外とメニューがワンパターンになりがち。そこで、「ゴーヤの肉詰め」のご紹...
パーツの組み合わせは数万通り世界に1冊だけの"オリジナルノート"を作れるお店HININE NOTE〒151-0064 東京都渋谷区上原1丁目3-5 SK代...
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
創作寿司の可能性って、まだまだありそうですね。
過去にニューヨークでミシュランの3つ星を獲得した「SUSHI YASUDA」。その元オーナーで、現在は南青山に「SUSHI BAR YASUDA」を構える...
他の国の食べ物の文化も受け入れて食べてみる。そこから始まる楽しさを『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)の著者、本山尚義さんが教えてくれ...
経済的な自立が難しい女性をサポートするためのプロジェクトで作られたアクセサリー。でもね、辛い過去があってもみんな楽しそうなんです。
15,000を超えるRTを集めた「簡単寿司」の作り方がまさに目からウロコ!使うのは100円均一で購入できる製氷トレーです。確かにこれなら手がベトベトにもな...
野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...
20代のリアルカルチャーを発信する「Elite Daily」。食のトレンドを伝える記事は、目新しさ、驚きそして、若者ウケの良さが判断基準だったりして?ライ...
食べごろのアボカドの見極めは意外と難しいもの。切ってみたら未熟で固すぎた…なんてときには、潔く生で食べることをあきらめること。火を通すアボカド料理を知って...
日本人が愛してやまないソウルフード、お寿司。いまでは国境を越えて多くの人に愛されているけれど、ふと、理由が気になってしまったんです。アメリカの女性ライター...
1976年に刊行され、料理ブームの先駆けとなった『聡明な女は料理がうまい』。これは、社会が進化しても変わらない“女性の生き方”について、“料理”と“台所”...
ピクルスって、好き嫌いがはっきり分かれる食べ物ですよね。好きな人は一度にいくらでも食べることができるでしょうが、あのままカリカリと食べるほかは、ピクルスを...
ねっとりネバネバの食感がおいしい長芋。秋が旬の食材というイメージがあるでしょうが、じつは春もおいしい時季を迎えています。東北地方では、秋から冬にかけて収穫...