「毎度バーニャカウダ」の価値観を変えるディップソース。

1920年代のサンフランシスコ、パレスホテルのシェフがあるドレッシングを考案しました。当時ミュージカルの主役を演じたGeorge Arlissを称え、演目『The Green Goddess』というネーミングからイメージしたもの。

そのままドレッシング使いもありですが、ディップソースとしても秀逸!

ハーブが効いた「緑の女神」

<材料>

A 卵の黄身:1個分
A マスタード(粒でないもの):小さじ1
A レモンの絞り汁:小さじ2/3
オリーブオイル:100ml
B イタリアンパセリ:15g
B 小口ネギ:小さじ2
B アンチョビペースト:小さじ1
B にんにく(みじん切り):1片
サワークリーム:180ml
塩:少々
こしょう:少々

01.まずはミキサーにAの材料を入れて、粘り気が出るまで混ぜたら、オリーブオイルを加えてもうひと混ぜ。

02.ここにBの材料を加えてペースト状になるまで混ぜます。

03.ボウルにサワークリームを入れてペーストを加えてよく合わせます。塩こしょうで味をととのえたらできあがり。

フレッシュな野菜をディップしてどうぞ。

選択肢豊富なディップソースですが、たまには自分でもつくってみると、おいしさを再発見できるはず。パーティーシーンにいかがですか?

野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...
生野菜のディップとしても使えますし、サラダに揉み込むのもOK。ローストした野菜や豆腐、それからチキンと合わせていただくのも◎。
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
かつお節じゃないけれど、削って使うタイプのドレッシングが登場。サラダのほか温かい料理にも使えて、汎用性ありそうです。
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
ナンプラーといえばタイ料理に使われる調味料。発酵を経ることで、魚介のアミノ酸のうまみを感じることができるナンプラーは様々な料理に活用できる万能調味料なんです。
クリスマスに忘年会。とにかく集まってワイワイやることの多い年末年始。こんなパーティグッズはいかがでしょう?
スパイスや乾燥食材をミルなどで粉砕して、サラダなどにかけて使う粉末タイプの「粉ドレッシング」を紹介します。好きなものを入れられるという自家製ならではのメリ...
アメリカ料理界の発展に大きく寄与し、“料理界のアカデミー賞”と呼ばれる食の祭典にその名を配すジェームズ・ビアード。アメリカの食に多大な影響を与えた人物。な...
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
料理が面倒なときに思い出すナンシーさんの言葉。30年前にアメリカから日本に移住したナンシー八須さんは、埼玉の農家の夫と結婚し、今や料理研究家として多忙な日...
食感が楽しい具沢山なドレッシングのレシピを紹介します。個性的な「おかず風」ドレッシングでサラダがどんどん進みますよ(ゴハンじゃなくね)。
食べごろのアボカドの見極めは意外と難しいもの。切ってみたら未熟で固すぎた…なんてときには、潔く生で食べることをあきらめること。火を通すアボカド料理を知って...
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
イタリア人の「おいしい」の表現方法は、じつに多様。さすがほめ上手な国民性ってところでしょうか。
なんでジャンキーな食べ物っておいしそうに感じてしまうのだろう。けれど、涙が出るほどおいしい「ヘルシーな料理」だってあるのです。たとえば、キヌアとケールを使...
写真の一部だけが永遠に動く「シネマトグラフ」。これを料理写真に用いると……快感でしかない。
好き嫌いがハッキリ別れるスパイスのひとつに五香粉があります。中国語では(ウーシャンフェン)。これ、中国料理や台湾料理にだけ使われるイメージですが、実際のと...