待ってました!オクラの季節。今年は「フライ」で

暑くなればなるほどおいしくなる夏野菜はたくさん。とうもろこし、ズッキーニ、トマト、さらに、ここでの主役オクラ。ちなみに英語でもオクラはOkra(オクラ)です。

この日本でもおなじみの野菜を使ったレシピを紹介するのはPallavi Gupta。なんでもフリットにして、ヨーグルトディップで食すのだとか。最高に爽やかじゃないですか!「Food52」よりどうぞ。

アツアツのカリッカリ
カレー風味のフリッター

5884512714096640
© Food52

フリッターとは、インドで「パコラス」として親しまれていている揚げ料理。インド料理屋さんに行くと、スナック的な位置付けで用意されていますよね。基本的な調理過程としては、カットした野菜を味付けした衣用生地で覆って、カリッカリかつ黄金色になるまで、たっぷりの油で揚げるだけ。

ひよこ豆の粉に、塩、ガラムマサラ、それからターメリックで味付けするのがクラシックスタイル。ですが今回のレシピでは、生地を中力粉に、味付けにはカレーパウダーとターメリックを使ってみました。

オクラを選んだ理由としては、野菜の中でもとくにおもしろい形をしているから。というのも、調理しすぎない限り、形をそのまま保ってくれるから。

クリーミーなヨーグルトディップはミントでつくります。この冷えたヨーグルトと、カレー風味の生地に包まれたアツアツのフリッターが、とにかく相性ぴったり!

材料:6人分

<ヨーグルトとミントのディップ>

プレーンヨーグルト:1カップ

マヨネーズ:1/4カップ

細かく刻んだフレッシュなミントの葉っぱ:1/2カップ

レモン果汁:小さじ1杯分

塩コショウ:適量

 

<オクラのフリッター>

オクラ:適量

中力粉:1カップ

お水:1/2カップ

カレーパウダー:小さじ3

ターメリック:小さじ1

塩:適量

フリッターを揚げるときに使う油:適量

作り方

【1】ディップの具材をボウルに入れて混ぜる。細かく刻んだミントの葉っぱは最後に入れて、さらによく混ぜ合わせる。

【2】オクラを流水ですすぎ、ささっとタオルで水切りし、ヘタを切り落とす。

【3】中力粉、カレーパウダー、ターメリック、塩を大きなボウルに入れて、スプーンで混ぜ合わせる。

【4】少しずつお水をボウルに足していき、円を描くように生地を混ぜていく。生地らしい質感になるまでお水を足し続けること。揚げるときにオクラにしっかりくっついて欲しいので、どろっとした粘土の高い質感がベター。

【5】揚げものを作るのにちょうどいい深さのフライパンを選んで油を注義入れ、たっぷり生地をつけたオクラをその中で揚げていく。中火にかけて、カリカリかつ黄金色になってきたら取り出すタイミング。フリッターはアツアツのまま冷えたヨーグルトディップにつけて召し上がれ。

Written byPallavi Gupta
Top photo:©Food52
Licensed material used with permission by Food52
栄養価の高いネバネバ野菜「オクラ」は、夏バテにも効果があると言われています。せっかくなので、おいしく食べるためのとっておきレシピを紹介しましょう。ごはん1...
夏バテ食材としても優秀な「オクラ」ですが、カタカナで書くようにルーツはアフリカ東北部、ナイル川周辺だそう。アフリカではごく一般的な食材で、中部に位置する国...
生野菜のディップとしても使えますし、サラダに揉み込むのもOK。ローストした野菜や豆腐、それからチキンと合わせていただくのも◎。
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
どちらもスペックは良くないけど、そもそもかわいさと安さしか求めてなかったのでオールオッケー!『フライング タイガー コペンハーゲン』さまさまです。
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」で秋の夜長を楽しむ女の子をスナップ&セルフィー。アンケートへの名解答&珍解答にも注目!
春は、人間にも虫にも動物にとっても気持ちがいい季節。それは、これらの野菜も同じ!みずみずしくて甘みを抱いたこの野菜たちを、早速今晩いただきましょう!
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
1976年に刊行され、料理ブームの先駆けとなった『聡明な女は料理がうまい』。これは、社会が進化しても変わらない“女性の生き方”について、“料理”と“台所”...
1920年代のサンフランシスコ、パレスホテルのシェフがあるドレッシングを考案しました。当時ミュージカルの主役を演じたGeorge Arlissを称え、演目...
社会の常識にとらわれることなく自分らしさを追い求めるために街を駆け抜けているそう。
野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...
いつもの醤油をちょっとだけアレンジしてみたら、あらら意外や意外、おいしい発見がありました。
料理の手順でおっくうなのが、野菜の皮むきだっていう人、意外に多いんですよね。では、このむき方ならどうでしょう。そもそも包丁を使わないって、驚きでしょ?
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
もうプールの季節は終わってしまったけど、「マーメイド・エクササイズ」は来年あたりに日本でも流行りそうだな〜。
ミントとパルメザンチーズをたっぷりトッピングした、グリンピースのサラダ。春っていいなぁ……としみじみ思える一品です!
〈BARNEYS NEW YORK(バーニーズ ニューヨーク)〉で限定販売中のミントタブレット。
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
もうすぐ、夏がやってきます。楽しみな一方で、日焼けが気になるし、エアコンが効きすぎて乾燥もするし、暑さで夏バテにもなったり……。何かとカラダのケアが大変な...
ただ「食べ物」ととらえるのではなく、少し見方を変えてみれば、鮮やかに色をつける野菜たちの美しさに少し気づくことができる。
栃木県益子町の田町地区、そのさらに一部の家庭で夏になると食べられるソウルフードがあります。その名も「ビルマ汁」。誕生したのは1945年。太平洋戦争でビルマ...
書籍『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)は、著者自信が、現地で料理修行をしたからこそわかる各国の食文化と一緒に、家庭で気軽に作れるレシ...