待ってました!オクラの季節。今年は「フライ」で

暑くなればなるほどおいしくなる夏野菜はたくさん。とうもろこし、ズッキーニ、トマト、さらに、ここでの主役オクラ。ちなみに英語でもオクラはOkra(オクラ)です。

この日本でもおなじみの野菜を使ったレシピを紹介するのはPallavi Gupta。なんでもフリットにして、ヨーグルトディップで食すのだとか。最高に爽やかじゃないですか!「Food52」よりどうぞ。

アツアツのカリッカリ
カレー風味のフリッター

© Food52

フリッターとは、インドで「パコラス」として親しまれていている揚げ料理。インド料理屋さんに行くと、スナック的な位置付けで用意されていますよね。基本的な調理過程としては、カットした野菜を味付けした衣用生地で覆って、カリッカリかつ黄金色になるまで、たっぷりの油で揚げるだけ。

ひよこ豆の粉に、塩、ガラムマサラ、それからターメリックで味付けするのがクラシックスタイル。ですが今回のレシピでは、生地を中力粉に、味付けにはカレーパウダーとターメリックを使ってみました。

オクラを選んだ理由としては、野菜の中でもとくにおもしろい形をしているから。というのも、調理しすぎない限り、形をそのまま保ってくれるから。

クリーミーなヨーグルトディップはミントでつくります。この冷えたヨーグルトと、カレー風味の生地に包まれたアツアツのフリッターが、とにかく相性ぴったり!

材料:6人分

<ヨーグルトとミントのディップ>

プレーンヨーグルト:1カップ

マヨネーズ:1/4カップ

細かく刻んだフレッシュなミントの葉っぱ:1/2カップ

レモン果汁:小さじ1杯分

塩コショウ:適量

 

<オクラのフリッター>

オクラ:適量

中力粉:1カップ

お水:1/2カップ

カレーパウダー:小さじ3

ターメリック:小さじ1

塩:適量

フリッターを揚げるときに使う油:適量

作り方

【1】ディップの具材をボウルに入れて混ぜる。細かく刻んだミントの葉っぱは最後に入れて、さらによく混ぜ合わせる。

【2】オクラを流水ですすぎ、ささっとタオルで水切りし、ヘタを切り落とす。

【3】中力粉、カレーパウダー、ターメリック、塩を大きなボウルに入れて、スプーンで混ぜ合わせる。

【4】少しずつお水をボウルに足していき、円を描くように生地を混ぜていく。生地らしい質感になるまでお水を足し続けること。揚げるときにオクラにしっかりくっついて欲しいので、どろっとした粘土の高い質感がベター。

【5】揚げものを作るのにちょうどいい深さのフライパンを選んで油を注義入れ、たっぷり生地をつけたオクラをその中で揚げていく。中火にかけて、カリカリかつ黄金色になってきたら取り出すタイミング。フリッターはアツアツのまま冷えたヨーグルトディップにつけて召し上がれ。

Written byPallavi Gupta
Top photo:©Food52
Licensed material used with permission by Food52
栄養価の高いネバネバ野菜「オクラ」は、夏バテにも効果があると言われています。せっかくなので、おいしく食べるためのとっておきレシピを紹介しましょう。ごはん1...
夏バテ食材としても優秀な「オクラ」ですが、カタカナで書くようにルーツはアフリカ東北部、ナイル川周辺だそう。アフリカではごく一般的な食材で、中部に位置する国...
生野菜のディップとしても使えますし、サラダに揉み込むのもOK。ローストした野菜や豆腐、それからチキンと合わせていただくのも◎。
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
実は食品廃棄大国なんです。そんな事態をなんとかしようと注目を集めているのが、「フードロスを減らしながら、お得に美味しいものが食べれちゃう」というサービス。...
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
野菜料理家の庄司いずみさんが初めてでも簡単に作れるヴィーガン料理を一冊にまとめた『ヴィーガン和食』が「主婦の友社」から刊行された。
春は、人間にも虫にも動物にとっても気持ちがいい季節。それは、これらの野菜も同じ!みずみずしくて甘みを抱いたこの野菜たちを、早速今晩いただきましょう!
いつ、どんなときだって、日々の活力を生むのは、おいしいごはんです。テイクアウトやUber Eatsもいいけれど、せっかくなら自宅でこんな特別な食事はいかが...
フレンチフライ専門店「AND THE FRIET」が開発に数年かけた実力派ポテトチップス。
デザインにもこだわった今年イチオシの風鈴を、音も合わせて紹介。第三弾は、「金鳥」と「中川政七商店」がコラボし、江戸風鈴の老舗「篠原風鈴本舗」が手がけた「金...
いくつレシピがあっても事足りないのがパスタ料理。ということで、絶品レシピをまとめてみました。「おうちパスタ」をもっと充実させましょう!
ジーンズの前立てに施されている「ボタンフライ」と「ジッパーフライ」の歴史と用途をプロが解説。
野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...
料理の手順でおっくうなのが、野菜の皮むきだっていう人、意外に多いんですよね。では、このむき方ならどうでしょう。そもそも包丁を使わないって、驚きでしょ?
1920年代のサンフランシスコ、パレスホテルのシェフがあるドレッシングを考案しました。当時ミュージカルの主役を演じたGeorge Arlissを称え、演目...
「自分とちがう人ほど、おもしろい。かっこいい。」。そんな想いをずっと心のなかに持ち続け、これまで世界中の少数民族を撮り続けてきたヨシダナギ氏。彼女の審美眼...
「ローソン」は、デザインオフィス「nendo」が手掛けるコンビニで便利なエコバッグを、関東・甲信越地区の「ローソン」と「ナチュラルローソン」にて販売中。
料理の初心者向け、コンロ1つで20分できる海外料理レシピ5選。9分でできるパスタ、フィンランドのサーモンスープ、台湾のトマトニューロー麺、ギリシャのレモン...
ミント味のシロップを水や炭酸水で薄めた、フランスの夏の定番ドリンクです。
1976年に刊行され、料理ブームの先駆けとなった『聡明な女は料理がうまい』。これは、社会が進化しても変わらない“女性の生き方”について、“料理”と“台所”...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
知ってるだけで何倍も料理がおいしくなるテクニック。これまでの常識がガラリと変わるかも!?
季節ごと色鮮やかな新鮮野菜を自由にアレンジして、オイルやドレッシングを合わせて。おかずにもなればデザートにもなる。毎日でも食べたくなる海外のサラダを集めて...