半日干すだけで「アスパラガス」は劇的においしくなる!

年中手に入るアスパラガスですが、旬を迎えるのが春。つまり、これからがもっともおいしいアスパラが出回る季節。もちろん、そのままでおいしいんですが、これをちょっとだけ干してみようというご提案。

まずは乾燥しているあいだに栄養が逃げないよう、かるく下茹でをします。レンチンでもOK。こうすることで、調理するときにも火が通りやすくなるんですよね。あとは、天日で半日ほど干せば準備OK。

ほんのひと手間。それだけで「こんなに味濃かったっけ?」と驚くハズ。甘さもぐんと増したように感じますよ。

©2021 NEW STANDARD

<ポイント>
★干す前にかるく下茹でする
★根元側の皮を薄くむく

★干し時間は半日(6〜8時間)ほど

干しアスパラのイタリアンロースト

©2021 NEW STANDARD

■材料(2人分)

・干しアスパラガス:6本くらい
・EVオリーブオイル:適量
・塩:少々
・コショウ:少々
・パルメジャーノ・レッジャーノ:少々
・レモン:1/4個

■作りかた

フライパンにオリーブオイルを適量ひいて温め、アスパラガスを並べて焼き目をつけていきます。アスパラはセミドライにしているため、火が通りやすいので焦げすぎないように注意。

塩コショウをひと振りして味をととのえ、器に盛り付けます。パルメジャーノをお好みで散らし、オリーブオイル、レモンをたっぷりかけていただきましょう!

Top image: © 2021 NEW STANDARD

関連する記事

春本番のその前に、干し野菜をたっぷり仕込んで普段の料理に活かしてみませんか?
キノコは干すことで栄養価が格段にUPします。そして香りも!
干し野菜の王道「ドライトマト」を使って、自家製「ドライトマトのオイル漬け」をつくってみよう。
「ズッキーニのナムル」をさらにおいしくする、たったひとつの方法、教えます。
「Amazon.com」の創業者であるJeffrey Preston Bezos(ジェフリー・プレストン・ベゾス)が設立した航空宇宙企業「Blue Ori...
フレッシュで瑞々しいパプリカもいいけれど、天日に干したものを使ってつくるオムレツ。病みつきのおいしさです。
春は、人間にも虫にも動物にとっても気持ちがいい季節。それは、これらの野菜も同じ!みずみずしくて甘みを抱いたこの野菜たちを、早速今晩いただきましょう!
いつ、どんなときだって、日々の活力を生むのは、おいしいごはんです。テイクアウトやUber Eatsもいいけれど、せっかくなら自宅でこんな特別な食事はいかが...
野菜料理家の庄司いずみさんが初めてでも簡単に作れるヴィーガン料理を一冊にまとめた『ヴィーガン和食』が「主婦の友社」から刊行された。
冷蔵庫を開けた時に、アスパラガスしかない……。でもお腹を満たしたいし、おいしい料理が食べたい!ここでは「しかない料理研究家」の五十嵐豪が、そんなニーズに応...
「University of California, Los Angeles(通称:UCLA)」が管理する研究所「Lawrence Berkeley Na...
「和ビーガン」をコンセプトに活躍しているシェフ・本道佳子さんの愛用調味料「本道佳子のさしすせそ」。添加物不使用、調味料自体に旨味やコクがありながらも後味が...
いくつレシピがあっても事足りないのがパスタ料理。ということで、絶品レシピをまとめてみました。「おうちパスタ」をもっと充実させましょう!
初めて食べると驚くビリうま。山椒のように舌がしびれるジャンブーの花のピクルス(醤油漬け)です。不思議な感覚でおいしい!――ブラジルのお酒と料理 特集
こんなときだからこそ、いえ、こんなときだって、日々の活力を生むのはおいしいごはんです。レストランシェフ、料理家、日頃から「食」に携わるみなさまから、“レシ...
野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...
その日の気分で自由な組み合わせを楽しむ料理家・平山由香さんのお味噌汁。今回の主役はアスパラガス。フレンチにもイタリアンにもスパニッシュにもベルギー料理にも...
料理の初心者向け、コンロ1つで20分できる海外料理レシピ5選。9分でできるパスタ、フィンランドのサーモンスープ、台湾のトマトニューロー麺、ギリシャのレモン...
いつものあの味、あの料理に「ちょい足し」するだけで、劇的に美味しくなるものがある。
暑くなればなるほどおいしくなる夏野菜のなかから、ちょっと変わったオクラの食べた方を紹介します。
おいしいお味噌汁をつくるとなると、「まずは出汁をとらなくては…」という手間が億劫という話をよく聞きます。たしかに出汁はお味噌汁に欠かせないもの。料理家・平...
アメリカの料理レシピサイト「epicurious(エピキュリオス)」は、気候変動対策の支援の一環として“牛肉レシピ”の紹介を打ち切ることを発表した。
料理の手順でおっくうなのが、野菜の皮むきだっていう人、意外に多いんですよね。では、このむき方ならどうでしょう。そもそも包丁を使わないって、驚きでしょ?
季節ごと色鮮やかな新鮮野菜を自由にアレンジして、オイルやドレッシングを合わせて。おかずにもなればデザートにもなる。毎日でも食べたくなる海外のサラダを集めて...
寒くなってくると、なんだか「チーズ」がグッとおいしく感じませんか?おやつにもなるし、ちょっとした料理をご馳走に変身させてくれたりもするチーズを、今よりもっ...
いつ、どんなときだって、日々の活力を生むのは、おいしいごはんです。テイクアウトやUber Eatsもいいけれど、せっかくなら自宅でこんな特別な食事はいかが...
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
和食の基本となる「だし」。その材料にはかつお、昆布、煮干し、干ししいたけなどが使われるのが一般的ですよね。でも、「豆」からもだしが取れるって知っていました...