半日干すだけで「アスパラガス」は劇的においしくなる!

年中手に入るアスパラガスですが、旬を迎えるのが春。つまり、これからがもっともおいしいアスパラが出回る季節。もちろん、そのままでおいしいんですが、これをちょっとだけ干してみようというご提案。

まずは乾燥しているあいだに栄養が逃げないよう、かるく下茹でをします。レンチンでもOK。こうすることで、調理するときにも火が通りやすくなるんですよね。あとは、天日で半日ほど干せば準備OK。

ほんのひと手間。それだけで「こんなに味濃かったっけ?」と驚くハズ。甘さもぐんと増したように感じますよ。

©2021 NEW STANDARD

<ポイント>
★干す前にかるく下茹でする
★根元側の皮を薄くむく

★干し時間は半日(6〜8時間)ほど

干しアスパラのイタリアンロースト

©2021 NEW STANDARD

■材料(2人分)

・干しアスパラガス:6本くらい
・EVオリーブオイル:適量
・塩:少々
・コショウ:少々
・パルメジャーノ・レッジャーノ:少々
・レモン:1/4個

■作りかた

フライパンにオリーブオイルを適量ひいて温め、アスパラガスを並べて焼き目をつけていきます。アスパラはセミドライにしているため、火が通りやすいので焦げすぎないように注意。

塩コショウをひと振りして味をととのえ、器に盛り付けます。パルメジャーノをお好みで散らし、オリーブオイル、レモンをたっぷりかけていただきましょう!

Top image: © 2021 NEW STANDARD

関連する記事

春本番のその前に、干し野菜をたっぷり仕込んで普段の料理に活かしてみませんか?
キノコは干すことで栄養価が格段にUPします。そして香りも!
干し野菜の王道「ドライトマト」を使って、自家製「ドライトマトのオイル漬け」をつくってみよう。
「ズッキーニのナムル」をさらにおいしくする、たったひとつの方法、教えます。
たとえ、誰からも理解されなくても、認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人々。人生の多くの時間を費やしてきた「愛すべきバカヤロ...
フレッシュで瑞々しいパプリカもいいけれど、天日に干したものを使ってつくるオムレツ。病みつきのおいしさです。
春は、人間にも虫にも動物にとっても気持ちがいい季節。それは、これらの野菜も同じ!みずみずしくて甘みを抱いたこの野菜たちを、早速今晩いただきましょう!

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...