ビリうまな新感覚。アマゾン野菜の醤油漬けがおいしいよ!――ブラジルのお酒と料理 特集

©2019 TABI LABO

初めて食べると驚くビリうまな食材。ブラジル北部の料理で使われるキク科の植物、ジャンブーを食べたことはあるでしょうか。一度食べたら忘れられません。

熱帯雨林アマゾンの食材を使うブラジル北部では、ジャンブーをスープや煮込み料理に入れるのが一般的です。山椒のようなしびれるおいしさが特徴で、食べたあとはしばらく口にするものの風味が変わってしまうほど刺激があります。と言っても、辛さはなくてマイルド。じんわりと舌の感覚が開くような、なんとも言えない体験。辛うまではなくビリうま。とにかくクセになる味です。

そのジャンブーの花を、醤油漬けにしたピクルスがこちらの瓶詰。そのまま食べるだけで、醤油の旨味とジャンブーの刺激が口の中に広がる逸品です。お酒が進みます。

じつは、こういったブラジルの食材と日本の発酵調味料の組み合わせには、両国の歴史がよく現れているのだそうですよ。ブラジルに移住した日本人は、母国の味を再現するために現地でできる発酵料理を研究し、次第にアマゾン野菜で漬物や佃煮などを作るようになったとか。今では日本でアマゾン野菜を育てる農家もいるため、新鮮なアマゾン野菜を、日本の発酵調味料を使って調理することができるようになった、というわけです。

ジャンブーの花のピクルス(醤油漬け)は、国産ブラジル食材を扱うセレクトショップ、BRASIL KITCHENで販売中。食べたことがない人はぜひ!

©2019 TABI LABO

ジャンブーの花のピクルス(醤油漬け) 1296円(税込)
BRASIL KITCHEN:http://brasilkitchen.jp/

Top image: © 2019 TABI LABO
取材協力 KIMOBIG BRASIL

おすすめ記事

ブラジルのお酒カシャッサ(またはカシャーサ)は、サトウキビから造られる蒸留酒のこと。近年、クラフト・カシャッサが国際品評会で次々とメダルを獲得。なかでもカ...
ブラジルといえばシュラスコ?確かに間違いじゃありません。畜産業が豊かな南部の地域を代表する料理です。でも、食材の宝庫である彼の国には、中部、北部とで全く異...
ビルミルクのミナスフレッシュチーズです。ブラジル出身のビルマルさんが、新鮮な牛乳と塩を使う母国の製造技術で作っています。自分や家族、友人のために、懐かしの...
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
いつもの醤油をちょっとだけアレンジしてみたら、あらら意外や意外、おいしい発見がありました。
いつもの醤油をちょっとだけアレンジしてみたら、あららフシギ。おいしい発見がありました。
冷蔵庫のなかった時代から続く郷土料理には、地元で採れた食材を塩や味噌などを使って保存食に加工したものが多いのですが、福島県の「にしんの山椒漬け」は、遠く北...
大泉町出身の友人が言っていた群馬のリトルブラジル。「レストランブラジル」「アソーゲタカラ」「西小泉駅」、どこへ行っても聞いていた以上のブラジル感。日本にい...
極寒の国ロシアの伝統的なスープを紹介します。体の中まであったまる一杯はどんなものだと思います?野菜が主体のスープですが、味の決め手はナント、ピクルスの漬け...
いつもの醤油をちょっとだけアレンジしてみたら、あらら意外や意外。おいしい発見がありました。
酸味の利いた南蛮漬けをイチからつくろうとなると、お酢のほか、砂糖、醤油など用意する調味料はたくさん。この手間をスパッとシンプルに、おいしく解決してくれる万...
9月初旬、「キッコーマン」はその醤油にまつわる長年の知見を活かして、自宅で醤油をつくることができる会員制サービス「BOTTLE BREW」をスタート。
イカを使った漬物と聞くと、ついつい一番身近なイカの塩辛をイメージしてしまいますが、この「するめ糀漬け」はまったく別モノ。その名の通り、塩ではなく糀(こうじ...
千葉県成田市といえば真言宗智山派の大本山「成田山新勝寺」があり、全国からたくさんの参拝者が訪れます。その成田山のお土産品として大人気なのが「てっぽう漬け」...
醤油のラベルにでかでかと書かれた「パン」の文字。なんだこれは! 意外や意外、手がけるのは宗像神湊にある「ナカマル醤油醸造元」。創業は1850年(嘉永三年・...
アメリカで流行る前から、寿司ブリトーを販売していたブラジルの日本食チェーン店「Koni」。
冬場の鍋もの料理に欠かせない食材がタラ。今が旬の味覚です。ところがこのタラ、他に思い当たる料理といえばムニエルに、あとは…となかなかバリエーションが出てこ...
「ヨーグルトにかけるお醤油」は、岩手県のふたつの企業がタッグを組んで共同開発されたもの。きっかけは、牛乳・乳製品の製造販売メーカー「湯田牛乳公社」が製造す...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
醤油の原料には当然ながら塩が使われ、大豆にだってマグネシウムやカリウム、ビタミンが含まれています。ということで、秋口の熱中症予防にいかがでしょう。