日本で買えるブラジルのフレッシュチーズがおいしいよ!――ブラジルのお酒と料理 特集

©2019 TABI LABO

一口食べた瞬間に新鮮さが伝わってきます。ビルミルクのミナスフレッシュチーズです。ブラジル出身のビルマルさんが母国の専門学校で学んだ、新鮮な牛乳と塩を使うミナス地方のチーズ製造技術で作っています。

ブラジルでは朝食にチーズが欠かせないそうです。なかでもミナスチーズは家庭で作ることのできるポピュラーなもの。日本に移住したビルマルさんが、自分や家族、友人のために、懐かしの味を再現してふるまっていたチーズを製品化しました。

評判は良く、口コミでどんどん人気に。現在は、群馬県にある松井牧場の生乳を使って生産しており、日本全国のスーパーや百貨店で販売されています。

©2019 TABI LABO

新鮮なミルクの香り、まろやかな甘味、塩気があって後味はさっぱり。プルプルしていて口の中に残りません。止まらなくなる味です。そのまま食べたり、サラダにのせたりしてもいいのですが、絶対に試して欲しいのは焼きチーズ。

©2019 TABI LABO

濃厚さが増し、食感がプリプリになります。ビールやワインが進みます。

加熱しても溶けず、フライパンで簡単に焼けます。油はひかずに弱火でじっくりと。焼き目がついていくうちに、水分が溢れ出して新鮮なミルクの甘い香りが立ちのぼります。

ビルマルさんがオススメする合わせ方は、おにぎり、お味噌汁、オムレツ、カレー、パスタ、ラザニア……とたくさんあります。炭火で焼くと香ばしいとも。まずはフライパンで焼いて、焼きたてを味わってみてください。香り、味、食感、どれも抜群です。おいしい!

ミナスフレッシュチーズ 1080円(税込)
ビルミルク:http://vilmilk.jp

Top image: © 2019 TABI LABO
取材協力KIMOBIG BRASIL

おすすめ記事

ブラジルのお酒カシャッサ(またはカシャーサ)は、サトウキビから造られる蒸留酒のこと。近年、クラフト・カシャッサが国際品評会で次々とメダルを獲得。なかでもカ...
ブラジルといえばシュラスコ?確かに間違いじゃありません。畜産業が豊かな南部の地域を代表する料理です。でも、食材の宝庫である彼の国には、中部、北部とで全く異...
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
初めて食べると驚くビリうま。山椒のように舌がしびれるジャンブーの花のピクルス(醤油漬け)です。不思議な感覚でおいしい!――ブラジルのお酒と料理 特集
大泉町出身の友人が言っていた群馬のリトルブラジル。「レストランブラジル」「アソーゲタカラ」「西小泉駅」、どこへ行っても聞いていた以上のブラジル感。日本にい...
群馬県前橋市、赤城山の麓にある「チーズ工房 Three Brown」。敷地内には、牛舎、放牧場、自宅まであり、牛を育てるところからチーズを作って販売すると...
アメリカで流行る前から、寿司ブリトーを販売していたブラジルの日本食チェーン店「Koni」。
いつもとはちょっと違ったシチューをつくりたい、というときにオススメしたいのがこの料理。旬の魚介類を好きなようにアレンジしてココナッツミルクと一緒に煮込んで...
モッツァレラ、チェダー、リコッタ……。このチーズの順番はというと? チーズ料理で失敗した経験がある人も、これからチーズ料理に挑戦する人も、読み終わったころ...
オリーブオイルとハーブさえあれば、どれだけ普通のチーズであっても魅力的なアペタイザーに。秘密は「マリネ」にありました。
料理を生業とするプロの視点で、このキッチンツールはオススメだそうです。
(前回のつづき)。じつは私、つい先日地球の裏側にあるコーヒー大国「ブラジル」へ行って来ました。ブラジルの有名なバリスタさんが、日本から来た私をブラジルのコ...
冬場の鍋もの料理に欠かせない食材がタラ。今が旬の味覚です。ところがこのタラ、他に思い当たる料理といえばムニエルに、あとは…となかなかバリエーションが出てこ...
濃厚チーズをふんだんにかけたマカロニを、とにかく食べたい。
実は私、つい先日地球の裏側にあるコーヒー大国ブラジルへ行って来ました。そう、コーヒー生産国世界ナンバー1の国です。世界で出回っている3分の1はブラジルのコ...
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
コンデンスミルク、バター、ココアパウダーだけでつくるブラジルの定番チョコ「ブリガデイロ」。家庭でもつくるほか、どこのお店でも手に入るほど生活のなかに浸透し...
ワインのお供にと、背伸びして買った「高級チーズ」。食べきれなかったからって、アルミ箔やラップで巻いちゃダメみたい。じゃあどう保存したら長くもつでしょうか。
エジプトの古代都市メンフィスの市長だった人物の墓で見つかったのは、なんと約3,300年前のチーズ!世界最古のチーズとみられています。
約50年前、ドイツ人のシェフとともに日本人好みのチーズケーキを開発したパティシエのお店「ガトーフリアン」は、異国情緒ただよう長崎県は南島原市にありました。