宇宙からも確認できるほど「真っ白な砂漠」が、ブラジルにあるらしい・・・!

地理も英語もまったく苦手。そんな私でも1人で行けた地球の裏側の、とある大砂丘ー。

ブラジル北東部にある「レンソイス・マラニャンセス国立公園」。レンソイスとはポルトガル語でシーツのこと。その名の通り、この公園内には衛生写真でも確認できるほど(!)真っ白な大砂丘が広がっています。

どうしてこんなに
真っ白なの?

_mystery_01

それは、砂の成分のほぼ100%が石英(ガラスや水晶の原料として使用されている鉱物)でできているから。長い年月をかけて研磨された石英が太陽光を反射し、白く輝いているんです。

ベストシーズンは
雨季が明けた6月〜9月

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

12月〜4月の雨季が明けた6月〜9月頃は、砂丘のくぼみに貯まった雨水により湖が出現。しかも透明度が驚くほど高く、その時期だけ住み着く魚や植物の姿もしっかりと観察できるほど。

すでに欧米では知られた
大人気の観光地!

この国立公園に入るには、まずレンソイス観光の起点と言われるバヘリーニャスでツアーをブッキング。バスや船を乗り継いでようやくレンソイスに到着です。日本では馴染みの薄いスポットですが、すでに欧米人の間では人気の観光地みたい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ウユニ塩湖にも次ぐ絶景ともうたわれる、「レンソイス・マラニャンセス国立公園」の白い砂漠。一生に一度は、訪れる価値のある場所です!

旅ガール、地球3周分のときめき
コンテンツ提供元:田島知華

田島 知華(たじはる)/Haruka Tajima

1991年福岡県出身のトラベルフォトライター。19歳で初めての海外一人旅へ行き、学生時代は”休学せずに旅をする女子大生バックパッカー”として活動していた。現在約40ヵ国115都市へ渡航する。最近の主な活動内容は各エアラインやホテルとのタイアップで海外をめぐりPRを行い、旅を仕事にすることを確立。また、旅行予約サイトSurpriceにて旅のコラムを連載中。2015年12月に著書『旅ガール、地球3周分のときめき』を出版。TAJIHARU OFFICIAL WEBSITE

他の記事を見る
大泉町出身の友人が言っていた群馬のリトルブラジル。「レストランブラジル」「アソーゲタカラ」「西小泉駅」、どこへ行っても聞いていた以上のブラジル感。日本にい...
あまりにクリエイティブなデザインをしているこの家。奇抜な形は、輸送コンテナをつなぎ合わせたものだからだそう。まだ着工には至っていなく、2018年からプロジ...
沖縄県の「国立公園」は、ただ見て周るだけではなく、山や海に飛びこんで “体験する” のがオススメです。ここでは「やんばる国立公園」「慶良間諸島国立公園」「...
ブラジルのお酒カシャッサ(またはカシャーサ)は、サトウキビから造られる蒸留酒のこと。近年、クラフト・カシャッサが国際品評会で次々とメダルを獲得。なかでもカ...
ブラジルといえばシュラスコ?確かに間違いじゃありません。畜産業が豊かな南部の地域を代表する料理です。でも、食材の宝庫である彼の国には、中部、北部とで全く異...
枯れた砂漠が一面、ピンク色に染まった!?アメリカのメディアを中心に話題沸騰の写真。ここが、世界でもっとも乾燥した砂漠だと聞いても、にわかに信じられませんよ...
Luca Tomboliniさんは大判カメラを使用して、世界各国、人類誕生の原風景を撮影するミラノ出身のフォトグラファーです。生命の息吹も人々の活動も消え...
昨年からアメリカのメディアを中心に、この何もない砂漠が話題となっています。それはこの土地になんと8兆円もの投資を行う者が現れたから。
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
アフリカ大陸南部の国ナミビアには、ゴーストタウンと化したコールマンスコップという場所がある。
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
ビルミルクのミナスフレッシュチーズです。ブラジル出身のビルマルさんが、新鮮な牛乳と塩を使う母国の製造技術で作っています。自分や家族、友人のために、懐かしの...
地理も英語もまったく苦手。そんな私でも1人で行けた、砂漠のオアシスー。アラブ首長国連邦・アブダビに位置する、世界最大の砂漠として有名なリワ砂漠を車で走り続...
「北海道=大自然」と言われて反対する人はいないと思いますが、そんな広大な土地を生かした「国立公園」の存在については、意外と知らない人も多いのではないでしょ...
UAE(アラブ首長国連邦)の南部「リワの砂漠」に、巨大なソーラーパネルを設置した星型の施設ができるそう。その名も「オアシス・エコリゾート」。2020年のオ...
もしも砂漠を旅するのならば、これなしにはまず生き延びれはしないでしょう。地平線まで見渡せてしまう乾いた大地で、お金なんて役には立ちません。結局、人間には「...
アメリカで流行る前から、寿司ブリトーを販売していたブラジルの日本食チェーン店「Koni」。
初めて食べると驚くビリうま。山椒のように舌がしびれるジャンブーの花のピクルス(醤油漬け)です。不思議な感覚でおいしい!――ブラジルのお酒と料理 特集
人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
まだまだ知らない日本の歴史や文化ってたくさんありますよね。本や映像で学ぶこともできますが、機会を見つけて現地まで足を運んでみませんか? 日本の歴史がたくさ...