世界で最も乾燥した砂漠に、突如花が咲いた(画像あり)

枯れた砂漠が一面、ピンク色に染まった!?アメリカのメディアを中心に話題沸騰の写真。ここが、世界でもっとも乾燥した砂漠だと聞いても、にわかに信じられませんよね。この幻想的な風景が生まれた背景には、地球温暖化にも紐づくあの異常気象がありました。

不毛の砂漠がピンクに染まった!

Atacama1

ここはチリのアタカマ砂漠。20世紀初頭に記録された、173ヶ月降水量ゼロという事実から、「世界で最も乾燥した大地」として知られています。この不毛の大地が、ときにご覧のような幻想的な光景を見せるのだから、大自然の不思議さを感じずにはいられません。

「今年の花の咲きようは、私が赴任した過去18年の中でこれまでに前例がないほど。それも、一年のうちに2度も花で埋め尽くされるなんて」

アタカマ国立観光サービスの管理者Daniel Diaz氏は、ピンク色に染まる花(ウスベニアオイ)の絨毯に驚きを隠せない様子。初めて目にする前代未聞の光景を「EFE」に語っています。
例年、春先に花をつけることはあっても、それを足元で見つけることの方が大変なんだそう。それが、2015年はまるで桃源郷のような光景が1度ならず2度も発生していると聞けば、彼の興奮にも納得がいきます。

エルニーニョの恩恵!?
乾いた大地に花咲かせた
2度の記録的豪雨

562faec900ee7

さて、アタカマ砂漠の南に位置する街アントファガスタの年間降水量は、わずかに1.7ミリ。ところが、強いエルニーニョが発生する年には、一転して大雨を降らせることがあると「Washington Post」は伝えています。

記録的な大雨による大洪水がチリ北部を襲った2015年3月、アタカマ砂漠に降り続いた雨は、一昼夜で24ミリに達しました。数字だけ見ればわずかに思えるかもしれません。しかし「砂漠に降る雨としては前代未聞レベル」だと Diaz氏。
さらに、同地域は、今年は8月にも例年にない大雨に見舞われました。まるで長い“冬眠”から目覚めたような、一面の花々とエルニーニョの因果関係。さらには、観測史上最大クラスのハリケーン・パトリシアによる影響で、長雨が続いたこともこの満開の花々をもたらした要因のようです。

皮肉にも、エルニーニョの年にしか見ることができない“砂漠の奇跡”。やっぱり、自然って不思議ですよね。

 Reference:Washington PostEFE
Licensed material used with permission by Planedia, EFE

あまりにクリエイティブなデザインをしているこの家。奇抜な形は、輸送コンテナをつなぎ合わせたものだからだそう。まだ着工には至っていなく、2018年からプロジ...
Luca Tomboliniさんは大判カメラを使用して、世界各国、人類誕生の原風景を撮影するミラノ出身のフォトグラファーです。生命の息吹も人々の活動も消え...
アフリカ大陸南部の国ナミビアには、ゴーストタウンと化したコールマンスコップという場所がある。
人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
日本と同じく米が主食のタイにも、冷やし茶漬けに近い食べ物がありました。
もう半年以上も前のイベントになってしまうのですが、2月16日と17日にサインスピナーの世界一を決める大会がラスベガスで開催されました。
水の都と謳われる都市アムステルダム。海抜がマイナスになる場所もあるこの街にとって、地球温暖化による海面上昇は非常に深刻な問題です。ソーシャル・デザイナーで...
地理も英語もまったく苦手。そんな私でも1人で行けた、砂漠のオアシスー。アラブ首長国連邦・アブダビに位置する、世界最大の砂漠として有名なリワ砂漠を車で走り続...
先端部分に注目。ここにテクノロジーが集約されているのです。中には植物の種がびっしり。地面にトレッキングポールを突き刺すごとに、種が埋め込まれる仕掛け。
新聞や雑誌の切り抜きを利用した、コラージュ作品を得意とするイギリス人アーティストのJoe Webb氏。パソコンによる加工を一切施さず、ただ切って貼るだけの...
独断と偏見でピックアップしました。
Sonam Wangchukさんは、地球温暖化に苦しんでいるヒマラヤ山脈に暮らす人々の生活を改善しようと試みる。彼の「思考プロセス」にフォーカスして、紹介...
それは、フランスのATLANTIDE ORGANISATION Internationale社が主催する、地球上で最も過酷なマラソン。毎年3月下旬から4月...
フラワーアーティストのCHAJINさん著『きょうの花活け 花あしらい101の見本帖』(誠文堂新光社)。私にも花のある暮らしが始められるかも、そう思える一冊...
もしも砂漠を旅するのならば、これなしにはまず生き延びれはしないでしょう。地平線まで見渡せてしまう乾いた大地で、お金なんて役には立ちません。結局、人間には「...
鉛筆を差し込み、くるくる回すと”花が咲いた”ーー。だれでも一度は経験があるかもしれません。捨てるにはもったいない輪冠状の削り屑。そこに着目したのが、日本人...
誰もいないニューヨークの街が、水に浸かっている。これは、地球温暖化の進行により、NYが街ごと浸水してしまった場合をシミュレーションした映像だ。もちろんこれ...
花一輪をプレゼント……はキザでも、ワイン1本ならプレゼントできちゃうかも。
そんな簡単な贈り物にするのだっていい、エチケットの花一輪が可憐で愛らしいアルゼ...
地理も英語もまったく苦手。そんな私でも1人で行けた地球の裏側の、とある大砂丘ー。ブラジル北東部にある「レンソイス・マラニャンセス国立公園」。レンソイスとは...
世界中の人たちが急にベジタリアンになったら、どのような変化が起こるなどを科学的な考察も含め解説する動画を紹介します。今は、世界中の人口がベジタリアンなった...
UAE(アラブ首長国連邦)の南部「リワの砂漠」に、巨大なソーラーパネルを設置した星型の施設ができるそう。その名も「オアシス・エコリゾート」。2020年のオ...
世界最大のサンゴ礁地帯グレート・バリア・リーフは、その昔、日本列島がすっぽり入ってしまうほどの面積があったそう。栄養豊富な水質の良い海には、多くの魚が暮ら...
「花屋に行くのを習慣化する」ってなかなかハードルが高い。そんなハードルを取り除いてくれるのが、「霽れと褻(ハレとケ)」っていうオンラインサービスです。