砂漠国アブダビで世界最大級8300平方メートルの「垂直農場」を建設予定

サステイナビリティの観点から、地産地消の促進は世界共通の課題。とはいえ、アブダビのような砂漠国では農作物の栽培そのものが困難だ。

そんななか、以前「TABI LABO」でも紹介した米国発のスタートアップ「Aero Farms」は、4月9日、アブダビ投資事務所(ADIO)のバックアップのもと、アブダビに世界最大級の約8300平方メートルの「屋内垂直農場」を建設することを発表した。

Aero Farmsの独自の屋内垂直農場では、従来型の畑での栽培に比べ、水の使用を95%削減無農薬栽培の実現が可能。このアブダビに建設予定の新しい施設では、地元作物の研究開発と商業化が進められる予定だ。

アブダビのように砂漠に囲まれ、乾燥した土地でも農作物を栽培することができれば、農業に適さない土地に住む人々にも、新鮮かつ無農薬で安全な地元の農作物を届けることができる。

テクノロジーの発達により、気候や風土に左右されないアグリカルチャーの実現がすぐそこまできている。

Top image: © NAPA/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

2017年から建設がスタートしている上海の「垂直農場」。今も経済がどんどん成長している反面、農地がガクンと減ってしまったのを受けて、縦に長い農場が建てられ...
ここ、実はニューヨークで注目されている“農場”なんです。
ここで紹介する「Farm.One」は野菜を栽培する農場です。前身はサイクリングフィットネスが体験できるジムでした。ギャップがありますね。
世界で最も有名な美術館と言えば、たくさんの人々が口にするのがパリにあるルーヴル美術館だろう。そのルーヴルが長い歴史を継承しながら、新たなプロジェクトに積極...
「ほぼ日」から、気持ちを晴れやかにしてくれる“肌とメイクと道具”のビューティーブランド「Shin;Kuu(シンクー)」が登場。デビューコレクションの、...
2019年8月、ミラノやユトレヒトなどに建設される住宅「垂直の森(Bosco Verticale)」のデザインを手がけた建築家ステファノ・ボエリが、カイロ...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
プログラミングを、PC画面とにらめっこせずに学べるツールが開発されています。「Project Bloks」では、子どもたちが遊びながらにして、自然と基礎を...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
先月、ニューヨーク市の動物福祉局は、食肉の消費量削減目標を達成するため、肉の消費を控えるよう市民に訴えかける電子メールを送付した。
渋谷PARCOに先週7日(日)から「スウォッチ」の新作「ミッキーマウス x キース・へリング コレクション」をフィーチャーポップアップストアが登場。今月2...
東京・西大井の人気店「超蜜やきいもpukupuku」の焼きいもを、ボタンひとつで作れる究極の焼き芋トースター。