砂漠国アブダビで世界最大級8300平方メートルの「垂直農場」を建設予定

サステイナビリティの観点から、地産地消の促進は世界共通の課題。とはいえ、アブダビのような砂漠国では農作物の栽培そのものが困難だ。

そんななか、以前「TABI LABO」でも紹介した米国発のスタートアップ「Aero Farms」は、4月9日、アブダビ投資事務所(ADIO)のバックアップのもと、アブダビに世界最大級の約8300平方メートルの「屋内垂直農場」を建設することを発表した。

Aero Farmsの独自の屋内垂直農場では、従来型の畑での栽培に比べ、水の使用を95%削減無農薬栽培の実現が可能。このアブダビに建設予定の新しい施設では、地元作物の研究開発と商業化が進められる予定だ。

アブダビのように砂漠に囲まれ、乾燥した土地でも農作物を栽培することができれば、農業に適さない土地に住む人々にも、新鮮かつ無農薬で安全な地元の農作物を届けることができる。

テクノロジーの発達により、気候や風土に左右されないアグリカルチャーの実現がすぐそこまできている。

Top image: © NAPA/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
2017年から建設がスタートしている上海の「垂直農場」。今も経済がどんどん成長している反面、農地がガクンと減ってしまったのを受けて、縦に長い農場が建てられ...
ここ、実はニューヨークで注目されている“農場”なんです。
ここで紹介する「Farm.One」は野菜を栽培する農場です。前身はサイクリングフィットネスが体験できるジムでした。ギャップがありますね。
世界で最も有名な美術館と言えば、たくさんの人々が口にするのがパリにあるルーヴル美術館だろう。そのルーヴルが長い歴史を継承しながら、新たなプロジェクトに積極...
ビールブランド「バドワイザー」が、コロナ禍で未曾有の危機に直面している音楽やファッション、アートなどのカルチャーシーンを支援するプロジェクト「RE:CON...
2019年8月、ミラノやユトレヒトなどに建設される住宅「垂直の森(Bosco Verticale)」のデザインを手がけた建築家ステファノ・ボエリが、カイロ...
総工費約3380億円ともいわれる、UAE・アブダビのホテル『エミレーツ・パレス』。ホテルというより、その名の通り「宮殿」のような超豪華な施設は、宿泊者でな...
地理も英語もまったく苦手。そんな私でも1人で行けた、砂漠のオアシスー。アラブ首長国連邦・アブダビに位置する、世界最大の砂漠として有名なリワ砂漠を車で走り続...
アラブ首長国連邦(UAE)の新たな観光スポット「Qasr Al Watan」。大統領官邸でもあるこの場所は、3月から観光客に開放されています。ツアーも組ま...
フィンランドのスタートアップ「Solar Foods」は、空気と電気を主な原料として、プロテインを生成することに成功しました。
その名も「Mosoco Mos killer lamp」。蚊が集まる周波数を発するLEDの紫外線ランプだ。
アラブ首長国連邦(UAE)のイメージは、とにかく規格外の豪華さや輝かしいゴールド。でも、フォトグラファーHussain AlMoosawiさんが撮る石油大...
植樹をするのではなく、表面を藻類で覆ってしまおうというコンセプト。中国・杭州市に建設される高層ビルに採用予定です。
円盤のような丸い屋根が特徴的なカタール国立博物館の建物は、フランス人建築家ジャン・ヌーベルが手がけました。「ルーヴル・アブダビ」など数々の名の知れた建築物...
世界的な建築事務所「Zaha Hadid Architects」がデザインした「ユニコーン島」のマスタープランが公開された。67ヘクタールに渡って設計され...
スターバックスの発祥地シアトルに拠点を置くスタートアップ「Atomo」は、コーヒー豆を使わないで同じような味を再現することに成功しました。
折りたたみイス「POTATTO350+」は、5秒で簡単に組み立てが可能で、座り心地も抜群。さらに、ゴミ箱や簡易トイレとしても使えるハイスペックな逸品だ。
季節ごと色鮮やかな新鮮野菜を自由にアレンジして、オイルやドレッシングを合わせて。おかずにもなればデザートにもなる。毎日でも食べたくなる海外のサラダを集めて...
あまりにクリエイティブなデザインをしているこの家。奇抜な形は、輸送コンテナをつなぎ合わせたものだからだそう。まだ着工には至っていなく、2018年からプロジ...
「TORACO Konohana」はコンテナを利用したホテルです。USJから歩ける距離にオープンです。
パリを拠点とするスタートアップ「Interstellar Lab」が、カリフォルニアのモハーヴェ砂漠に、火星や月で生きる方法を調査、研究するための施設「E...
「テレビ電話」と「空飛ぶ自動車」が、未来を予感させる象徴的なアイコンとして、映画やアニメの中に幾度となく登場したのも今は昔。すでにスマホサイズで遠く離れた...
プロサーファーのケリー・スレーターが、カリフォルニアに世界最大級の人工サーフィン施設を建設すると発表。総工費は約200億ドル。ホテルやレストランなども備え...
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。