毛皮になる運命から逃れた「キツネ」の成長を見守りたいInstagram

キツネのAylaは、毛皮農場に生まれました。生まれたときから、毛皮になることが決まっていた彼女は、いずれは人間のコートの一部になる運命だったそうです。

しかし、とある女性がAylaを農場から救い出してくれたのです。彼女の名前はSilje Fjell。農場の経営者と知り合う機会があり、「一匹譲ってもらえないでしょうか?」と交渉し、Aylaを飼うことに決めたのです。

確かに、小さな
救出劇かもしれない

ウルウルの瞳がたまらないAyla。この写真は、まだ生後4週間のころ。Instgramにはあっというまに34,000人のフォロワーがつきました。

今回Siljeさんが救い出したのは、Ayla一匹だけ。これだけで毛皮産業がなくなるわけじゃない、という声もあります。ただ、小さな救出劇かもしれませんが、AylaはSiljeさんにとってかけがえのない存在になっているのです。

スヤスヤと気持ちよさそうに眠るAylaは、自分の運命にも、Siljeさんに助けられたことにも、気づいていないかのようです。

友達もできて、
大自然を楽しむAyla

Aylaは、犬と友だちになることが多いそう。

旅好きな飼い主のSiljeさんに連れられて、羨ましいくらいキレイな大自然を楽しんでいます。

牛とも友だちになったり。

たっぷりの愛情を受けて
すくすく成長中

4ヶ月ほど経って、大きくなってきたAyla。

こんなにしあわせそうな笑顔を見たら、今の生活がAylaにとっても素敵なものなんだと気づかされます。これからも成長記録を見守っていきたいものですね。

Licensed material used with permission by aylathefox
野生のキツネといえば、ドラマ『北の国から』だ。あの不朽の名作の復活を望む人は多いと想う。そして、キツネを見ると名シーンを頭に浮かべながら、「ルールルルル」...
「100匹以上のキツネがアナタをお出迎え!」 そんなキャッチコピーの宮城蔵王キツネ村を、あなたは知っていますか?大自然の中に放し飼いにされているのは、おな...
最初は警戒して威嚇をされまくり、近づくことも許してくれなかったキツネのFreyaが、撮影の回数を重ねていくたびに少しずつ心を開いてくれるようになる。その様...
表情豊かな人って、一緒にいて楽しいし魅力的。それってキツネにもあてはまるようですよ。Juniperちゃんのインスタグラムアカウント、フォロワーは68万7,...
オーストラリアのビーチスポット、バイロンベイで暮らすジャックとマリーのアウトドアやカフェ、自然が中心のライフスタイルをイメージしたブランド「JACK & ...
17年の月日が経とうとしていた2018年9月8日に、コートランド・ストリート駅は営業を再開しました。
ロンドン自然史博物館が主催する自然写真コンテストの世界最高峰「Wildlife Photographer of the Year」が、2015年の受賞作品...
『DOIY』が売り出したこのアイテムは、Instagramビジネスを始めたい、ビギナーの人にはとくに使えるアイテムのように思う。このBOXはインスタで、「...
欧米では、昔から「赤毛」がネガティブのイメージで捉われていました。たとえばキリスト教ではイエスを裏切ったユダは赤毛ということにされていたり、童話などにおい...
若干21歳のKonsta Punkka氏は、フィンランドの首都ヘルシンキを拠点に活動するフォトグラファー。主に森などの大自然とそこに暮らす動物たちの様子を...
都合の良いお洒落と恋を楽しむ架空の都市のようなコンセプトは、そのほかの作品も同様にあります。
旦那さんが生まれてきた娘をこんなに可愛がって、張り切った成長記録をつくっているなんて、やっぱり嬉しいものではないでしょうか。茶目っ気とユーモア溢れる、パパ...
仕事で伸び悩む時期は誰にでもやってくるもの。ただし、その壁を乗り越えられるかどうかはその人の行動次第。見事にブレイクスルーを果たしてさらなる成長を遂げる人...
魔法でもかけたの?メルヘンチックなアニマル・ポートレートの撮影を続けているのは、アメリカのロードアイランド州在住のフォトグラファーRob MacInnis...
シンプルアートが心に響く。複雑なアートがある中で、逆にシンプルすぎるアートに、私たちは惹かれるのかもしれない。それが、彩度の高いInstagramの世界な...
木の上につくられていている「Treehotel」は、見た目が鳥の巣やUFOのようだったり様々。泊まっても見ていてもワクワクします。
Instagramで約20万人のフォロワーを持つアカウント@reagandoodleは、アメリカ・ポートランドに住む3歳の少年と、愛犬の成長を記録したもの...
香川県の小豆島にある「マルカツ製麺所」。Instagramでほぼ毎日のようにそうめんの製法をUPしているが、そのフォロワーは4600人超。そうめんの美しさ...
Rafael Mantessoさんは、30歳の誕生日に妻と離婚。家具や思い出の写真などすべてを失い、彼に残されたのは、愛犬のジミーチュウ(以下ジミー君)だ...
一児の父である33歳のJonathan Juiさんが描くのは、1歳と約10ヶ月の息子のMiloくん(愛称Baobao)の“成長マンガ”。彼が記録するのは、...