こんなリラックスした「野生のキツネ」は初めてかも。

野生のキツネといえば、ドラマ『北の国から』だ。あの不朽の名作の復活を望む人は多いと想う。そして、キツネを見ると名シーンを頭に浮かべながら、「ルールルルル」とつぶやいてしまうのは、僕だけではないはず。そんな、あなたにとっておきの写真を贈りましょう。

「気持ちいいなぁ…」
そんなセリフが聞こえてくる

4b3714908cf155d4bc14a8a55792b61af1f3d59c

本来、キツネは、警戒心の塊のような動物。人を極端に恐れていて、ちょっとしたことで逃げてしまう。しかし、Roeselien Raimondに任せればこの通り。何しろ、彼女は、キツネを専門に撮影しているフォトグラファーなのだ。もう、7年間も、野生のキツネを追いかけて、シャッターを切り続けているのだとか。

241871b39bf5b7d9adfce40d040e7414c25a41ba84dcababb2d70b7e6391a3f9945571bb4998481c5075d6a5f0393f256835cf030fc8ff1249a2be2f2d9e3a7c1eb0f9da1f75c12869a99496ce6b36bc

「野生のキツネを撮影するのは大変よ。こっちがいい写真を撮ろうすると、あの子たちは敏感に反応するから。だから、私が心がけたのは仲間になること。深呼吸してリラックスしたり、自然を楽しむように努力したわ」

Roeselienの言葉通り、どの写真からも、キツネのリラックスした様子が伝わってくる。中には、お昼寝してんじゃないかと思うものもチラホラ。野生動物が一瞬しか見せることのない決定的瞬間。その表情に心から癒されてしまった。

「ルールルルル、ルールルルル」年末年始には、『北の国から』を観直してみようかな。

Licensed material used with permission by Roeselien Raimond, Instagram,
若干21歳のKonsta Punkka氏は、フィンランドの首都ヘルシンキを拠点に活動するフォトグラファー。主に森などの大自然とそこに暮らす動物たちの様子を...
「100匹以上のキツネがアナタをお出迎え!」 そんなキャッチコピーの宮城蔵王キツネ村を、あなたは知っていますか?大自然の中に放し飼いにされているのは、おな...
最初は警戒して威嚇をされまくり、近づくことも許してくれなかったキツネのFreyaが、撮影の回数を重ねていくたびに少しずつ心を開いてくれるようになる。その様...
ロンドン自然史博物館が主催する自然写真コンテストの世界最高峰「Wildlife Photographer of the Year」が、2015年の受賞作品...
AIに過去のデータを解析させたところ、新たに72の信号を発見。地球外生命体からのメッセージの可能性もあります。
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...
表情豊かな人って、一緒にいて楽しいし魅力的。それってキツネにもあてはまるようですよ。Juniperちゃんのインスタグラムアカウント、フォロワーは68万7,...
思わずクスリと笑ってしまう一瞬を捉えた、動物たちのおもしろ写真コンテストの2017年のトップが選出されました。中には「これ、本当に合成ナシ?」と疑ってしま...
欧米では、昔から「赤毛」がネガティブのイメージで捉われていました。たとえばキリスト教ではイエスを裏切ったユダは赤毛ということにされていたり、童話などにおい...
「ワイルドな頼もしさ」すら感じてしま女性を撮影するのは、フォトグラファーのKarevа Margaritaさん。彼女たちには、白馬に乗った王子の助けなんて...
ミッドソールには「転売用じゃないよ」、シュータンには「ちゃんと履いてね」などのメッセージが入っています。
キツネのAylaは、毛皮農場に生まれました。生まれたときから、毛皮になることが決まっていた彼女は、いずれは人間のコートの一部になる運命だったそうです。しか...
『Wildlife Photographer of the Year』は、ロンドン自然史博物館が毎年開催している、自然と野生動物だけに絞ったフォトコンテス...
今回、紹介するのは、ナショジオ主催の「ナショナルジオグラフィック・ネイチャー・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー」からの2017年度の入賞作。今年のグラン...
私がまずこれを見て思い出したのは、もともと「犬はケモノだった」ということ。フォトグラファーSeth Casteelさんが撮影した写真は、「野生」の部分をし...
渋谷・道玄坂の巨大クラブ「VISION」で音とお酒と踊りを楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
アフリカ・ケニアの自然保護区に、「Googleストリートビュー」が新たに加わりました。ただ、赤土の道をガイドしている訳ではありません。今回のプロジェクト、...
ファンタジックで鮮烈な色彩が特徴の動物とヒトの写真。両者が、まるで絵画のように寄り添っている姿は、どこか温かい気持ちにさせてくれます。このシリーズはフォト...
「偶然」とは、なんて素敵なのだろうと思わせられる一瞬の数々。2016年の「The Comedy Wildlife Photography Awards」に...
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...