野生動物のおもしろ写真アワード
2019年版はエントリー中から話題!

まるで人間のように豊かな表情をする野生動物が見れる、と毎年話題になる「Comedy Wildlife Photography Awards」。

今年のアワードは現在エントリーを受付中ですが、早くも面白い写真がたくさん集まっていると注目が集まっています。

その一部をここで紹介!

©Roie Galitz / Comedy Wildlife Photo Awards 2019
©Hasan Baglar / Comedy Wildlife Photo Awards 2019
©Eric-Fisher / Comedy Wildlife Photo Awards 2019
©Robert Palmer / Comedy Wildlife Photo Awards 2019

動物も自然の中でのびのびしていると、こんなにもリラックスした表情をするんだな〜そんなことを思う人もいるはず。動物園の檻の中にいる姿からは想像できないものばかり。

コンテストの参加に興味がある人のためお伝えすると、エントリーの締切は6月30日。被写体となる動物は「野生」であることがマスト。どこかで思わぬチャンスに出くわしたら……躊躇せずシャッターを切ってみて!

Top image: © Hasan Baglar / Comedy Wildlife Photo Awards 2019
毎年この時期に、受賞者とその作品を発表する「Comedy Wildlife Photography Awards」。野生動物たちの意外な一面が写っていて、...
木の枝にかけられたネットに5000個もの小袋が取り付けられ、雨が降ると小袋に雨水が溜まる「Reservoir」。イタリアのオープンエアミュージアムに設置さ...
「麻衣~Soul Dress~」は、着物ドレスと呼ばれる洋装+和装ミックスのジャンルの中でも、新たな台頭を見せるこの着付け。着物をリメイクしたドレスではな...
これはフォトグラファーMarieさんの作品、「Lifeconstruction」。全く知らない人同士を、あたかも親密な関係であるかのように撮るシリーズ作品...
3Dメイクを手がけることで有名なイタリアのメイクアップアーティストLuca Luceさん。以前は自分の手のひらにモノを描くことで注目されていたのですが、現...
Simone Crestaniさんが創る「ガラス盆栽」は、吹きガラスという製法を用いられ、優美な雰囲気を醸しています。ピンクに色づけされたものは、今の時期...
10月29日、スウェーデン・マルメにオープンしたのは、そんな珍味を集めた博物館「Disgusting Food Museum」。名前がすごいストレート!
東京生まれの東京育ち。1998年生まれの20歳。
「Kent Fire and Rescue Service」というイギリスの救助隊が公開した事故現場が、インスタレーションみたい!
これまで幾度となく世間が注目するPRに成功してきたケンタッキーフライドチキン。そして、そのアイコン的存在である「カーネルおじさん」。先日、DJとして参戦し...
なんだか妙に顔がリアルな熊の寝袋。手がけたのは、オランダ在住の日本人アーティスト。作り始めたきっかけは、アルプス山脈を越えてドイツの人里に現れた熊が、捕ま...
誰もがきっと一着はもっている「グレーのスウェット」の色味に隠された秘密とは?!
オーストリアのマクドナルドの店舗は、アメリカ大使館の相談窓口としてサービスの提供を開始。アメリカ国民に限って、緊急事態の場合に支援を受けられます。
2019年になって早々、話題になったある男の話。彼女にプロポーズしたにも関わらず、指輪を返して欲しい、婚約を破棄したいなどとネットでぼやいたことで炎上した...
アメカジファッションの定番アイテム「スウェット」の「首元のV字」に隠された意味とは......!?
「なぜラッピングなのか?」は、わからないのですが。
360度に(なんなら床にも)映し出されたゴッホの絵画を鑑賞……というか、全身で体感!このteamLabのデジタルアートを彷彿とさせる展覧会を開催しているの...
オフィスに本格的な卓球台が設置されて、あらためてわかりました。卓球ってめちゃくちゃ手軽なスポーツだな、と。
思わずクスリと笑ってしまう一瞬を捉えた、動物たちのおもしろ写真コンテストの2017年のトップが選出されました。中には「これ、本当に合成ナシ?」と疑ってしま...
「偶然」とは、なんて素敵なのだろうと思わせられる一瞬の数々。2016年の「The Comedy Wildlife Photography Awards」に...
ここで紹介するのは、アメリカ・オレゴン州の動物園が年に1度行う“動物たちの健康診断”で撮ったレントゲン写真。
『Wildlife Photographer of the Year』は、ロンドン自然史博物館が毎年開催している、自然と野生動物だけに絞ったフォトコンテス...
Appleが、iPhoneで撮影された写真から10点の優秀作品を決めるコンテスト「Shot on iPhone Challenge」を開催しています。
アート・フォト・トラベルが開催した『ドローン・アワード・フォトコンテスト2018』の優勝作品が決定した。
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
フォトグラファーChristy Lee Rogersさんが撮影するのは水中写真。深みのある色彩と光の濃淡を操り、ほんのりダークな世界観を演出しています。
今回、紹介するのは、ナショジオ主催の「ナショナルジオグラフィック・ネイチャー・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー」からの2017年度の入賞作。今年のグラン...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
プロ・アマチュア関係なく、世界中から応募が集まる「INSIGHT ASTRONOMY PHOTOGRAPHER OF THE YEAR」は、世界最大級の天...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
動物愛護や環境保護を考えるのは大切だし、みんなが真剣にそれを考える世の中になればステキ。それは間違いないことなんだけど、人間からすると助けているつもりでも...
リトアニアに暮らすErikas Mališauskasさんとそのパートナーは、イケアの写真立てに飾られている写真がつまらないと感じて、自分たちのツーショッ...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
ここで紹介するのはアイルランドのキュートな農夫カレンダー。社会貢献が目的で製作されました。ちなみに、2019年は10作目の発表なんだとか。(知らなかった!)
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
若干21歳のKonsta Punkka氏は、フィンランドの首都ヘルシンキを拠点に活動するフォトグラファー。主に森などの大自然とそこに暮らす動物たちの様子を...