2017年、世界でもっとも評価された「野生動物」の写真。

もし来世があるなら、「カメラが趣味」とさらりと答える男性を希望する。勝手なイメージだけれど、くたっとしたライダースばかり着ていて、ポケットにはマルボロと安いライター。

Instagramの投稿はいつもハッシュタグ(すべて英語というポイントはもちろん欠かせない)だけで、愛用している一眼レフで撮影した、風景写真がセンス良く並んでいる。そんなアカウントの持ち主に憧れる。

こんな妄想をしてしまうくらいに、写真やカメラとは縁のない人生を歩んできた私だけれど、『Wildlife Photographer of the Year』に並ぶ作品には、一つひとつに動物たちの息遣いを感じて、何度も見入ってしまった。

『Wildlife Photographer of the Year』は、ロンドン自然史博物館が毎年開催している、自然と野生動物だけに絞ったフォトコンテスト。このたび、92ヶ国、5万枚以上のエントリーのなかから、2017年の受賞作品が公開された。

紛れもなく共存しているはずなのに、滅多に彼らの命をリアルに感じられることはない。だからこそ、切り取られたこの一瞬に惹かれるのだと思う。

ここではハイライト(つまりは美味しいとこどり)で、各部門でタイトルを取った作品のみを紹介。

2017
【Wild Life Winner】

Adult awards【Invertebrates / 無脊椎動物】
Photo by Justin Gilligan
Adult awards【Mammals / 哺乳類】
Photo by Tony Wu
Adult awards【Earth's Environments / 海の魔物】
Photo by Laurent Ballesta
Adult awards【Amphibians and Reptiles / 両生類と爬虫類】
Photo by Brian Skerry
Adult awards【Under Water / 深海】
Photo by Anthony Berberian
Young awards【under 11–14 years old 】
Photo by Ashleigh Scully
Adult awards【Black and White / 白黒】
Photo by Eilo Elvinger
Adult awards【Animal Portraits / 動物写真】
Photo by Peter Delaney
Adult awards【Behaviour Birds / 鳥の行動】
Photo by Gerry Pearce
Adult awards【Plants and Fungi / 植物と真菌】
Photo by Dorin Bofan
Adult awards【The Wildlife Photojournalist / 野生動物 報道写真家】
Photo by Aaron Gekosk

【Grand Title Winner】

Photo by Brent Stirton

最優秀賞を受賞したのは、写真家のBrent Stirtonさん。角の密猟と違法な国際取引によって、絶滅寸前のクロサイの現実に迫った一枚が選ばれた。

審査員のRoxさんは、「まるで彫刻のような力強さで、あまりにも悲惨な場面を壮大なものに昇華させた手腕は、最優秀賞にふさわしい。生々しさもあるが迫力もあるからこそ、倒れた巨獣には威厳もある」と、その理由を説明している。

最後に、「写真が趣味」と言える憧れの方々に向けて案内を。次回のエントリーは、12月14日(日)まで。プロ・アマチュア、年齢は一切関係なし。興味があれば、こちらからどうぞ。

Licensed material used with permission by Wildlife Photographer of the Year
思わずクスリと笑ってしまう一瞬を捉えた、動物たちのおもしろ写真コンテストの2017年のトップが選出されました。中には「これ、本当に合成ナシ?」と疑ってしま...
ロンドン自然史博物館が主催する自然写真コンテストの世界最高峰「Wildlife Photographer of the Year」が、2015年の受賞作品...
ここで紹介するのは、アメリカ・オレゴン州の動物園が年に1度行う“動物たちの健康診断”で撮ったレントゲン写真。
今回、紹介するのは、ナショジオ主催の「ナショナルジオグラフィック・ネイチャー・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー」からの2017年度の入賞作。今年のグラン...
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
「The World Whisky Advent Calendar」は、中にウイスキーが入ったアドベントカレンダー。世界中からセレクトされた24種類をクリ...
「偶然」とは、なんて素敵なのだろうと思わせられる一瞬の数々。2016年の「The Comedy Wildlife Photography Awards」に...
野生のキツネといえば、ドラマ『北の国から』だ。あの不朽の名作の復活を望む人は多いと想う。そして、キツネを見ると名シーンを頭に浮かべながら、「ルールルルル」...
プロ・アマチュア関係なく、世界中から応募が集まる「INSIGHT ASTRONOMY PHOTOGRAPHER OF THE YEAR」は、世界最大級の天...
若干21歳のKonsta Punkka氏は、フィンランドの首都ヘルシンキを拠点に活動するフォトグラファー。主に森などの大自然とそこに暮らす動物たちの様子を...
クリスマスに忘年会。とにかく集まってワイワイやることの多い年末年始。こんなパーティグッズはいかがでしょう?
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
Fearless Awardsに応募したのは世界中のトップクラスの腕を誇るプロカメラマン。ここにあるのは、厳しい審査を通った写真ばかり。これを見ると、カメ...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
動物と人との関わり合いをテーマに、長く写真を撮りつづけてきたシャルロット・デュマ。彼女の写真と向き合うとき、そこには、ただ「言葉なく見つめる」時間だけが流...
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
最近、「モモンガが地球上で一番キュートな動物だ!」と海外で話題になっている模様。でも、そう言われたところで、普段は写真ですらお目にかかることが少ないですよ...
ロンドンを拠点に活動するフォトグラファー、Alex Bartschさんのプロジェクト。写真集には40ヶ所以上の「聖地」が収録されている。
ファンタジックで鮮烈な色彩が特徴の動物とヒトの写真。両者が、まるで絵画のように寄り添っている姿は、どこか温かい気持ちにさせてくれます。このシリーズはフォト...
動物愛護や環境保護を考えるのは大切だし、みんなが真剣にそれを考える世の中になればステキ。それは間違いないことなんだけど、人間からすると助けているつもりでも...
アート・フォト・トラベルが開催した『ドローン・アワード・フォトコンテスト2018』の優勝作品が決定した。
ボストン生まれの写真家Zack Secklerは、大学を卒業後2003年から活動を始めましたが、自分のスタイルを見つけるまでに5年かかったと言います。そし...
お金持ちの家で壁に飾られている動物の「剥製」。実際には見たことなくても、映画やドラマの中で象徴的に映し出されているシーンはイメージできるのではないでしょう...
「動物とのふれあい」のあり方につて旅行業界も見直すべき。こんな決断が「トリップアドバイザー」からもたらされました。内容は、野生動物たちに悪影響を及ぼすよう...