野生の馬を見つめる。写真家・シャルロット・デュマ展。

動物と人との関わり合いをテーマに、長く写真を撮りつづけてきたシャルロット・デュマ。彼女の写真と向き合うとき、そこには、ただ「言葉なく見つめる」時間だけが流れる。優しい風を受けて、揺れるたてがみ。遠く、波の動きを見つめる瞳。私たちも、まるでその場所にいるかのように、思わず息をひそめてしまう。そして、作為のないものの美しさには敵わないものだと、ため息をついてしまう。

野生の馬に近づくには
どうすれば良いのだろう?

Imabari, Stay 2016©Charlotte Dumas

オランダ人の写真家、シャルロット・デュマ。これまで、救助犬や、動物園で飼育されている動物など、さまざまなシチュエーションで動物を被写体としてきた。彼女の方法論は、集中すること、好奇心を持つこと、そして、心を開くこと。被写体が、いつも通りの自然な状態でいられるように、自ら寄り添っていくやり方だ。

Yonaguni, Near the coastline 2015©Charlotte Dumas

怖がらせることなく、野生の馬に近づくには、一体どんなふうな手段をとれば良いのだろう。そこでは「さあ、撮るぞ」と構える必要はなく、こちらも馬と同じように、自然な状態になることが必要なのではないか。一歩ひいた客観的な視点というか。互いに恐れる必要はないのだと、両手を広げている感じ。そうして、ようやっと同じ目線で語らえるようになる。

Nagano, Sora 2015©Charlotte Dumas

その国、固有の馬である在来馬(ざいらいば)が、社会のなかでどのような役割を担っているのか。そして、私たちは、馬にどのような価値を見いだしているのか。『Stay』は、2012年にスタートした、日本全国に8品種現存する在来馬を撮影するプロジェクトの集大成である。北海道・長野・宮崎・与那国島など、8カ所を巡って撮られた40点余りの大判プリントとポラロイドたち。現在、写真家の上田義彦がキュレーターを務めるギャラリー916で展示中である。

Onuma, Marshmellow 2015©Charlotte Dumas

あっという間に流れる時間のなかに身を置いていると、目の前に横たわる出来事ばかりに意識が向いてしまい、自分のことがおろそかになりがちである。そのやさしい眼差しに触れると、いまの自分と向き合うことの大切さを思い出させてくれる。そして、日常のなかに埋もれてしまいがちな大切なことを思い出し、うっかり涙がでてきそうになる。お休みの日に、おひとりで、もしくは、大切な人と一緒に、ゆたかな時間を過ごしてみてはいかがだろうか。

Top Photo by Yonaguni, Head shot 2015© Charlotte Dumas
Licensed material used with permission by gallery916
まるで人間のように豊かな表情をする野生動物が見れると、毎年注目が集まる「Comedy Wildlife Photography Awards」。2019年...
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
毎年この時期に、受賞者とその作品を発表する「Comedy Wildlife Photography Awards」。野生動物たちの意外な一面が写っていて、...
思わずクスリと笑ってしまう一瞬を捉えた、動物たちのおもしろ写真コンテストの2017年のトップが選出されました。中には「これ、本当に合成ナシ?」と疑ってしま...
『週末フィンランド』の著者・岩田リョウコが女性目線でオススメする「サウナ5選」を紹介します。ちょっと疲れたら一番近いヨーロッパ・フィンランドへ「サウナ旅」...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
去年の秋に開催されて反響をうけた「平成が終わルンです」の写真展が、この夏カムバック。今回は、平成最後の日となる4月30を撮影した写真が展示され、写真集も出...
9月11日、アメリカ最大の州であるカリフォルニアで「サーカスでの野生動物の使用を禁止する法案」が可決され話題となっている。サーカスでの動物使用禁止の流れは...
写真を見ながら、一瞬、言葉を失った。これまでの人生ではじめて見るアングルに妙な美しささえ感じてしまった。一連の写真を撮影したのは、リトアニアをベースに活躍...
東京ミッドタウンのフジフイルム スクエアにて開催されている「BACK-GROUND」は、2010年からドイツを拠点に撮影を続けてきたフォトグラファー・千葉...
2020年2月16日、ドムドムハンバーガー × BPMによるたった一日だけのコラボイベント「ドムドムが池尻大橋にやってきた!」を実施。当日の様子がこちら。
イギリスのリンカン大聖堂にディスプレイされた馬の彫刻。実物大の迫力もさることながら、驚かされたのはその素材なのだ。答は、なんとA4サイズの紙なのだ!?これ...
ここで紹介するのは、アメリカ・オレゴン州の動物園が年に1度行う“動物たちの健康診断”で撮ったレントゲン写真。
『Wildlife Photographer of the Year』は、ロンドン自然史博物館が毎年開催している、自然と野生動物だけに絞ったフォトコンテス...
廃墟のもつ“美しさ”に注目し、見ているだけで廃墟のイメージが180度“変わる”写真展「変わる廃墟展 2020」が、3月6日より東京・浅草橋のギャラリー「T...
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
猫の世界は偏見にまみれている!猫を飼い、かつては猫の本を命がけで編集してきた筆者が、2月22日の猫の日に際して伝えたい「猫とその飼い主に関する真実」。甘え...
レディー・ガガのInstagramに公開されたのは、ブリーチをかけた真っ白な眉に“すっぴん”で寿司屋を訪れたという1枚だ。
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
イギリスに出現したCAVALRY 360°は、3mほどあるインスタレーション。風が吹くと、馬の蹄の音を奏でます。この地方に生息していた500頭以上の馬を、...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
もっと何か言えることがあるはずだと思われても仕方がないのだけれど、一言で言うと“超ステキ”な写真。テリ・ワイフェンバックの写真が10月20日から目黒ブリッ...
野生のキツネといえば、ドラマ『北の国から』だ。あの不朽の名作の復活を望む人は多いと想う。そして、キツネを見ると名シーンを頭に浮かべながら、「ルールルルル」...