「競走馬になれなかったサラブレッド」や「引退馬」をみんなで育てるプロジェクトが始動

サラブレッドのなかには、速く走る能力が見出されず競走馬になれなかった馬がいる。また、競走馬としてデビューしながらも、じつに多くの馬が、若くして競馬界から引退しているという現実がある。

そんな馬たちを「乗用馬」へと再調教することで経済的価値を高め、再就職の応援をしようというのが、クラウドファンディング型コミュニティ「馬旅倶楽部」だ。

一般的に馬の寿命は約25年〜30年といわれているが、5歳で競馬を引退すれば、まだ人間にしたら20歳。残りの人生をどのように過ごすかという課題が残る。誰かの役に立ち、かわいがられながら、それぞれの馬に充実した人生を送って欲しい。だが、馬の飼育管理には犬や猫以上にかなりの金銭的負担や労力の負担を要するため、一時的に保護することはできたとしても、継続的にその馬を管理するのはとても大変なことなのだという。

このプロジェクトの支援者は現在100名を突破。これにより馬旅倶楽部は、競走馬としての能力が認められずデビューすることができなかったサラブレッド「ゲヴュルツ」の乗用馬へのトレーニングを岡山乗馬倶楽部で開始した。

今後も、ゲヴュルツが、競走馬になれなかったサラブレッドや引退競走馬の明るい未来の象徴になれるよう、その管理費やトレーニング費などを支援していくという。

現在も「CAMPFIRE」にてクラウドファンディング継続中。支援者が300人を突破すると、引退競走馬たちの再就職支援制度が立ち上がるそうだ。

©2020 ホースパートナーズ

馬旅倶楽部

【クラウドファンディングサイト】
https://community.camp-fire.jp/projects/view/204113

Top image: © 2020 ホースパートナーズ
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
イギリスのリンカン大聖堂にディスプレイされた馬の彫刻。実物大の迫力もさることながら、驚かされたのはその素材なのだ。答は、なんとA4サイズの紙なのだ!?これ...
世界で初めてスーツを着ている競走馬がお披露目されたのは、「Cheltenham Festival」。毎年イギリスで開催している、競馬の障害競走のイベントで...
写真を見ながら、一瞬、言葉を失った。これまでの人生ではじめて見るアングルに妙な美しささえ感じてしまった。一連の写真を撮影したのは、リトアニアをベースに活躍...
普通に生活していると、なかなかこんなところにまで意識は及ばない。でも、言われてみるとなるほどなと思う。世界初の馬専用スニーカーは、決して単なるオシャレアイ...
奈良県の老舗パンストメーカーが開発した「TSUMUGI」のレギンスは、虫除け、冷却、UVカットに優れ、夏を快適に過ごせるアイテム。
アメリカの複合施設『Mountain Horse Farm』では、ストレス解消を目的とした新たなアクティビティを提供しています。
馬はエネルギーの象徴。そのため、夢に現れたときには無意識からのメッセージを数多く秘めているものなのです!<名馬の夢>→努力が報われる予兆勝利や発展、栄光を...
幕府を倒して、天皇の下に統一された国家が必要だと考えるようになり、薩長同盟を結ばせ、大政奉還という大変革を日本にもたらした彼の思想は、死してから150年経...
イギリスに出現したCAVALRY 360°は、3mほどあるインスタレーション。風が吹くと、馬の蹄の音を奏でます。この地方に生息していた500頭以上の馬を、...
ドイツを拠点にする「Circus Roncalli」は、世界一動物に優しいサーカス団です。
デザインにもこだわった今年イチオシの風鈴を、音も合わせて紹介。第四弾は、まるでたんぽぽの綿毛のような見た目の「置き型風鈴」。かわいい見た目もさることながら...
動物と人との関わり合いをテーマに、長く写真を撮りつづけてきたシャルロット・デュマ。彼女の写真と向き合うとき、そこには、ただ「言葉なく見つめる」時間だけが流...
距離はそこまで離れてはいないけれど、なかなか足を運ぶキッカケがない。モンゴルには、どこか“近くて遠い”印象がありませんか?ここで紹介するのは、そんな同国の...
イギリス在住のEmma Massingaleさんは、馬のトレーナー。AlbertとErnieという二頭のシェットランドポニーと一緒に暮らしています。イギリ...
9月11日、アメリカ最大の州であるカリフォルニアで「サーカスでの野生動物の使用を禁止する法案」が可決され話題となっている。サーカスでの動物使用禁止の流れは...
韓国の10代や20代から絶大な支持を集め、タイやアメリカにも進出しているソウル発のセレクトショップ「ÅLAND(エーランド)」が日本に初上陸!
コンサルティング会社「マーサー」が「2020年世界生計費調査(Cost of Living Survey) – 都市ランキング」を発表した。気になる「東京...
広島県・鞆の浦の特産品である「保命酒」。かつてあの坂本龍馬やペリー提督、島根の世界遺産・石見銀山で働く人たちも飲んだとされており、みりんに十六種類の薬味を...
舞台は、鹿児島県の川辺町にある廃校の森。「大人も子どもも楽しめるデッキキャンプを作ろう」というプロジェクトが始動!
総合旅行サイト・エクスペディア(Expedia)が、セント・ジュード小児研究病院で小児ガンとたたかう子どもたちの「夢の冒険(Dream Adventure...
「トレサレーヌ」「アラウトゥン」「ハナゲ」…測れそうもないことを推し量ろうとする事で、科学も文化も発達してきた。本書では、近代化とともに使われなくなった、...
いつか買いたい、マグボトルの「Chameleon」。かなり入手困難です。人気がありすぎてではなく、クラウドファンディングに失敗してしまったから。
左右対称に黒いインクを垂らして描かれた不明瞭な絵。そこから見えたものをもとに判断する「ロールシャッハ・テスト」が、実際に精神科で心理測定として使われていま...