「競走馬になれなかったサラブレッド」や「引退馬」をみんなで育てるプロジェクトが始動

サラブレッドのなかには、速く走る能力が見出されず競走馬になれなかった馬がいる。また、競走馬としてデビューしながらも、じつに多くの馬が、若くして競馬界から引退しているという現実がある。

そんな馬たちを「乗用馬」へと再調教することで経済的価値を高め、再就職の応援をしようというのが、クラウドファンディング型コミュニティ「馬旅倶楽部」だ。

一般的に馬の寿命は約25年〜30年といわれているが、5歳で競馬を引退すれば、まだ人間にしたら20歳。残りの人生をどのように過ごすかという課題が残る。誰かの役に立ち、かわいがられながら、それぞれの馬に充実した人生を送って欲しい。だが、馬の飼育管理には犬や猫以上にかなりの金銭的負担や労力の負担を要するため、一時的に保護することはできたとしても、継続的にその馬を管理するのはとても大変なことなのだという。

このプロジェクトの支援者は現在100名を突破。これにより馬旅倶楽部は、競走馬としての能力が認められずデビューすることができなかったサラブレッド「ゲヴュルツ」の乗用馬へのトレーニングを岡山乗馬倶楽部で開始した。

今後も、ゲヴュルツが、競走馬になれなかったサラブレッドや引退競走馬の明るい未来の象徴になれるよう、その管理費やトレーニング費などを支援していくという。

現在も「CAMPFIRE」にてクラウドファンディング継続中。支援者が300人を突破すると、引退競走馬たちの再就職支援制度が立ち上がるそうだ。

©2020 ホースパートナーズ

馬旅倶楽部

【クラウドファンディングサイト】
https://community.camp-fire.jp/projects/view/204113

Top image: © 2020 ホースパートナーズ
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事