「競走馬になれなかったサラブレッド」や「引退馬」をみんなで育てるプロジェクトが始動

サラブレッドのなかには、速く走る能力が見出されず競走馬になれなかった馬がいる。また、競走馬としてデビューしながらも、じつに多くの馬が、若くして競馬界から引退しているという現実がある。

そんな馬たちを「乗用馬」へと再調教することで経済的価値を高め、再就職の応援をしようというのが、クラウドファンディング型コミュニティ「馬旅倶楽部」だ。

一般的に馬の寿命は約25年〜30年といわれているが、5歳で競馬を引退すれば、まだ人間にしたら20歳。残りの人生をどのように過ごすかという課題が残る。誰かの役に立ち、かわいがられながら、それぞれの馬に充実した人生を送って欲しい。だが、馬の飼育管理には犬や猫以上にかなりの金銭的負担や労力の負担を要するため、一時的に保護することはできたとしても、継続的にその馬を管理するのはとても大変なことなのだという。

このプロジェクトの支援者は現在100名を突破。これにより馬旅倶楽部は、競走馬としての能力が認められずデビューすることができなかったサラブレッド「ゲヴュルツ」の乗用馬へのトレーニングを岡山乗馬倶楽部で開始した。

今後も、ゲヴュルツが、競走馬になれなかったサラブレッドや引退競走馬の明るい未来の象徴になれるよう、その管理費やトレーニング費などを支援していくという。

現在も「CAMPFIRE」にてクラウドファンディング継続中。支援者が300人を突破すると、引退競走馬たちの再就職支援制度が立ち上がるそうだ。

©2020 ホースパートナーズ

馬旅倶楽部

【クラウドファンディングサイト】
https://community.camp-fire.jp/projects/view/204113

Top image: © 2020 ホースパートナーズ
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

イギリスのリンカン大聖堂にディスプレイされた馬の彫刻。実物大の迫力もさることながら、驚かされたのはその素材なのだ。答は、なんとA4サイズの紙なのだ!?これ...
世界で初めてスーツを着ている競走馬がお披露目されたのは、「Cheltenham Festival」。毎年イギリスで開催している、競馬の障害競走のイベントで...
写真を見ながら、一瞬、言葉を失った。これまでの人生ではじめて見るアングルに妙な美しささえ感じてしまった。一連の写真を撮影したのは、リトアニアをベースに活躍...
普通に生活していると、なかなかこんなところにまで意識は及ばない。でも、言われてみるとなるほどなと思う。世界初の馬専用スニーカーは、決して単なるオシャレアイ...
「リーボック」が今月8日(月)の「国際女性デー」にあわせ、女性の多様な個性を称える「It’s A Man’s World」2021コレクションを順次発売。
アメリカの複合施設『Mountain Horse Farm』では、ストレス解消を目的とした新たなアクティビティを提供しています。
イギリスに出現したCAVALRY 360°は、3mほどあるインスタレーション。風が吹くと、馬の蹄の音を奏でます。この地方に生息していた500頭以上の馬を、...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「HONDA」が3月5日(金)から、市販車としては世界初となる「レベル3」の自動運転技術を実用化した新型「レジェンド」を発売。
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...